FC2ブログ

もし、チャンミンと再会できたら 復帰戦 ep.5

2011年10月28日 17:00

以前連載していた妄想小説第3幕「もし、チャンミンと再会できたら」の続編 第5話です。

復帰戦お疲れさまでした。

では、いつもながらの事後たーいむ。

本日もハルに乗り移って読んでやってくだしゃい★

それでは、どうぞ~♪




「ひゃぁっ!!」

まぶたに冷たい感覚が走って飛び起きた。

な・・・なに!?


目を開けると、チャンミンがコットン片手にこっちを見ていた。

「?」

CM 「メイク、寝るなら落としが方がいいと思って。」

「え?」

CM 「自分でやる?」

そう言ってチャンミンがコットンを差し出した。

「あ・・・」

もしかして、メイク落とし?

あたしのメイクを落とそうとしてくれたのかな。

なるほど・・・

あたし、またあのまま寝ちゃったんだ。

「それより・・・シャワー借りようかな。」

CM 「そう?」

「うん。えっと・・・」

ベッドから出るために何か羽織るものを探す。

CM 「はい、バスローブ。」

「ありがとう。」

チャンミンの手から受け取ってそれを羽織る。

バスルームに向かおうとベッドから立った。

「あれっ・・・」

足が・・・

CM 「!」

少しよろめいたあたしを、チャンミンがとっさに支えてくれた。

「あ、ありがと・・・」

なんか・・・うまく体に力が入らない。

CM 「ははっ、大丈夫?」

「う、うん。」

CM 「シャワー浴びるの手伝おうか?」

冗談交じりにそう言うチャンミン。

「け、結構です!」

強気に答えてチャンミンから離れる。

そのまま慌ててバスルームに入った。









バスルームから聞こえてくるドライアーの音が止まった。

少しするとバスローブ姿のハルが出てきた。

布団をめくると、何も言わなくても僕の隣に入ってくる。

CM 「バスルームで転ばなかった?」

「もう・・・大丈夫です!」

僕の冗談にふくれ顔で答える。

CM 「ハル、買ってきたよ。」

「え?」

CM 「おみやげ。」

「・・・ほんと?」

日本に発つ前にハルに聞いたおみやげのリクエスト。

結局答えは「なんでもいい」だったけど。

CM 「なんだと思う?」

「え~・・・なんだろう。」

僕の質問に真剣に悩みだすハル。

「・・・お菓子とか?」

CM 「違います。」

「じゃあ何?」

期待しているような顔で聞いてきた。

CM 「消しゴム。」

「え?」

ハルの表情が固まった。

CM 「寿司の形の消しゴムが観光客に人気なんだって。ハルの為にたくさん買ってきたよ。」

「・・・・・。」

CM 「あれ?”僕の選んだものなら何でもいい”んじゃなかったの?メールでそう言ってたよね。」

「あ・・・うん。」

微妙な表情で返事をする。

「そっか・・・消しゴムか・・・」

小さい声でブツブツ言ってる。

CM 「そこにある紙袋取ってくれない?」

「・・・これ?」

CM 「うん。」

バッグの上においてあった紙袋を取って僕に渡す。

CM 「どれがいい?マグロとかイカとかイクラとかあるけど。」

「え・・・じゃあ・・・イクラで。」

CM 「うん、わかった。ちょっと手を出して。」

微妙な表情のままハルが手を出した。

CM 「すごくリアルでびっくりすると思うから、ちょっと目閉じてて。」

「?」

少し不思議がりながらも目を閉じるハル。

その手に買ってきたお土産を乗せた。

CM 「はい。見ていいよ。」

そう言うと、ハルが恐る恐る目を開けた。

「あれ?」

ハルの手に乗せたのは・・・ブレスレット。

「・・・イクラは?」

CM 「ははっ!さすがに冗談だよ。」

笑いながらそう答える。

CM 「イクラがよかった?」

「え・・・あ・・・」

戸惑ったようにハルが言う。

CM 「”なんでもいい”って言われるのが一番困るんだけど。」

ちょっと嫌みっぽく言った僕の言葉に反応もせず、ずっと手のひらを見てるハル。

「これ・・・」

CM 「前にネックレスを買った店にたまたま寄ったんだ。ハルに似合うと思って選んだんだけど。」

「でもこれ・・・おみやげっていうレベルじゃ・・・」

CM 「いいから付けてみてよ。」

「う、うん。」

そう言ってハルがブレスレットを手に取る。

「あ・・・あれ?」

でも、片手じゃうまくつけられないみたいだ。

CM 「貸して。つけてあげる。」

ハルの手からブレスレットを取って手首にかける。

細い手首だな・・・

CM 「・・・はい。どうですか?」

そう聞くと、ハルが腕を上げてブレスレットを見る。

「きれい・・・」

CM 「気に入った?」

「もちろん!でも、こんなのもらっていいの?」

CM 「ダメなら買ってこないよ。」

「そ、そっか・・・」

しばらくブレスレットを眺めた後、ハルがこっちを見た。

「ありがとう。すごくうれしい。」

CM 「・・・うん。」

その笑顔を見せれてくれれば、僕は十分。

