FC2ブログ

もし、チャンミンが浮気をしたら 最終話

2011年08月22日 17:00

もし、東方神起のマネージャーになれたら」の続編、最終話です。

なんとかヌナを鎮火させたバーチャミ。

お疲れさん!

それでは、どうぞ~♪




ミナ 「すぅ・・・すぅ・・・」

CM 「・・・よし。」

ミナの寝息を確認して子供部屋を出る。

あの後ヌナは”こんな顔をミナに見せられない”と言って、寝室に閉じこもってしまった。

なので、今日の夕飯はデリバリーを頼んでミナと2人で食べた。


寝室に入るとヌナがいなかった。

CM 「あれ?」

どこに行ったんだ?

まさか・・・

急いで玄関に向かおうとしたら、洗面所からドライアーの音が聞こえてきた。

・・・なんだ。シャワー浴びてたのか。

僕はもう済ませていたので寝室で待つことにした。

10分後、頭を乾かし終えたヌナが寝室に戻ってきた。

まだ少し目が赤い。

僕を見ると、何も言わずにベッドに入ってきた。

「・・・あのさ。」

CM 「はい?」

「さっきは・・・ごめん。大人げなかった。」

体育座りをしたヌナが、恥ずかしそうに下を向きながらそう言った。

CM 「いえ。今回は僕の不注意なんで。」

「そうだね。」

ちょっと強い口調で返してきた。

CM 「本当にすいませんでした。」

「これからは気をつけてね。事務所にも怒られたでしょ。」

CM 「はい。こってり。」

「あははっ!そっか。」

やっとヌナが笑った。

CM 「でも、僕はうれしかったですよ。」

「え?」

CM 「あんなに取り乱すほどヌナは僕の事が好きなんだってわかったんで。」

「・・・・・。」

ヌナが微妙な顔でこっちを見る。

少しすると、僕に背を向けてヌナがベッドに横になった。

あれ?

また不機嫌に・・・

「チャンミンはさ。」

CM 「・・・はい。」

「ミナがいなくても・・・あたしと結婚した?」

CM 「え?」

突然の質問に思わず起きあがった。

「だから・・・ミナがもしできてなくても、チャンミンはあたしを選んだ?」

CM 「はい。」

「え?」

思ったより回答が早かったからなのか、ヌナが驚いたようにこっちを見た。

「ちょっと・・・ちゃんと考えて答えてよ。」

CM 「考えてますよ。」

「え~・・・」

CM 「何ですか。不満ですか?」

「いや・・・」

CM 「僕もよくわからないんですよ。」

「・・・何が?」

CM 「なんでこんなにヌナが好きなのか。」

そう言うと、微妙な顔のままヌナのほっぺが赤くなった。

ちょっと笑える。

CM 「確かにヌナの言う通りなんですよ。僕の周りには、ヌナよりもっとタイプな女性がたくさんいるんですよ。」

「・・・そうですね。」

あからさまな不機嫌声でヌナが言う。

CM 「でも、なぜかヌナがいいんです。」

「なぜかって何よ。」

CM 「なんでしょうね~。初めて会った時から、そんな感じがしたんです。」

ヌナとなら・・・やっていける気がした。

あの時はまだ、こんな風になるなんて思ってもいなかったけど。

「・・・そう。」

CM 「だから、安心していいですよ。」

「え?」

CM 「安心して僕に愛されてください。」

「・・・はい。」

そう返事をすると、少し恥ずかしそうに布団に隠れるヌナ。

それを早々に引っ張り出して僕の胸に収める。

さりげなくパジャマに手を入れたら、ヌナがそれを止めた。

CM 「・・・なんですか?」

「今日は・・・そーゆーのはいい。」

CM 「え?」

まだ怒ってる?

そう思ったら、ヌナが僕の胸から離れて隣に横になった。

そして、そっと僕の手を握る。

「今日はこれで十分。」

満足そうに笑ってヌナが言う。

まぁ・・・そう言うなら、今日はこれでいいか。

CM 「今度、少し休みが取れそうなんです。」

「え?ほんと?」

CM 「はい。なんで、日本にはその時行きましょう。」

「うん。そうだね。」

CM 「その時僕にも食べさせてください。ジュージュー亭のハンバーグ。」

「・・・よく覚えてるね。」

あきれ顔でヌナが言った。

CM 「おいしいんですか?」

「おいしいよ~♪ファミレスのとは違って手ごねだからね。」

CM 「300gとかありますか?」

「え・・・それは・・・なかったような。」

CM 「あ、2つ頼めばいいか。」

「やめてよ~。ミナがマネするから!」

ヌナが困り顔で僕に言う。

そんな事を話しながら、2人で手を繋いで眠った。







♪~

YH 「ん?」

テレビ局での待ち時間、控室にケータイの着信音が鳴り響いた。

これは・・・チャンミンのかな?

