FC2ブログ

もし、チャンミンと出会えたら ep.14

2011年06月27日 17:00

妄想小説第3幕、第14話です。

やっとくっついたお2人さん。

よかったね★

それではどうぞ~♪




”喜んで”

そう言って笑ってくれたハルの手をそっと握った。

少し冷たいその手が、彼女を余計に愛しく感じさせる。

あ・・・・・

なんか、キスしたい。

気づいたらハルの手をそのまま引き寄せていた。


「!」

少し驚いた顔で涙目のままのハルが僕を見上げる。

でもさっきと違って、顔を近づけても抵抗しない。

CM 「ハル・・・」

そう言って頬を少しなでると、彼女が自然と目をつむった。


♪~


2人 「!!!」

この着信は・・・僕だ。

「で、出ていいよ。」

パッと僕の手から離れてハルが言う。

見計らったようなタイミングで・・・

誰だ!

そう思ってケータイを開くと、マネージャーだった。

CM 「はい・・・」

マネ 『チャミナー!移動車乗ってどこいったんだー?』

CM 「あ。」

そうだった。

マネ 『早く帰って来いよ~!』

後ろから騒々しい声も聞こえる。

はぁ・・・しょうがない。

CM 「わかりました。すぐ戻ります。」

そう返事をして電話を切った。

「じゃあ、あたしもう帰るね!」

早々に車から出ようとするハルをもう一度止める。

CM 「待って。送るから・・・」

「いいよ!すぐそこだもん。」

CM 「ホント?」

「うん。」

すぐそこってことは・・・たぶん1人暮らしだよな。

あぁ、移動車で来なければよかった!!

CM 「わかった。じゃあ、気をつけて。」

「チャミナも気をつけてね。」

CM 「また連絡するから。」

「うん・・・わかった。」

そう笑顔で言うハルと車を降りる。

彼女を見送って、僕は帰るために運転席に乗った。

バッグミラーにまだ少し後ろ姿が見える。

CM 「はぁ・・・」

キス、したかった・・・







ジリリリリ・・・


バンッ!


目覚まし時計を手探りで止めた。

「ん~・・・」

もう・・・朝か。

「ふぁ~!」

寝ぼけ頭で昨日あった事を思い出す。

「・・・・・。」

ふと横を見ると、紙が置いてあった。


”夢じゃありません。”


「・・・・・。」

あたしの字。

昨日、寝る前に書いたんだ。

・・・夢じゃない。


♪~


「!」

枕元のケータイが鳴った。

画面を見ると・・・チャンミン。

「!!」

急いで拾って通話ボタンを押した。

「はっ、はい!」

CM 『ははっ、寝起き?』

あ・・・・・

ダミ声のまま出ちゃった!

「う、うん・・・」

CM 『今日はまだ学校じゃないんだ。』

「うん。チャンミンは?」

CM 『僕はもうすぐ出るよ。今はマネージャー待ってるとこ。』

「そうなんだ・・・」

昨日も遅かったのに大変だな。

CM 『あのさ、ハルは明後日も居残りしてる?』

「明後日?うーん・・・」

明後日っていうか、用事なければいつも残ってるけど・・・

「どうして?」

CM 『明後日は比較的早く仕事終わるんだ。』

「そうなの?」

CM 『それでさ、よかったらうちに来ない?』

「え?」

CM 『いつも遊びに行ってるから、たまには招待するよ。』

「い、行く!」

チャンミンの家に行けるんだ・・・うれしい!

CM 『ホント?よかった。』

「チャンミンって1人暮らし?」

CM 『いや、2人暮らし。』

「2人?」

CM 『パートナーのユノヒョンと。』

パートナー・・・

あぁ!昨日一緒に踊ってた人!

そっか、一緒に暮らしてるんだ・・・

CM 『僕にとっては兄さんみたいな人だから、ハルのこと紹介しておきたいんだ。』

「え?」

紹介?

CM 『じゃあ、後で場所メールするから。』

「うん。」

CM 『・・・はい!行きます!』

「え?」

CM 『あ・・・マネージャー来たみたい。』

「そっか!仕事がんばってね!」

CM 『うん。ハルもなんとか課題終わらせてね。』

「はい・・・」

CM 『じゃあ。』

そう言われて電話は切れた。

「・・・・・。」

紹介?

あたしを?

えっと・・・んっと・・・とりあえず下調べを!

誰さんだっけ?ユノさん?

ユノ・・・ユノ?

どんな顔だっけ!?(チャンミンばっか見てて覚えてない。)

すぐにケータイをネットに接続する。

”ユノ”と打ちこんで検索ボタンを押した。


続く>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「ユノペンを敵に回す気か。」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのランキングボタンぽち♪&拍手&コメントが、ブログ更新のエネルギーです。
いつもありがとうございます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. かもめ | URL | -

    ★ゆ**!さんへ

    もーう、ハルに教えてやってください!
    ユノとの対面、どうなるんですかね。
    あたしも付いて行きたい・・・
    2人を見て倒れないように、ちゃんと心の準備して行けよ!

    想像しただけで血圧上がりますね★

  6. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ

    ハルの安否、あたしも心配です。
    パーンッてならないか心配です。
    マネージャーのせいでちゅーストップ。
    ユノのKYうつったのかな~。感染するのか、あれ。こえー!!

    ハルよ、またM**さんが可愛いって言ってくれたよ!
    紙に書いておいてよかったな♪

    さっそくの宿舎へのご招待いいなー。
    しかもユノにも会えるって・・・
    とりあえず、M**さんからウィキ以上の情報いただいてこい!

    動画情報あざっすー★
    照れながらダンス踊るチャミめっちゃかわいー♪
    京セラの動画も綺麗で!
    待ちに待ってたファンもうれしそうで~。
    たくさんホミンは愛されてますね!

  7. かもめ | URL | -

    ★よ*さんへ

    マネージャーに殺意抱かないで!
    彼きっと悪気なかった!
    とりあえず強引にちゅーしとけばよかったのに~。
    したいなんて思われたいですね・・・うひ♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/541-3c338ab0
この記事へのトラックバック