FC2ブログ

もし、ユノが浮気をしたら2 最終話

2012年01月28日 17:00

最近連載していた「もし、チャンミンに料理を作れたら」のその後のお話、最終話です。

チャンミンに全力でウザがられるシンちゃん。

結局ユノも浮気しないし!

なんだこれ。

ですがどうぞー♪




「・・・ふぅ。」

部屋に戻ってお風呂に入る。

結局、チャンミンの彼女の顔を見る前にオッパに連れ戻されてしまった。

写真ぐらい見せてくれてもいいのに!


そう思いながらお湯に浸かっていたら、脱衣所から物音が聞こえた。

「ん?」


ガチャッ


YH 「お。」

ドアが開いてオッパがひょこっと顔を出した。

YH 「遅いと思ったらお湯溜めてたのか?」

「うん。」

YH 「俺も入っていい?」

え?

「オッパもうシャワー浴びたんじゃないの?」

YH 「お前を引っ張ってきたら疲れたから。」

「・・・・・。」

なによ。

「いいけど、湯船せまいよ?」

この部屋はオッパ達の部屋ほど広くないし。

YH 「だいじょぶ、だいじょぶ。」

そう言いながら一度脱衣所に戻るオッパ。

少しすると服を脱いで入ってきた。

YH 「もうちょっとそっち行って。」

「はーい。」

少しよけると、あたしの後ろにオッパが入る。

音を立ててお湯が溢れた。

「あ~、もったいない・・・」

YH 「ケチ臭いこと言うなって。」

笑いながら言うオッパの胸に背中を預けた。

「ねぇ。」

YH 「ん?」

「オッパはさ、チャンミンの新しい彼女と話したことあるんでしょ?」

YH 「うん。」

「どんな人だった?」

YH 「いい子だよ。優しい感じの。」

「そうなんだ~。でも、チャンミン趣味変わったよね?」

YH 「んー、そうか?」

「もっとバリバリの美人がタイプなのかと思ってた。」

YH 「まぁ・・・そういうのも好きだとは思うけど。」

「付き合うとなったら別なのかな。」

YH 「そうかもな~。実際俺もそうだし。」

「え?」

今の言葉に思わず後ろを振り向く。

YH 「あ、傷ついた?」

いたずら顔であたしを見る。

「・・・別に。」

知ってたし。

「もっと大人な女がいいんでしょ~。」

そう言いながらオッパの胸から離れる。

反対側に背を向けてオッパと向き合った。

YH 「なってくれよ。大人の女に。」

「・・・・・。」

そりゃ、あたしだってなりたいけど・・・

YH 「勘違いで首絞められそうになるし・・・はぁ。」

「!」

そ、それは・・・

YH 「さっきのお前の形相すごかったな。」

「だって、しょうがないじゃん!」

最初からチャンミンの彼女って教えてくれればあんなことしなかったのに!

YH 「殺されるかと思ったんですけど。」

「・・・ごめんなさい。」

YH 「でも、これでお前もわかっただろ。」

「え?」

何が?

YH 「お前のふらついた行動にハラハラする俺の気持ちだよ。」

「・・・・・。」

別にフラフラなんてしてるつもりないんだけどな。

でも、たまに心配掛けるようなことをしちゃうのは反省しよう。

「オッパはいつもそう言うけどさ、あたしだって同じだよ?」

YH 「え?」

「オッパ・・・周り美人だらけだし、女のスタッフとも仲いいし。」

ラブシーンとかスタッフと仲良さそうにしてる写真を見るたびに、正直妬いてしまう。

YH 「それは仕事をスムーズにするために・・・」

「わかってるよ!わかってるけど・・・」

YH 「疑ってんの?」

「疑ってはいないけど。・・・でも。」

YH 「でも?」

「オッパは大丈夫でも、周りの人がオッパを好きになっちゃうかもしれないじゃん。」

YH 「・・・・・。」

「そしたら・・・困るもん。」

子供っぽいこと言ってるのはわかる。

でも、これが正直な気持ち。

「言われたことあるでしょ?」

YH 「・・・・・。」

「ほら、あるんだ!」

YH 「まぁ、ないと言えば嘘になる。」

「やっぱり。」

YH 「それはしょうがないだろ。」

「そうだけど・・・」

YH 「何?心配?」

「・・・・・。」

わかってる。

こんなこと思っててもしょうがない。

YH 「お子様。」

「!!」

ピキッときて顔を上げると、オッパがからかうような目でこっちを見ていた。

YH 「いや、俺は褒めてるんだよ。」

「え?」

褒めてるって・・・どこを?

YH 「タイプでもないのにずっと俺の中に居座り続ける君の魅力を。」

「・・・・・。」

突然そんなことを言われて思わず固まる。

すると、オッパがずいっとこっちに近づいてきた。

「!」

な、なに!?

ちょっとびっくりして後ずさりしたら、目の前で口を開いた。

YH 「俺に・・・催眠でもかけた?」

「・・・・・。」

小さい声でつぶやいた言葉に動けなくなる。

・・・やばい。

YH 「ははっ!顔まっか。」

「も、もう!」

そんなこと真顔で言われたら、誰でもこうなるよ!