そう思っていたら、案の定チャンミンがそばにあった自分のバッグを取った。

CM 「はい。・・・はい、大丈夫ですよ。」

すぐに電話に出るチャンミン。

CM 「あぁ。わかりました。この前と同じのを買っていけばいいんですね?」

この感じは・・・ヌナか?

話してる様子を見ると、無事仲直りしたのかな。

要件だけを話すとすぐに電話を切ったようだ。

YC 「その表情は・・・昨日の冷戦は無事終戦しましたか?」

早速、同じソファーに座っていたユチョンが聞いた。

・・・楽しそうに。

CM 「はい。」

JJ 「おおー!」

JS 「よかったね~♪」

CM 「結構激しい銃撃戦になったんですが、なんとか和解しました。今は平和を取り戻しています。」

YH 「それはよかった・・・」

平和が一番。

YC 「和解か~。」

JJ 「銃撃戦って?やっぱりヌナも怒った?」

CM 「はい。突然爆発して焦りました。」

JS 「ヌナが爆発・・・」

YC 「ちょっと見たかったかも。」

YH 「ミナはその時いたの?」

CM 「ちょうど避難していたんで無事です。」

”避難”って・・・

YC 「でも、一緒に撮られた子けっこうかわいかったよね。ホントにその気なかったの?」

CM 「ないですよ・・・。勘弁してくださいよ。」

苦笑いをしながらチャンミンが言う。

JJ 「でもさー。かなりきわどい態勢だったじゃん。あれホントに偶然?」

確かに、知らない人が見たら恋人同士と思ってしまうような写真だった。

CM 「はぁ、またですか。だから・・・あ、ジュンスヒョン彼女役やってください。」

そう言ってチャンミンが立ちあがった。

YC 「お。再現してみるか?」

JJ 「じゃあ俺写真撮るわ。」

ジェジュンが自分のケータイを出した。

指名を受けたジュンスも立ち上がる。

CM 「こういう感じで僕に倒れてきてください。」

JS 「こう?」

CM 「はい。」

YC 「おー、きもちわりー。」

CM 「僕もそうですよ!」

JS 「ちょっと!僕だってやりたくてやってるわけじゃ・・・」

YH 「いーから!それで?」

JJ 「この態勢で彼女が寄りかかってきたんで、こんなかんじで僕が・・・」

YC 「あー、それっぽいかも。」

YH 「ほんとだー。たしかに。」

CM 「で、ジェジュンヒョンこっちから撮ってください。」

JJ 「えっと・・・はい!」


パシャ!


JJ 「・・・おおーー!!ホントだ!恋人同士に見える!」

ケータイ画面を見ながらジェジュンが言った。

YH 「えっ!どれ?」

俺もその写真をのぞく。

YH 「あ。本当だ。」

確かにそう見える。

JS 「あっ!ホント~。」

YC 「うぁ~、やっぱきもちわりー!」

CM 「ほら、見えるでしょ?」

自慢げにチャンミンが言った。

YC 「せっかくだからさ、これヌナに送ってあげれば?」

CM 「え?」

ユチョンの言葉に、チャンミンの顔が少し青くなった。

JJ 「そーだな。じゃあ・・・」

CM 「ちょっと!やめてください!!」

送ろうとしたジェジュンを慌ててを止める。

JS 「なんで?誤解が解けていいじゃん。」

CM 「もう解けてるんで!これ以上ぶり返さないでください!」

かなり焦りだすチャンミン。

昨日・・・そんなに大変だったのか?

YC 「送っちゃえ~。」

JJ 「はいよー。」

CM 「やめてくださいってば・・・やめろ!!」

そう言ってチャンミンがジェジュンに飛びかかる。

YH 「・・・・・。」

もうすぐ・・・本番なんですけど。


★おわり★




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「その画像こっちにも送って!」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


今回は限定なくてミアネー。
ヌナ、お前は十分でもこっちは欲しいのよ!って感じだったらミアネ・・・
別のリクエストで限定入れようと思っています♪

当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。


~すぺしゃるさんくす~

★ゆちょんさんへ
おいしいネタありがとうごじゃいました♪
ゆちょんさんのおかげで、リクエスト募ることにしました~。
満足いただけたらうれしいです★
あ、でも限定が・・・


★まな*さんへ
リクエストありがとうごじゃいました!
チャンミンをガチで浮気させることはやっぱりでませんでした・・・ミアネー!!
でも、荒れ狂うヌナを書けて私が楽しませてもらいました♪
スポンサーサイト





コメント

  1. まなみ | URL | tV4BGWuY

    はっ!スペシャルサンクスなんて、、。
    ありがとうごじゃいます。←違ったらはずかしー。
    サッパリしてるヌナすごく好きなんですけど、女子ヌナかわいかったです。
    そしてとても楽しかったです。
    でもやっぱり怖い。
    それだけ好きだってことですよねー。
    ほんとに浮気した時のヌナのキレ方、想像しただけで恐ろしいので、
    バーチャミ浮気しちゃだめだよ、と伝えといてください。

