FC2ブログ

もし、チャンミンと再会できたら 復帰戦 最終話

2011年11月02日 17:00

以前連載していた妄想小説第3幕「もし、チャンミンと再会できたら」の続編 最終話です。

なかなかアップできなくてミアネでした!

で、夜は明けまして・・・

それでは、どうぞ~♪




CM 「んんっ・・・」

目を開けると見慣れないホテルの天井。

カーテン越しにうっすらと朝日がそれを照らしていた。

もう朝か・・・


CM 「ふぁ~・・・」

眠い。

ふと隣を見ると、ハルが壁に張り付いて熟睡していた。

僕に背中を向けて寝息を立ててる。

CM 「・・・・・。」

なぜ?

この前はずっと僕にくっついて寝てたのに。

CM 「ハル。朝だよ。」

そう声をかけるけど反応はなし。

CM 「ハール!」

肩をゆすってこっちを向かせた。

「すぅ・・・すぅ・・・」

あいかわらず幼い寝顔。

そして、一向に起きる気配がない。

まだ少し時間があるし、ギリギリまで寝かせてあげようかな。

昨日は夜更かししちゃったし。

僕だけベッドから抜けて冷蔵庫を開けた。

中から水を取り出して飲む。

CM 「・・・ぷはぁっ。」

ペットボトルをテーブルに置いた時、ふとハルのバッグが目に入った。

バッグの上に昨日着てきた服と下着が綺麗にたたんであった。

CM 「・・・・・。」

前から気になっていたんだけど、なぜハルの胸はいつも綺麗にしまわれているんだろう。

服を着ている時は全然目立たないハルの胸。

なぜだ?

もう一度ベッドのハルを見る。

「すぅ・・・すぅ・・・」

あいかわらず夢の中。

それを確認して、バッグの上の下着をそっと手に取った。

このブラに一体どんな機能が・・・

「ん~・・・」

CM 「!」

後ろから聞こえたハルの声に、慌ててブラを元の場所に戻した。

「ん・・・ふぁ・・・あれ?」

やっと目を覚ましたハル。

隣に僕がいないことに気づいたみたいだ。

CM 「おはよう。」

「あ・・・ちゃみ・・・おはよ・・・」

目をこすりながらハルが言う。

「もうこんな時間か・・・ふぁ~・・・」

CM 「朝ご飯はどうする?」

「この時間だし・・・ここではいいや。空港でパンでも買おっかな。」

CM 「ルームサービスいらない?」

「うん。」

CM 「そっか。なら僕も帰ってから食べるよ。」

そう言いながらベッドに戻った。

「?」

もう一度ベッドに入った僕を不思議そうにハルが見る。

CM 「朝ご飯食べないなら、まだ時間あるでしょ。」

「え・・・」

ちょっと引きつった顔でこっちを見たハル。

後ずさりする彼女を壁際に追い込んで顔を覗き込んだ。

CM 「もしかして・・・変なこと考えてる?」

「え?」

CM 「まだ時間があるから、もう少し寝ようと思ったんだけど。」

「あ・・・そう?そっか!」

CM 「まだ足りなかった?」

「は、はぁっ!?」

顔を真っ赤にして反応する。

ははっ、おもしろい。

「じゃあ、あたしは起きるね。」

顔を赤くしたまま起き上がろうとしたハルの腕を掴んだ。

「え?・・・うぁっ!」

そのままもう一度ベッドに引きずり込む。

「・・・なに?」

CM 「まだいいでしょ。」

「いや、そろそろ準備しないと・・・んっ!」

まだ話している途中のハルの唇をふさぐ。

「んっ・・・んはぁっ・・・ちょっと!」

CM 「なに?」

「寝るんじゃなかったの?」

CM 「寝るよ。ハルを枕にして。」

「も、もう・・・」

照れてるのか困っているのかわからないハルの顔。

そのまま彼女の体に抱きつく。

CM 「ん~・・・」

やっぱり温かくて柔らかい。

ずっとこうしてたい・・・

気持ち良くて、なんだか本当に眠りそうだ。

そう思っていたら、ハルの手が僕の髪をそっとなでた。

頬に昨日僕がつけたブレスレットの感触。

CM 「ハル・・・いつ帰ってくるんだっけ?」

「明日だよ。1泊2日って昨日も言ったでしょ。」

CM 「そっか・・・」

「本当に寝るの?」

CM 「うん。半になったら起こして?」

「わかった。」

ハルの優しい声を聞いて、もう一度目をつむった。


★おわり★




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「どうやったらチャンミンの枕になれるんですか?」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


というわけで、復帰戦全6話お付き合いありがとうごじゃいました♪
最終話がちょっと短めだったので、おまけをご用意しております。
よかったら一緒にお楽しみください!


