FC2ブログ

もし、チャンミンと出会えたら ep.13

2011年06月26日 17:00

妄想小説第3幕、第13話です。

なんとか会えたお2人さん。

よかったよかった。

それではどうぞ~♪




大学には入れなかったから、2人でチャンミンが乗ってきた車へ行く。

駐車場に停まっているワゴンの後部座席に乗り込んだ。


「ごめん・・・」

CM 「え?」

急に謝ったあたしに、チャンミンが不思議そうに言った。

「あの・・・あたし、その・・・知らなくって・・・」

どうしよう。

的外れなこといっぱい言っちゃった気がするし・・・

CM 「僕の方こそ。」

「え?」

CM 「こんな驚かせるようなことしてごめん。」

それは・・・確かに驚いたけど。

CM 「でも、ハルには僕の仕事のことを知って欲しかったんだ。」

「・・・そうだよね。気づかなくて・・・ごめん。」

CM 「そのことはいいよ。気にしないで。」

「え?」

CM 「むしろ、このまま黙ってようと思ったくらい。」

「・・・なんで?」

CM 「僕の仕事のことを話したら、ハルが今までみたいに僕に接してくれなくなるかと思って・・・少し怖かった。」

「そ、そんなこと・・・」

CM 「でも、これは僕が人生をかけてやってきたことだから。」

そう真剣な顔でチャンミンが言う。

・・・そうだよね。

あのステージを見ればわかる。

CM 「だから、ハルに僕の仕事を見て欲しかった。」

「・・・・・。」

CM 「どう思った?」

「え?」

CM 「今日の僕を見て。」

どうって・・・

「あ・・・その・・・なんて言うか・・・」

CM 「?」

「えっと・・・」

CM 「・・・もしかして、僕のこと嫌いになった?」

「はぁっ!?なんで!?」

大きい声で全否定する。

CM 「あ、違うならいいけど。」

「そうじゃなくて、なんていうか・・・びっくりして。」

CM 「・・・うん。」

「一言じゃ言えないけど・・・か、かっこよかった。」

CM 「ホント?」

「あたしこういうのうとくてうまく言えないけど、すごいかっこよかったし歌声もすごくて、ダンスとかかっこよくて・・・」

CM 「・・・・・。」

「あー!もう!”かっこいい”しか出てこない!」

CM 「あ、ありがと。」

「ステージにくぎ付けになったって言うか・・・えっと・・・」

CM 「・・・確かに。」

「え?」

CM 「ライブ中、口開いてたよ。」

「・・・・・。」

CM 「ちょっと笑いそうになったんだけど。」

それは・・・

「だって!」

そう言って横を見ると、笑いながらこっちを見ていたチャンミンと目があった。

「!!」

反射的に目をそらす。

CM 「?」

なんか・・・まともに見れない。見ちゃいけない気がする。

CM 「なんで・・・目をそらすの?」

「いや・・・」

CM 「ハル?」

「・・・・・。」

CM 「ハール!」

そう言って、肩を掴んで振り向かされた。

メイクをしたままのチャンミンの顔が目の前にあった。

「だ、ダメーー!!」

そう叫んで押し返してしまった。

CM 「!?」

「もう、ちょっとこっち見ないで!」

CM 「・・・なんで?」

「し、心臓が壊れる!」

CM 「・・・・・。」

「慣れるまでちょっと待って。」

CM 「それは・・・どれくらい?」

「え・・・それは・・・1ヶ月くらい。」

CM 「無理。」

「えっ・・・うぁっ!!」

もう一度無理矢理振り向かされた。

CM 「ハルの前では、今までと同じただのシム・チャンミンだから。」

「・・・・・。」

”マックス”さんじゃなくて?

CM 「今までみたいに接してよ。」

そ、そうだよね・・・

ちょっと、いやかなり眩しいんだけどそこはがんばろう。

「・・・うん。」

CM 「はぁ、よかった。」

ほっとしたようにチャンミンが言った。

「・・・あのさ。」

CM 「うん。」

「すごく、すっごーくびっくりしたけど・・・うれしい。」

CM 「え?」

「チャンミンが自分のこと話してくれて。」

CM 「・・・・・。」

「うれしかった。」

チャンミンの目を見てそう言えた。

CM 「やっと、笑ってくれた。」

「え?」

CM 「もう、ハルが僕の前で笑ってくれないかと思った。」

「そんな・・・」

そんなわけないのに。

CM 「ありがとう。」

頬笑みながら言ったその表情をまともに見てしまった。

「!!」

ヤバい・・・

本日はもうキャパオーバーです!!

