FC2ブログ

もし、東方神起のマンネになれたら 最終章 ep.3

2012年04月27日 17:00

もし、東方神起のマンネになれたら」の続編、第3話です。

ガチでウェー。なシンちゃん。

一体どこ行った?

そして、ユチョンはどうするの?

それでは、どうぞ。




日本でのスケジュールを終えて宿舎に戻る。

JS 「ふぅ・・・」

シャワーを浴びた後リビングに行こうとしたら、ジェジュンヒョンに話しかけられた。

JJ 「ジュンス!」

JS 「ん?」

JJ 「ユチョン見なかった?」

JS 「・・・・・。」

見た。

見たんだけど・・・


JJ 「部屋にいないんだけど、出かけたのか?」

JS 「うん、そーみたい。」

JJ 「どこ行った?」

JS 「コンビニだって。」

JJ 「あ、そ。」

って、言ってって頼まれた。

本当はどこに行ったんだろう。

もしかして・・・また女?

ユノヒョンがこんな時に?

でも、そんな感じでもなかったような・・・

そう思いながら、1人リビングに戻った。









比較的早く仕事が終わった今日、こっそり宿舎を抜け出した。

昔使っていたバーで久しぶりに待ち合わせをしてる。

少し遅れて行くと、もうその相手がカウンターに座っていた。

YC 「久しぶり♪」

そう声をかけると、俺に気付いてこっちを振り返った。

サキ「あー!ひっさしぶり!!」

よかった。

久しぶりすぎて、どれがサキかわからなかったらどうしようかと思ったけど。

会ったら意外と思い出せる。

YC 「人妻を呼び出したりしてごめんねー。」

そう言いながら隣の席に座った。

サキ 「ユチョンならいつでもおっけーだよ。っていうか、よくあたしの番号残してたね。」

まぁ、俺もそれは思う。

YC 「そっちも、番号変わってないってすごいね。」

サキ 「あははっ!そうかな~?」

前に会ったの何年前だ?

YC 「久しぶりに会えてよかった。」

そう言って、ニコッと笑ってみた。

サキ 「・・・でも、教えないよ。」

YC 「え?」

サキ 「シンのこと。それ聞きに来たんでしょ?」

YC 「・・・・・。」

やっぱりバレてるか。

YC 「わかってるならなんで来たの?」

サキ 「だってー、あたしもユチョンに会いたかったもん。あいかわらずいい男だね♪」

YC 「・・・ありがと。」

でも、こういう言い方するってことはシンの居場所を知ってるってことだな。

そうなら、おとなしく帰るわけには行かない。

YC 「ユノヒョンだけど。」

サキ 「え?」

YC 「あ、ユノさん?シンの・・・”元カレ”か。」

サキ 「あぁ”オッパ”ね。」

YC 「そ。・・・彼もね、別に寄りを戻したいって言ってるわけじゃないんだって。」

サキ 「・・・・・。」

YC 「ただ、最後にちゃんと話してから別れたいんだよ。付き合い長かったし、わかるでしょ?」

サキ 「でも、シンはもう会いたくないんだって。」

手に持ったドリンクを見ながら彼女が言う。

そんなこと、言われなくてもわかってる。

だからあんなふざけた手紙置いて行ったんだろ。

YC 「住所教えてくれとは言わないからさ、なんとか話す機会だけでも作るように言ってくれない?」

そう優しく聞いてみる。

すると、彼女もあきれたような声で言った。

サキ 「あたしだって・・・説得したんだよ。」

YC 「え?」

”説得”?

ってことは・・・

サキ 「でも、もう決めたんだって。だからあたしからは何も言えない。」

YC 「・・・・・。」

この感じだと、真正面から行ってもダメか。

うーん・・・

どうしようか。

YC 「・・・わかった。」

サキ 「え?」

YC 「もうシンの話はいいや。話題変えよ。」

俺の言葉に、彼女が驚いたような顔をした。

YC 「今日は旦那さんどうしてんの?」

サキ 「旦那?」

YC 「うん。」

サキ 「今日は・・・出張。」

YC 「お医者さんなんでしょ?」

サキ 「今日明日は休診にしたみたい。」

YC 「ふーん・・・。仲いいの?」

サキ 「まぁ、普通?」

つまらなそうにそう言う彼女。

グラスを持ってない方の手を・・・そっと触った。

サキ 「?」

YC 「今日は・・・部屋とろっかな。」

サキ 「え?」

YC 「すぐそこホテルでしょ?」

サキ 「うん・・・。だけど、いいの?」

YC 「いいって。もう大人だもん。」

サキ 「ははっ、そっか。」

YC 「来る?」

サキ 「え?」

YC 「俺の部屋・・・一緒に来る?」

サキ 「・・・・・。」


続く>>
3連休も更新予定です♪よかったら読みに来てくださーい★




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「行くぅっ!!」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
コメント&拍手&ランキングボタンぽち♪が毎日のかもめのおかずでごじゃいます!
いつもありがとうございます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. みこ | URL | -

    やっぱりね

    サキちゃん登場ですか
    彼女、意外とキーパーソンですよね

    こういう時のユチョンって頼りになりますし

    今後の展開が楽しみです♪

  2. のんち | URL | -

    あぁ、ユチョン。

    あぁ、ユチョン、いいっすねー(笑)
    実は隠れユチョンペンでもある、のんちです。


  3. おひさまてんとうむし | URL | -

    あー、ユチョにスケコマされたいなあ。
    楽しいだろうなあ。

    それにしてもシン、どうしちゃったんだろう?
    明日から週末ですが、更新していただけるでしょうか…?

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. cyunn2 | URL | VufRMMGQ

    ユチョ…

    えーとユノはお休みの回でしたね。(;´▽`A``


    人妻を部屋に誘うユチョ。
    顔も良く覚えてなかったのに。
    あの声で。
    「俺の部屋…来る?」って。

    全身軟骨になりますぅ。(*μ_μ) イヤン♪

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/931-90b8e10c
この記事へのトラックバック