    かもめさんの小説、毎日の日課のひとつになってます。
    それでは、またあした~。

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. ゆちょん | URL | -

    こちらこそ(#^.^#)

    ありがとうございました\(^o^)/
    楽しく(ドキドキ)
    読ませていただきました。

    これからも楽しみにしています
    (*^_^*)

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. かもめ | URL | -

    ★まなみさんへ

    リクエストありがとうごじゃいました♪
    女子ヌナに仕上げてみました!
    いつもはさっぱりですが、こんな時ぐらい女子に戻れや!って感じで。
    怒ったら怖いですね~。
    バーチャミに伝えときます!

    いつも見に来てもらって本当にうれしいです★
    これからもよろしくでーす♪

  8. かもめ | URL | -

    ★ら**さんへ

    無事チャンミンの疑惑は晴れたようで。
    よかったっすー♪

    でも、もしあのレベルの旦那なら・・・そうかもしれないですね。
    もう、浮気とかしょーがねーよ。虫寄ってきちゃうんだよ!みたいな?

    ヌナ、もういなくなるのやめよう。
    チャミの立ち直れないよ!

    リアルチャミは美人が好きみたいですね~。
    結婚するなら、もういっそ完璧無欠のスーパー良妻賢母美人と結婚してくれ!
    でも、まだやめてね★

  9. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ

    ヌナ、これからどっか行く時は必ず事前連絡しよう!
    じゃないとチャミとM**さんハラハラしちゃうから。

    私もヌナに乙女な一面があってうれしかったっす♪
    チャミにこんなに愛されてみたい・・・
    チャミの胸でM**さんを永眠させてあげたい!

    暴発に爆笑!
    確かにそうだった・・・
    そんで、まさかのジュン子お久しぶりですね!
    で締めてみましたー♪

  10. かもめ | URL | -

    ★ハナ**♪****さんへ

    お久しぶりです~♪
    またコメントもらえてうれしいです★

    浮気バージョンにもお付き合いくださってあざっす★
    チャンミンが旦那だったら心配してもし足りないですよねー。
    もしユノだったら・・・ヤバいですか?

    次はユノバージョンのリクエスト作品です。
    もしよかったら、また感想聞かせてください♪

  11. かもめ | URL | -

    ★ゆちょん さんへ

    楽しんでもらえましたか?
    気に入っていただけたら幸いです♪
    いつも見に来てもらってありがとうごじゃいます!

  12. かもめ | URL | -

    ★よ*さんへ

    おひさしぶりでーす♪

    エイネ楽しかったですかー?
    いいな~♪いいな~♪
    チャミの顔はテカってましたか!?
    やっぱステージ上でもドSなんだー★
    しかも、ドドドドドSなんだ!
    ユノはテカってない上にかわいいのか・・・
    やっぱ生は最高ですか!
    息子さんと楽しめたようで、よかったですね~♪
    スープパスタ親子でコールできるなんて幸せすぎる~。
    でも、息子さん雨で風邪とかだいじょぶでしたか?

    チャミの浮気疑惑編にもお付き合いいただいてあざっす★
    爆発ヌナに感動してもらってうれしあー。
    そのうちまた限定書きます♪うひひ・・・

  13. ミナコ | URL | -

    はじめましてヾ(^▽^)ノ

    先日から、こちらのブログを楽しみに読ませていただいておりますヽ(≧▽≦)/

    大好きなヌナシリーズ←勝手に名付けてしまいました(^_^;)


    さいっこうです!!!
    もう勝手に、ドラマのように現実のように状況や世界が思い浮かびます( ´艸`)

    それくらい、楽しくてドキドキしてモンモンして(爆)←すみません(爆)

    切なくてあったかいストーリーです(^_-)


    もう、ドラマ化するか、小説になればいいのにーヽ(≧▽≦)/

    それくらい笑って楽しくて、ヌナが大好きになる物語です♪

    ヌナみたいな人と本当に結婚しちゃうんじゃないのかしら( ´艸`)と勝手に望んでます(笑)

    彼らみな大好きですが、ヌナには嫉妬しません(笑)

    あっ初コメントながら、リクエストさせていただいてよろしいですか?←すでに厚かましくしている(°∇°;)

    チャミ太が生まれたあとのチャンミン誕生日事件(笑)
    …是非あのあとの( ´艸`)物語と幸せな、二人の姿が見たいです!

    …チャンミンが甘えて、めちゃくちゃ萌えて(笑)そして、ヌナに暖かくなりました(^_-)

    厚かましくてすみません(;O;)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/630-646838b7
この記事へのトラックバック