「じゃあ、今日はもう帰るね!」

そう言って車を降りようとしたら、チャンミンに腕を掴まれた。

CM 「待って!」

「え?」

CM 「大事な話がまだなんだけど。」

「・・・・・え?」

大事な話って・・・今のじゃないの?

まだあるの?

「なに?」

そう聞くと、改まったようにチャンミンがこっちを見た。

CM 「ハル。」

「はい。」

CM 「僕と付き合って下さい。」

「・・・・・。」

は?

CM 「これからは彼女として、僕の側にいて欲しい。」

・・・・・彼女?

あたしが?この人の?

そりゃ、この前「大事な話がある」って聞いた時は少しは期待したけど、今の精神状態ではその申し出に現実感がない。

CM 「ハル?」

固まっているあたしに、不安そうにチャンミンが聞いてくる。

CM 「・・・ダメ?」

「ち、ちがっ!」

ダメとかじゃないけど・・・

「あたしで・・・いいの?」

そう聞くと、チャンミンの表情が変わった。

CM 「その質問、答えないといけない?」

「・・・・・。」

そうだよね。

こんなに真剣に話してくれてるのに。

でも・・・本当にあたしでいいの?

そう戸惑いを隠せないでいたあたしにチャンミンが聞いた。

CM 「ハルは僕のことどう思ってるの?」

「え?」

CM 「僕のこと・・・好き?」

綺麗な二重の目がこっちを見てる。

どうしよう、言葉がうまく出てこない。

でも・・・答えないと。

答えなんてとうに出てるから。

「・・・すき、だよ。」

CM 「本当?」

そう言われてコクンとうなずいた。

CM 「よかった・・・」

そんなの、あたりまえだよ。

こんな人・・・好きにならない方がおかしい。

CM 「じゃあ、僕の彼女になってくれますか?」

あ・・・ヤバい。

また泣きそう・・・

でも、ちゃんと答えなきゃ。

同じぐらいの誠意できちんと答えなきゃ。

そう思って、顔をあげて彼の顔を見た。

「もちろん。喜んで。」

これは夢じゃない。

あたしの手をそっと握った彼の手が、すごく温かかったから。


続く>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「夢でもいいから言われたい。」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのランキングボタンぽち♪&拍手&コメントが、ブログ更新のエネルギーです。
いつもありがとうございます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. はとこ | URL | -

    うらやま~

    うらやま、うらやま~
    夢でもいいから言われてみたい!!
    この一言!!!
    そしたら一生目が覚めなくていいな~
    これからどういう展開になるのか本当に楽しみ♪

  2. Jasmine | URL | -

    ドラマ化希望!

    この物語めっちゃドラマ化希望なんですけど!

    ワゴンの中で眉を八の字にしたチャミが、「…だめ?」ってゆう画がすごい想像できるんですけど!…かわいい萌
    ドラマにしたら、スナナレなんかより(かわいかったジェジュンに罪はなし)絶対視聴率取りますよー!!
    パラ牧より…(笑)

    ごめんなさい興奮しちゃいました。


    続き楽しみにしてます★★

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. sanaejj | URL | dqaEB3rQ

    なんだか

    純愛ストーリーになってきたよ

    今までとはちょっと違うねe-266

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  8. iluca | URL | -

    ほのぼの^^

    このストーリー大好き♪
    チャミ&ハルがホント可愛くて、なんか生々しいエロの世界より、リアルにドキドキしちゃってます^^

    『腕を掴む』とか『目が合う』とかそれだけで、キャ~!って感じ^^
    ポッポはもちょっと先かな~なんて、変に期待しちゃったりして変態な自分^^;

    更新が楽しみで仕方がないです♪

  9. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  10. かもめ | URL | -

    ★はとこさんへ

    > うらやま、うらやま~
    > 夢でもいいから言われてみたい!!
    > この一言!!!
    > そしたら一生目が覚めなくていいな~
    > これからどういう展開になるのか本当に楽しみ♪

    こんな夢が見られたら、一生目覚めなくてOKですよね!
    そのとーりー♪
    ほんと代われ!ハル!!

