FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし、チャンミンが浮気をしたら ep.1

2011年08月19日 17:00

先日から募っている妄想小説のリクエスト。

すんばらしーいアイディア(妄想ネタ)をたくさんいただいて、本当にありがとうごじゃいます♪

さっそく1ネタ書いてみました~★

こちらは「もし、東方神起のマネージャーになれたら」の続編です。

「チャンミンがもし浮気をしたらどうなるの?」というアイディアを採用させていただきました!

っていっても、実際浮気させるのはちょっとヌナがかわいそうなので軽い疑惑程度にしておきました。

こちらは、まだチャミ太がいない頃のお話です。

さて、ヌナも嫉妬するんでしょーか。

それではどうぞ~♪




「あ、おかえりー。」

仕事を終えて家に帰ると、明るい声でヌナが迎えてくれた。

CM 「・・・・・。」

「ん?どうしたの?」

ドアを開けて固まっている僕を不思議そうに彼女が見る。

CM 「・・・いえ。ただいま。」

とりあえず、バッグを床に置いて靴を脱いだ。


彼女は今日も気づいていない。

自分の顔が・・・笑えていないことに。

原因はきっと僕にあるんだろうけれど。


数日前、僕とある女優さんの2ショット写真がネット上に流れた。

ドラマの打ち上げの解散時、酔って少しよろけた彼女を支えた瞬間をそれらしく撮ったものだった。

本当に・・・何でそんなものを撮るんだ!!

はぁ・・・

事務所に呼び出されて大変だった。

この歳になって、久々に大人にこってり怒られた。

はぁ・・・

まぁ、事務所がうまく手を打ってくれたから大事にならなかったんだけど。

でも、家に帰ってきたら・・・これ。

ヌナのこの調子。

この様子を見ると、ネットに流れた写真を見たようだ。

でも、怒るでもなくただ無表情。

わざとなのか?それとも無意識なのか?

言動はいつも通り。

なのに、表情だけない。

もう・・・どうすればいいんだ。

話すにもタイミングを逃したし・・・

そんな事を考えながら、着替えを取りにクローゼットに向かう。

扉を開けようと思った時、寝室の端にいつもないものを見つけた。

CM 「ん?」

ヌナの・・・旅行バッグ。

CM 「・・・・・。」

え?

まさか・・・

そう思って中を見ると、着替えや洗面道具が詰めてあった。

まるで、明日にでも旅行に出かけるみたいに。

これは・・・マズい。

急いでキッチンに行くと、いつもと同じようにヌナが夕食を温め直していた。

「今準備できるか・・・」

CM 「ヌナ!」

「え?」

僕の様子を少し不思議がりながらヌナがこっちを見た。

「・・・どうしたの?」

CM 「あれ、何ですか?」

「あれ?」

CM 「寝室のあのバッグ、何ですか?」

そう聞くと、ヌナの表情が少し変わった。

「あぁ、あれ。」

でも、大して動揺もせずに答える。

「ちょっと帰ろうかと思って。」

CM 「帰るって・・・日本にですか?」

「うん。父さんと母さんにミナの顔しばらく見せてないし。」

CM 「それなら、今度休み取ってみんなで行けばいいじゃないですか。」

「休みって・・・1日オフ取れたらいいような状態じゃん。無理しなくていいよ。」

そう言って、ヌナがまた背を向けた。

そのまま夕食の準備を続ける。

CM 「そうだとしても、黙ってないで何か言ってくださいよ。」

「あぁ、ごめん。飛行機取れてから言おうと思って。」

あいかわらずの無表情で、温めた夕食をテーブルに並べながらヌナが言う。

これは・・・あの件のせいだよな。

いい加減話そう。

そう思った時、子供部屋からミナの声がした。

ミナ 「おんまぁ~・・・」

「はいはいー。」

返事をしながら子供部屋へ向かうヌナ。

CM 「・・・・・。」

・・・どうしようか。

とりあえず、ヌナが飛行機を手配する前に話をしなければ。

そう思っていたら、ミナをもう一度寝かしつけてヌナが戻ってきた。

CM 「ヌナ、あの・・・」

「ごめん。あたし今日ちょっと頭痛くて。」

僕の言葉を遮ってヌナが言う。

そう言われると・・・今日はこれ以上話できない。

本当に具合悪いのかな。

CM 「大丈夫ですか?」

「うん。寝れば治るから。食器洗わなくていいから、食べ終わったらシンクの中に入れておいて。」

CM 「はい。」

「じゃあ、おやすみ。」

僕の方を見ずにヌナは寝室へ行ってしまった。

CM 「・・・・・。」

出来るだけ早く、明日にでも話をしよう。

これ以上ヌナの症状がひどくなる前に。

やましいことはしてないんだから、話せばきっとわかるはずだ。

そう思いながら、1人夕食を食べた。


続く>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「パパラッチ?カシラッチ?」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪

CM 「僕は浮気なんてしませんよー♪」(by バーチャミ)

当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。

月曜日ぐらいまでリクエスト募集記事置いておこうと思います。
何かいいネタ(おい・・・)ある方はそちらの記事でお気軽にリクエストくだしゃーい★
スポンサーサイト


コメント

  1. まなみ | URL | tV4BGWuY

    今日もいつもの時間にお邪魔したら、更新ー!
    とてもうれしいです。
    無反応が一番怖いんですよねー。
    明日もまた㌧で来ますー。
    続きが楽しみです!

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. sanaejj | URL | dqaEB3rQ

    オタオタしてるチャンミン。・゚・(ノД`)・゚・。

    (・∀・)イイネ!!

    慌ててる~~e-350

    こんなチャンミンもいるんだ~~~e-266

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. かもめ | URL | -

    ★妄想小説続編1話へコメントくださった方へ

    リクエスト続編にもお付き合いいただいてありがとうごじゃいます♪
    なんと、チャンミンが浮気!?
    ではないですが、どーなるのか~

    こちら、今日アップの最終話にてコメント返信させていただきます★
    個々にお返事できなくて申し訳ないです~。
    よろしくお願いいたします!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/625-8b233627
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。