FC2ブログ

もし、ユノとケンカしちゃったら ep.14

2011年05月29日 17:00

以前連載していた「もし、東方神起のマンネになれたら」の続編 第14話になります。

それでは、どうぞ~♪




後ろから聞こえた声に振りかえると、練習室の入り口にオッパが立っていた。

・・・あの日みたいに。


「全然足が動いてないぞ。」

そう言って、オッパが笑いながら入ってくる。

「・・・・・。」

YH 「どうした?」

「いや・・・別に。あ、ジェジュンヒョンは?」

YH 「ちょっとスタッフに呼ばれてさ、もう少し時間かかるから待っててくれって。」

「そっか。オッパはいいの?」

YH 「うん。」

「あのさ・・・覚えてる?」

YH 「ん?何を?」

「えー、この練習室覚えてないの~?」

YH 「ははっ、嘘だよ。覚えてる。」

優しく笑ってオッパが言った。

笑顔は・・・あの頃のままかな。

YH 「少年シン君が身内のコネで夜中使ってた練習室だろ。」

「・・・そーゆー言い方するんだ。」

その通りだけど。

YH 「冗談だって!なつかしいな~、あれから何年たったんだ?」

「そうだね・・・」

今でも思うことがある。

あの時・・・この場所でオッパに会ってなかったら、あたしはどういう人生だったんだろう。

想像もつかないや。

YH 「・・・どうした?」

「え?」

少し感慨にふけっていたら、オッパに顔をのぞかれた。

「あのさ、オッパはあの時なんであたしに声掛けてくれたの?」

思い切って聞いてみた。

YH 「なんでって・・・なんか気になったから。」

「え?」

なんか?

YH 「夜にコソコソ1人で踊ってるし、妙にうまいし。」

あ、褒められた♪

YH 「今思うと、やっぱ女だったからか動きがしなやかだったんだよな・・・」

そう真剣に分析しだすオッパ。

YH 「お前は?俺と初めて会った時、どう思った?」

「え?」

あの時、気付いたら誰かがいて・・・

「・・・怒られると思った。」

YH 「ははっ!」

「だってそうじゃん!びっくりしたもん!」

YH 「そうじゃなくて、初めて話した時。」

初めて話した時・・・

「なんか・・・安心できる人だなって思ったかな。」

YH 「安心?」

「うん。オッパじゃなかったら、初めて会う人とあんな風に話せなかったかも。」

・・・そうだ。

そして、きっと”今”はなかっただろうな。

そう思いながらオッパを見る。

「ん?」

気づいたらオッパが手に何かを持っていた。

「それなに?」

YH 「あ、そうだ。これ。」

そう言って、手に持っていた袋をあたしにくれた。

「・・・何?」

YH 「中見てみろよ。」

「?」

そう言われて中を開けると、CDが入っていた。

「これ・・・できたの?」

中に入っていたのは、オッパ達のカムバックCD。

YH 「さっき行ったら出来てたから1枚もらってきた。」

「きゃーー♪やったぁ!!」

さっそくフィルムを剥がして中を見る。

「おおー!かっこいいじゃーん。」

YH 「誰が?」

「え・・・みんな?」

YH 「そこはとりあえず”オッパ”だろ。」

「あははっ!」

笑いながら2人でサンプルを見る。

「でも、オッパかっこいいね。このメイクすごいイイ。」

YH 「そう?1番?」

「いちばん!」

YH 「ははっ、ありがとうございます。」

「ほんとに・・・よかった。」

ヒョン達5人が並んでいるジャケットを見て、つい本音がこぼれる。

すると、オッパがあたしの頭をそっとなでてくれた。

YH 「いろいろ心配かけて、悪かったな。」

真面目な顔でそう言うオッパ。

「ううん・・・」

ちょっと泣きそうになって、それ以上の言葉は出なかった。

それをごまかすようにペラペラとCDのブックレットをめくった。

「じゃあ・・・早く聞きたいし、車戻ってよっか!」

そう言って袋にCDをしまったら、もう1つ何かが入っているのが見えた。

「ん?」

取り出すと小さい紙袋だった。

中に何かが入ってる。

「これなに?」

YH 「初回特典だって。これもサンプルあったから1個もらってきた。」

「わざわざ?ありがとー♪」

なんだろ?