「じゃあ、チャンミンはおみやげ何がいい?」

CM 「僕にも買って来てくれるの?」

「うん。っていっても、こんなに高そうなのは無理だけど・・・」

CM 「なんでもいいよ。ハルが選んだものなら。」

そう答えると、ハルが不満そうな顔をした。

「・・・困ります。」

CM 「別にいらないよ。」

「それじゃダメだよ~。」

CM 「ほんとに。ハルが帰って来てくれればそれでいい。」

「・・・・・。」

僕の言葉にハルが固まった。

ブレスレットをした腕を引き寄せて抱きしめる。

シャワーを浴びたばかりのハルは、ぽかぽかのふわふわ。

CM 「帰ってくるのいつだっけ?」

「・・・明後日。」

CM 「ははっ!すぐだね。」

「1泊2日だもん。」

少し体を離してハルの顔を見た。

ほっぺがピンクになってる。

「次、いつ休みなの?」

CM 「うーん・・・」

いつだろう。

CM 「丸一日っていうのはしばらくないかも。」

「そっか・・・」

残念そうな声でハルが言う。

CM 「でも、早く仕事終わる時には連絡するから。」

「うん。」

CM 「これからは何度も会えるよ。」

「・・・うん。」

そう言ってハルの頬をなでる。

艶っぽい唇に吸い寄せられるようにキスをした。

「んっ・・・ん・・・んはぁっ・・・」

唇を離すと、そのままバスローブの中に手を滑り込ませる。

「あっ・・・」

CM 「これから・・・何度も抱き合おう。」

何度もキスをして、何度もセックスをする。

「ちゃみっ・・・あっ・・・」

CM 「ハル・・・」

何度も。


続く>>
※土日は小説更新お休みします!みあね~!!




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「飛行機にちゃんと乗れるか?」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
コメント&拍手&ランキングボタンぽち♪が毎日のかもめのおかずでごじゃいます!
いつもありがとうございます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. たこ | URL | -

    ホントは消しゴムも買ったの?

    首輪の次は手錠かぁ~♪
    この次はベルトかな?
    でも、チャミにならガチガチにしばられてもOK!
    いや、むしろ…大歓迎♡♡
    しばって!しばって~!(危)

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. ゆちょん | URL | -

    お疲れチャンミン(^O^)/

    復帰戦ありがとうございました(#^.^#)

    やっぱり、happy endが好き(*^^)v

    今度は、どんなお話ですか?
    楽しみにしています(^_-)-☆

    私は、チャミ様&ヌナの
    シリーズが好きです\(^o^)/
    (チャミ太は元気?)

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. かもめ | URL | -

    ★たこさんへ

    チャミにガッチガチに縛られてみたい♪
    次はベルトっすかね!足かせっすかね!
    なんだろ~★

  7. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ

    チャミにふらふらにされてみたいですねぇ~・・・
    あの腕で支えてぷりーず♪

    チャミと一緒にシャワーとかいろいろ大変そう。
    確実に時間かかりますね!

    ハルはイクラですが、M**さんは何がいいっすか?
    ハルをからかって遊ぶチャミでした★
    そしたらまーたなんか買ってもらったみたいで。
    そんなに甘やかさなくても・・・って、新種の首輪か。
    どっちにしろうらやまし!

    これからはバーチャミのそばにいてね~♪

    動画情報あざっす!
    チャミに余計なアドバイスしたのってやっぱあいつら・・・?

  8. かもめ | URL | -

    ★ka**さんへ

    ハル、最強様におちょくられております。
    からかわれたいー♪

    やっとこさ抱き合えてよかったよかった★

    チャミがこっち見たら・・・こえぇ!
    さっさと抱き合わせて良かった!

  9. かもめ | URL | -

    ★ゆち**さんへ

    こちらこそ、限定にお付き合いくださりありがとうごじゃいました!
    やっぱハッピーエンドの方が書いてる方もすっきり♪

    今度またヌナばーじょんも書きたいです★

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/735-ab2bdabe
この記事へのトラックバック