    大した展開待ってませんが、今後もよろしくお願いします★

  11. かもめ | URL | -

    ★Jasmine さんへ

    > この物語めっちゃドラマ化希望なんですけど!
    >
    そんな風に言ってもらってうれしあです!
    あざっす♪

    > ワゴンの中で眉を八の字にしたチャミが、「…だめ?」ってゆう画がすごい想像できるんですけど!…かわいい萌
    > ドラマにしたら、スナナレなんかより(かわいかったジェジュンに罪はなし)絶対視聴率取りますよー!!
    > パラ牧より…(笑)
    >
    > ごめんなさい興奮しちゃいました。
    >
    >
    > 続き楽しみにしてます★★

    スナナレよりも数字取れる?マジで!?
    やったー♪
    パラ牧よりもっすか!

    八の字眉でチャミにそんな事言われたらノックアウト・・・
    脳内変換お願いします!

  12. かもめ | URL | -

    ★よ*さんへ

    心臓壊れてもいいから言われてみたいですね♪
    うらやま死!

    ヌナがチラつきますか・・・
    そう言われる読者様 結構いらっしゃいます。
    ヌナみあねー!!

    最前列でトン見れたら・・・鼻血で退場っすね。

  13. かもめ | URL | -

    ★sanaejjさんへ

    > 純愛ストーリーになってきたよ
    >
    > 今までとはちょっと違うねe-266

    ヌナの時とは扱いが違いますね~。
    純愛ちゃみ★
    ありでしょうか~?

  14. かもめ | URL | -

    ★はぐ**さんへ

    キターー!!ありがとうごじゃいます♪
    叫んでもらえてうれしあ!

    初々しいですね~。なんでしょうね。もういい歳なのに。
    でも、応援しえてもらえるのが一番うれしい!
    ホントにシンデレラガールっすね。この上なく。

    あ・・・あたしの叫びってわかりました?
    今までで一番気持ちがわかるキャラですね。
    やっぱチャミペンです!ユノも好きだけど・・・うひひ。

    これからもはぐ**さんのストライクゾーンねらっていくぞー★

  15. かもめ | URL | -

    ★ゆち**さんへ

    ヌナと別れてる時の設定で書いております。
    「ヌナが頭をちらつく~!」「別れてる時にガチ彼女いたの・・・」っていう読者様、結構いらっしゃいます・・・
    ツライ思いさせて本当にミアネです!

    その設定で話進めてしまっているため変更はできなくてすいません!
    別の話として読んでもらってもかまいませんので・・・
    ホントみあねー!!

  16. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ

    チャミの全てを知りたいですね。
    できれば本人の口から!

    チャミ目線でハル見てもらってマジうれしいっす!
    かわいって!ハル!よかったな~。M**さんから褒めてもらったぞ。

    やっぱり彼女に言わせる知能犯チャミ。
    反則ですね。

    ヌナの時と扱い違って笑えますが、次の話もよろしくです♪

  17. かもめ | URL | -

    ★iluca さんへ

    > このストーリー大好き♪
    > チャミ&ハルがホント可愛くて、なんか生々しいエロの世界より、リアルにドキドキしちゃってます^^
    >
    えろよりもドキドキしますか!
    そう言ってもらえてうれしいです★

    > 『腕を掴む』とか『目が合う』とかそれだけで、キャ~!って感じ^^
    > ポッポはもちょっと先かな~なんて、変に期待しちゃったりして変態な自分^^;
    >
    > 更新が楽しみで仕方がないです♪

    チャミから腕つかまれたい!
    目があったら・・・失明するな。
    ちゅーはどうですかね。
    まさかのチャミの修行僧化!?

    次の話もよろしくでーす★

  18. かもめ | URL | -

    ★ゆ**!さんへ

    そう言ってもらえてうれしいです!
    ハルよかったな~。安心するね♪
    このまま幸せだといいんだけども・・・

    次の話もよろしくです★

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/535-5cfd7905
この記事へのトラックバック