YH 「早く大人の女になってくださいね?」

・・・敬語だし。

完全にからかってる。

膨れ顔でそっぽを向いていたら、急に腕を引っ張られた。

「うぁっ!」

YH 「いじけないでこっちに来いって。」

「あ・・・ちょっ・・・きゃぁっ!」

腰をつかまれてオッパの上に乗せられる。

YH 「体は立派になったのにな~。」

そうつぶやくオッパを見下ろす。

立派になったのは・・・オッパです。

そう思いながらお湯に濡れた肌を触った。

また・・・たくましくなったかも。

「なんか・・・」

YH 「ん?」

キスしたい。

あたしを不思議そうに覗き込むオッパの唇を自分からふさいだ。

YH 「!」

「んっ・・・」

初めは少し驚いたオッパも、すぐに同じように返してくる。

自分の心臓が音を立てて鳴りだすのがわかった。

「んっ・・・んぁっ・・・はぁっ・・・」

ゆっくり唇を離すと、綺麗な目にあたしの顔が映った。

腰に触れていた手が少しずつ上にあがってくる。

「あ・・・」

YH 「こういう所だけ大人になっちゃって。」

「だって・・・あっ!」

YH 「でも、半分は俺のせいか。」

半分どころじゃないよ・・・

でも、それも全部うれしいんだけど。

肌を這う手の感触に踊らされながらそんな事を思った。


★おわり★




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「ユノに大人にされたいわぁ。」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


ここで切っちゃってミアネ!
こちらのバカップルは限定書きすぎなので自粛します♪
お風呂ではやめなさいよ、あなたたち。
ってことで、最後までお付き合いくださりありがとうごじゃいましたー★

皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
コメント&拍手&ランキングボタンぽち♪が毎日のかもめのおかずでごじゃいます!
いつもありがとうございます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. むーみん | URL | X2cI24Hk

    わーー。

    顔火照ります(笑)
    スッゴク面白かったです!

    次回期待しています!

    (できればヌナがいいなぁ・・・なんて・・・すみません!)

  2. parachangmin | URL | -

    ユノに大人にされたいです←

    え・・・?
    続きは?
    あぁ、また後日。ってそういうことですか?←

    うそです^^
    何でもいいんでwww

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. ちょこ | URL | -

    こんばんは。
    ユノとシンちゃんは漫才してるの?って思うほどおかしかったです。
    エロいバカップルの二人もう最高ですi-235

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. かもめ | URL | -

    ★むーみんさんへ

    > わーー。
    >
    > 顔火照ります(笑)
    > スッゴク面白かったです!
    >
    > 次回期待しています!
    >
    > (できればヌナがいいなぁ・・・なんて・・・すみません!)

    顔火照ってくださってうれしあ♪
    ヌナご希望ですか!
    がんばってみます★

  8. かもめ | URL | -

    ★parachangminさんへ

    > え・・・?
    > 続きは?
    > あぁ、また後日。ってそういうことですか?←
    >
    > うそです^^
    > 何でもいいんでwww

    限定書いてもよかったですか?
    なーんだ★
    じゃあ、また今度書きます♪

  9. かもめ | URL | -

    ★ちゃんみ****さんへ

    お久しぶりです♪
    またコメントもらえてうれしいです!

    インフルエンザ!
    あれかかるときっついらしですね・・・
    大変でしたね。

    ユノに大人にされたいです・・・うひひ。
    バカップルにお付き合いくださってあざっす★

    初めての生ホミン・・・
    今からドキドキしますね♪

  10. かもめ | URL | -

    ★yuk***さんへ

    コメントありがとうごじゃいます♪
    妄想小説にお付き合いいただいてうれしあ!

    またチャミハル書こうと思います。
    その時はよろしくです♪

  11. かもめ | URL | -

    ★ちょこさんへ

    > こんばんは。
    > ユノとシンちゃんは漫才してるの?って思うほどおかしかったです。
    > エロいバカップルの二人もう最高ですi-235

    漫才っぽいですね。
    そのままツッコミ合ってなさい!
    またエロバカカップルよろしくです♪

  12. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ

    シンの引き取り疲れそうですよね・・・
    お風呂にぐらい入れてあげなさい。


    ユノが背もたれとかどんだけ贅沢!
    せまい湯船にユノと詰め込まれたい!

    そうだよ、オッパのおかげでバーチャミは今の幸せを・・・

    好きなタイプばっかり追っかけてたら一生結婚できなかったかもです。

    シンにはもっと大人になってほしいですね。私のさじ加減ですが!
    せめてフラフラしてる自覚もとう!

    シンがエロくなった理由は7:3でユノせいです。


    チャミの映画撮影の件・・・ほんとですか!?
    いい加減にしてほしいっすね。
    ファンがチャミに頭下げさせるようなことするなよー。
    20歳過ぎた大人がやってたら引きます。

  13. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  14. かもめ | URL | -

    ★ゆ*さんへ

    コメントありがとうごじゃいます♪
    すんごくうれしあ★

    5時間半も・・・あざっす!
    視力落ちてないですか!?
    だいじょうぶですか!?
    でも、すごくうれしい・・・

    ユチョペンさんなんですね。
    それはきっとシンを殺したくなったでしょう・・・
    でも、乗り移って楽しんでくださいねー。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/803-d9468acf
この記事へのトラックバック