~おまけ~

2週間後 --------


YH 「あれ?」

仕事の待ち時間、バックからiPadを取り出した僕を見てユノヒョンが言った。

YH 「カバー変えた?」

CM 「はい。」

YH 「もしかして、ハルちゃんからのおみやげ?」

CM 「あ・・・まぁ。」

昨日ハルが宿舎に遊びに来た時に、日本から買ってきたお土産をくれた。

CM 「上司に付き合ってお店に行ったらしくて。なんでも限定カラーだとか。」

YH 「へぇ~。かっこいーじゃん。」

CM 「はい。」

ハルは僕が気にいるか不安そうだったけど。

すごく悩んで選んできたのかな。

それだけでも十分うれしい。

YH 「この前チャンミンが買ったおみやげは?喜んでた?」

CM 「はい。仕事中は邪魔になるから着けられないって言ってましたけど。」

モデル制作中にボンドが付いちゃったとかですごく焦っていた。

やっぱり指輪にすれば良かっただろうか。

でも、まだ指輪は・・・

CM 「?」

そんな事を考えていたら隣から視線を感じた。

ふと横を見ると、微笑んだままずっとこっちを見ているヒョン。

CM 「・・・なんですか?」

YH 「なんか・・・いいね。」

CM 「は?」

YH 「チャンミン幸せそう。」

CM 「そう・・・ですか?」

普通にしてるつもりだけど。

YH 「い~な~。俺もそういう頃に戻りたいな~。」

CM 「”そういう”?」

って、どういう?

YH 「なんかこう・・・新鮮っていうか、なんていうか~・・・」

CM 「?」

何が言いたいんだ?

初々しいとかそういうことか?

別にそんなつもりないけど・・・

YH 「あいつなんて日本行っても変なもんしか買ってこないし。」

変?

CM 「どんなのですか?」

YH 「この前なんてさー、茶色い着ぐるみ買ってきたんだよ!俺用とか言って!」

CM 「き、きぐるみ?」

YH 「ムッ*とかいうやつ。」

CM 「あ・・・」

聞いたことあるような・・・ないような・・・

YH 「あいつが持ってるのとお揃いらしいんだけど、せっかくだから一緒に着ようとか言い始めてさー。」

CM 「は、はぁ・・・」

YH 「それで寝るって言い張るし、かわいいかわいいってバシャバシャ写真撮るし。まぁ着たら着たでそこそこ似合ったんだけど・・・あ、写真見る?」

CM 「いや、別に・・・」

僕の言葉を聞かずに自分のケータイを取り出すヒョン。

YH 「これこれー。」

一応画面をのぞくと、世間には出せないユノヒョンの姿が写っていた。

CM 「・・・・・。」

YH 「他には~」

CM 「もういいです。」

強めの口調でバッサリ断った。

YH 「そう?」

CM 「はい、そろそろマネージャー戻ってきますよ。」

YH 「あ、そっか。」

そう言ってヒョンがケータイをしまった。

すると、本当にマネージャーが控室に戻って来た。

マネ 「おーい!スタジオに移動するぞ~。」

YH 「はーい。」

CM 「わかりました。」

返事をして控室を出る。

YH 「でもさ、けっこう着心地悪くないんだよなー。着ぐるみパジャマって。」

CM 「・・・・・。」

まだあの話してる。

CM 「なんだかんだ言って気に入ってるんじゃないですか。」

YH 「そんなことないけど・・・。あ、今度チャンミンにも買ってきたいって言ってた。」

CM 「は?いりませんよ。」

YH 「あいつ、確か来月また日本に行くぞ。」

CM 「いらないって言っておいてくださいよ!」

そんな事を話しながら、マネージャーの後についてスタジオに向かった。


★おまけもおわり★




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「チャミのムッ*見たいかも。」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


おまけまでお付き合いいただいてありがとうごじゃいました★
ちなみに、ガチャ*ン編はこちら♪

皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
コメント&拍手&ランキングボタンぽち♪が毎日のかもめのおかずでごじゃいます!
いつもありがとうございます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. かもめ | URL | -

    ★た*さんへ

    なんでシンはいつもドタバタしてるのか!
    もうちょっと落ち付け!!

    ハルはゆったりいかせましょう。
    その雰囲気でバーチャミを癒して♪
    ハルに乗り移って一緒にほんわかしてやってください★

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  8. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  9. かもめ | URL | -

    ★た*さんへ2

    ガチャピン編も読んでもらってうれしあ♪
    シンに共感できますか!
    本人も喜んでおります~。
    あたしもハルとは正反対の生き物なので、あんなふうになってみたいです・・・
    ヌナ編も久しぶりに書こうかな。

    いつもお付き合いいただいて本当にうれしいです!
    ありがとうごじゃいます★

  10. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ

    やったー!!
    追加公演!!!
    しかもこっちでもあるの!?

    情報あざっす★
    なんとか取れますように・・・

  11. かもめ | URL | -

    ★ka**さんへ

    きたえーるでも追加公演♪
    本当にうれしいです!
    なんとか当てたい・・・
    オフィシャルもチェックしてきました!
    あたしもWESSにメール登録しようかな・・・

    なんとか追加公演狙ってみます!

  12. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ 2

    どうせならチャミに貼りつけばいいのに!
    もったいないハルです。
    ハルの乳はきっとサラシで・・・(うそ)

    あいかわらずハルをからかって楽しむチャミ。
    それさえもうらやまし!
    今度「足りなかった」って答えさせるか・・・

    実用品を買ってきたハル。
    いつか指輪買ってもらえるといいね~。

    ユノと一緒にポンキッキーになってみたい。
    チャミにはチョッパーでも着せるといいぜ!

    復帰戦もお付き合いいただいてありがとうごじゃいました♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/740-24cfab80
この記事へのトラックバック