FC2ブログ

もし、東方神起のマンネになれたら 最終章 ep.4

2012年04月28日 17:00

もし、東方神起のマンネになれたら」の続編、第4話です。

ユチョン、体はっちゃったのか!?

それでは、どうぞ。




当たり前に用意されてると思ってた未来が、突然目の前から消える。

そんなのは、別に初めてのことじゃない。

じゃないけど・・・正直、こんな形で起きるとは思わなかった。

あいつがそばにいることだけは、変わらない未来だと思ってたから。


宿舎の窓から見える東京の空。

このどこかに・・・シンはいるんだろうか。

あの日、仕事に行く俺を呼びとめたシン。

いつもと様子が違ったのは気付いていた。

どうして・・・あの時に話を聞かなかったのか。

あの時話を聞いていれば、こんなことにはならなかったのか。

今さら考えても遅いけど。


”他に好きな人ができました。”


この言葉が嘘だっていうのには自信がある。

だけど、どうしてこんな嘘をつくかがわからない。

一体・・・何があったんだ。

ここ1カ月、同じことを何度も考えている。

「はぁ・・・」

ポケットからシンに送った婚約指輪を取り出す。

なぜか、あの日からずっと持ち歩いてる指輪。

何気なく自分の指にはめてみた。

「・・・・・。」

関節から下に全然入っていかない。

やっぱり、指細いな・・・



コンコンッ



YH 「・・・はい。」

部屋をノックする音に返事をする。

すると、開いたドアからユチョンが顔を出した。

YC 「今、いい?」

YH 「うん。おかえり。どこ行ってたんだ?」

そう聞くと、ずいぶんぐったりした様子で部屋に入ってきた。

すとんと俺のベッドに座る。

YC 「・・・はい。」

YH 「ん?」

そう言うと、急に白い紙を差し出した。

なんだ?

受け取って開くと、何かのイベントの日程が書いてあった。

YH 「これ・・・何?」

YC 「戦利品。」

YH 「は?」

センリヒン?

YC 「シン、明日からここでコンパニオンのバイトやるって。」

YH 「え!?」

じゃあ、明日この会場にシンがいるのか?

YH 「どうやって調べたんだ?」

YC 「この前言った、シンのモデル時代の友達。今日会って来た。」

YH 「あ・・・」

それで今日は出かけたのか。

YH 「よく教えてくれたな。」

YC 「渋られたけど・・・ちょっとズルい手使って。」

YH 「ズルい手?」

YC 「でも、ギリ枕営業はしてないよ。」

YH 「・・・は?」

YC 「まぁ、いいから。明日は午前中オフじゃん。朝一に行けば間に合うし会ってきなよ。」

YH 「ユチョン・・・」

なんか、こういう時はいつもユチョンが助けてくれる。

YH 「・・・すごいな。」

YC 「え?」

YH 「俺はシンの女友達なんて知らないから。もしかして、俺よりあいつのことよく知ってるか?」

冗談半分でそう言った。

YC 「俺もその子だけだよ。しかも結構な肉食だし。ヒョンなんて紹介したら大変なことになるって。」

YH 「・・・どういう意味だ?」

YC 「でも・・・確かに知ってるよ。」

YH 「え?」

YC 「あいつがどれだけヒョンを好きなのかは、俺が一番よく知ってる。」

YH 「・・・・・。」

そう言って、ユチョンがベッドから立ち上がった。

YC 「このことジェジュンヒョンとかには言ってないから。バレたら付いてって怒鳴るとか言い出しそうだし。」

・・・なるほど。

YC 「っていうか、それは俺も同じ気持ちだけどね。」

YH 「え?」

YC 「俺も、ヒョン以外の男なんて許さないってこと。」

YH 「・・・そっか。」

YC 「じゃあ、気をつけて行ってきてね。」

YH 「助かった。ありがとな。」

YC 「はーい。」

疲れた様子で部屋を出て行ったユチョン。

もう一度もらった紙を見る。

どうやら車関係のイベントのようだ。

YH 「・・・・・。」

やっと、やっとシンに会える。

絶対に何があったか聞き出さないと。

そう思いながら、会場の場所を調べるためにパソコンを開いた。


続く>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「枕営業は回避したか・・・」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
コメント&拍手&ランキングボタンぽち♪が毎日のかもめのおかずでごじゃいます!
いつもありがとうございます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. しーちゃみん | URL | 1IYDBWSI

    あーあーあー

    枕営業回避のはずが、なじぇそんなに疲れてるのーぅ?!

    色んな妄想で私もユチョン並みに疲れちゃう(´π`)

    シン、コンパニオンとは予想外ですね!
    展開気になりますー☆

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. sanaejj | URL | dqaEB3rQ

    最終章なの?

    久々のユノ&シン…

    急展開にドキドキですぅe-350

    シンに何があったのか(ΦωΦ)フフフ…

    かもめさん楽しんでるからね、(´▽`)アリガト!

  6. cyunn2 | URL | VufRMMGQ

    テクが知りたい!

    一線越えずにどうやって情報しいれたのか?
    謎~~。(^◇^;)
    ユチョがボロボロなかわりにサキちゃんツヤツヤだったりして(#^.^#)

    バユノ、シンちゃんと会えますように♪

  7. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  8. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  9. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/943-2315dd46
この記事へのトラックバック