FC2ブログ

もし、チャンミンと出会えたら ep.6

2011年06月19日 17:00

妄想小説第3幕、第6話です。

どのサングラスを持っていればチャミが来てくれるんすか。

教えてくれ!

それではどうぞ~♪




♪~


ガバッ!!

ベッドから飛び起きて光の速さでケータイを拾い上げる。

「あ・・・ちがうや。」

画面を見ると友達からのメールだった。

返信メールを送ってまたベッドに寝転んだ。


最近のあたしはケータイの音に異様に敏感だ。

あの人と電話番号を交換してから1週間。

かかってきたのは1度だけ。

何でも彼はすごく不規則な生活をしているらしく、こっちからかけるような空気じゃない。

だから、ただかかってくるのを待つだけ。

でも、この前かけてきてくれた時は「また連絡する」って言ってくれたし。

結構話も弾んだし。(地味な話題だけど。)

かかってこないかなぁ・・・

そう思いながら本を開く。

声だけでも聞きたいなぁ・・・

自然と襲ってきた睡魔にまた目を閉じてしまった。


♪~


あ・・・鳴ってる。

ユリ返信早いなー。

あれ?

でも、この音は・・・

来たーー!!

一気に眠気が吹っ飛んで、慌ててケータイの画面を見た。


”シム・チャンミン”


「!!!」

待て。ちょっと落ち着け。

寝起きだし、声が変だとマズい。

「あー、あーあー。ごほん!」

よし。

息を整えて通話ボタンを押した。

「はい。」

CM 『もしもし?僕です。』

「・・・こんばんは。」

CM 『遅くにすいません。もしかして寝てました?』

「い、いえ!」

CM 『それならよかった。』

正直言うとちょっとうたたねしてたけど。

CM 『今は学校ですか?』

「今日はうちにいます。」

CM 『そうですか。』

「はい。」

CM 『あの・・・』

「はい?」

CM 『敬語、やめませんか?』

「あ。」

そっか・・・

歳も同じくらいだし。ずっとこのままだと変だよね。

「そうですね。」

CM 『ほら、敬語ですよ。』

「そっちもですよ。」

CM 『あははっ!そうだ。』

電話の向こうから笑い声が聞こえた。

「じゃあ、今から敬語・・・やめるね。」

CM 『うん。』

「あの・・・じゃなくて、あのさ。」

CM 『え?』

「名前、何て呼べばいい?」

CM 『なんてって・・・普通に呼び捨てでいいよ。』

呼び捨て・・・

「チャンミン?」

CM 『うん。』

「チャンミン・・・」

CM 『ははっ!何ですか?』

「あ、敬語。」

CM 『今のは違うでしょ。』

「そうですか?」

CM 『ほら、そっちも敬語。』

「・・・あのね。」

CM 『ははっ!!』

「もーう、やめよ。」

CM 『あ、そうだ。』

「何?」

CM 『明日の夜、大学いる?』

「うん。」

CM 『ひとり?』

「最近は夜は一人だよ。後輩早く帰っちゃうから。」

CM 『そっか。じゃあ、また行っていい?』

「もちろん。お待ちしてます。」

やった!

明日はかわいい服を着て行こう♪

CM 『・・・はい!今行きます。』

「え?」

CM 『あ。ううん、何でもない。』

「今、誰かといるの?」

CM 『うん。』

「もしかして、アルバイト中?」

CM 『あ・・・まぁ。』

「モデルの?」

CM 『うん。』

「遅くまで大変だねー。何に載るの?」

CM 『大した雑誌じゃないよ。』

「ふーん・・・」

まぁ、アルバイトだしそっか。

CM 『じゃあ、明日行くから。』

「うん!バイト頑張ってね。」

CM 『うん。・・・おやすみ、ハル。』

”ハル”

そう言われて電話は切れた。

「・・・・・ハル。」

ちょっぴり放心状態のまま枕にぼふっと顔をうずめる。

なんか・・・顔が熱い。

名前を呼ばれただけなのに。

おやすみって言われたのに、寝れないかも・・・

「あ!」

それなら、いっそのこと明日の課題も早めに片付けちゃおう!

そう思ってベッドから起きあがった。


続く>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「おやすみできるか。」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのランキングボタンぽち♪&拍手&コメントが、ブログ更新のエネルギーです。
いつもありがとうございます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. sanaejj | URL | dqaEB3rQ

    いい感じになってきた

    淡~~い恋の始まりですねe-266

    微笑ましくていいなぁ

    でも、ハル…チャミにはヌナが…って思うと
    もう切ないよe-350

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. mana | URL | -

    こんばんにょん!

    おやすみできない~~~~
    でもおやすみなさい(σω-)。о゜←

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  8. iluca | URL | -

    いい!絶対スキ!

    こんにちは^^
    ハルを勝手に自分に置き換えて読んでますww

    あ~なんかこの設定イイ!!透明感がスキ~♪
    ガツガツしてない似た者同士(?)の2人が好きです♪

    リアルなチャミの恋人もこんな感じがいいな~♪なんて、勝手に思う親心もあったり。。。
    ヤバい、ホントに変態だ←自分。

    次も楽しみにしてますっ!!

  9. かもめ | URL | -

    ★よ*さんへ

    携帯の穴からチャミの声・・・
    たまんないっすね!!
    耳掃除してスタンバリますよね♪

  10. かもめ | URL | -

    ★ha******さんへ

    お久しぶりです~♪
    また初めてしまいました!
    なんとかお付き合いください★
    よろしくお願いいたします♪

  11. かもめ | URL | -

    ★sanaejjさんへ

    > 淡~~い恋の始まりですねe-266
    >
    > 微笑ましくていいなぁ
    >
    > でも、ハル…チャミにはヌナが…って思うと
    > もう切ないよe-350

    だんだんそれっぽくなってきましたねー。
    ほほえましいですね・・・中学生のよう・・・
    ヌナは何をしてるかな~。ミナをあやしてるだろうか・・・
    後で幸せになるので、今はちょっと許してね♪

  12. かもめ | URL | -

    ★は***さんへ

    忙しいのにまたコメもらえれうれしいです!

    いい感じになってきました~。
    ほんと、ヌナの時と扱いがちがうぜ。なじぇ!?
    ちょっぴり中学生っぽいチャミ&ハル。

    水没覚悟でトイレまでケータイもってくは***さんにマンセー。
    名前なんて呼ばれたら確かに瞳孔開くわー。しゃーない。

    ハルかわいいですか!?
    そう言ってもらえてほっとする~。
    東方神起を知らないのはちょっと信じがたいですが・・・

    ダルにしなくてよかったです★
    次の話もよろしくです!

  13. かもめ | URL | -

    ★mana さんへ

    > こんばんにょん!
    >
    > おやすみできない~~~~
    > でもおやすみなさい(σω-)。о゜←

    おやすみできねーよ!って感じですよね。
    でも頑張って寝よう!
    チャミがくる~♪
    夢に出てこい!

  14. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ

    M**さんはお風呂までケータイ持って行きますか!
    あんなん目の前に現れたら頭に住みつきますよ~。

    高校の時のM**さんの遊びすげぇ・・・
    でも、絶対やりたくないっす!落胆が激しすぎる・・・

    今回はタメ語にしてみました★
    とりあえずM**さんがチャミと電話したら耳がなくなって服がちまみれになるんだ・・・危ない!でもわかる!

    チャミ、寝る前に魂抜くのやめてーー!!

    福島でのお手伝い気を付けて頑張ってください!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/527-88d1414f
この記事へのトラックバック