そう思ってカサカサと袋を振ってみる。

「何?・・・ストラップとか?」

YH 「開けてみれば?」

そう言われて開けてみると、安っぽい紙袋には似つかわしくないものが転がり落ちてきた。

「・・・・・。」

手のひらにのっているそれを見て硬直する。

指輪だ。

・・・すごく、綺麗な。

「これ・・・初回特典?」

真面目な声でそう聞くと、オッパが笑いながら言った。

YH 「ははっ、予算オーバーだって。」

だって・・・

YH 「何だと思う?これ。」

そう言いながら、あたしの手から指輪を拾った。

「・・・・・。」

答えられずに固まっているあたしに、オッパが続けた。

YH 「ツアーが終わったら、事務所に話そうと思ってる。」

「・・・何を?」

YH 「結婚したいって。」

「・・・・・。」

え?

「・・・誰と?」

YH 「は?」

あたしの質問に、真面目に話していたオッパの顔がゆがんだ。

「・・・あたし?」

YH 「他に・・・誰がいるんだ?」

自分で何を言ってるのかがわからない。

YH 「お前は俺と結婚したくないのか?」

「ちっちがう!!」

喰いつくように否定する。

「そんなの・・・したいに決まってるじゃん。」

YH 「それを聞いて安心しました。」

不意打ちに聞かされた”結婚”の言葉に、心臓が聞いたことのないような音で鳴り続ける。

戸惑うあたしを見たオッパが、また少し笑った。

YH 「悪いとは思ってるんだ。」

「え?」

YH 「俺はこういう仕事だから、普通のカップルみたいなことをお前としてやれないだろ。一緒に外も歩けないし、いつも人目を気にしないといけない。結婚だって、自分一人の判断ではできないし、いつOKが出るかもわからない。」

「それは・・・」

YH 「でも、俺が必ずお前を幸せするから。」

その言葉に思わず顔をあげる。

真剣な顔のオッパと目が合った。

YH 「だから・・・俺のそばで、よそ見しないで待ってなさい。」

「・・・・・。」

YH 「結婚しよう。」

・・・どうしよう。

感情が溢れてきて声が出せない。

これは・・・夢じゃないんだよね。

YH 「あ~、ちゃんと返事する前に泣くなよ。」

あたしの顔を見てたオッパが困り顔で言った。

「うぅ・・・」

だって・・・もう、うれしすぎて息ができない。

一生分の幸せを使い切ってしまったんじゃないだろうか。

涙が止まらないあたしを、オッパがゆっくり抱きしめた。

YH 「・・・返事は?」

頭の上からオッパの優しい声が降りてきた。

「・・・・・っく。」

YH 「シン。」

「・・・・・はい。」

YH 「よろしい。」

「うぅ・・・」

涙も拭かずにオッパの胸に顔をうずめる。

せっかくの綺麗な服が汚れちゃうかもしれないな。

でも、今日ぐらいは許してくれるよね。

そう思いながら、オッパにしがみついて泣き続けた。


続く>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「そんな初回特典ありか。」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのランキングボタンぽち♪&拍手&コメントが、ブログ更新のエネルギーです。
いつもありがとうございます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. sanaejj | URL | dqaEB3rQ

    やっぱし…

    とうとうユノ決心したんだねe-349

    そりゃそうだよね シンがあんな目に会っちゃあね
    この先シンを守るためには一緒にいなきゃ

    とうとう2人が…
    なんか感慨無量だなぁe-266

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. ワタマロン | URL | -

    お初です!!!

    初めまして!!
    もうこのブログ見つけたとき
    めっちゃ嬉しかったんですよ!!

    ずっとかくれトンペンを探してたので・・・
    私も家族には内緒な感じなのでww

    これからも読ましていただきます!!

    ふう優しいオッパいいなぁ笑))
    ではつづき待ってまーす!!

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  8. かもめ | URL | -

    ★ゆ**さんへ

    泣いてもらってありがとうごじゃいます!
    シンもうれしくて泣いてます!

    こちらこそ、お付き合いいただいてうれしあー♪
    次の話もお願いいたします★

  9. かもめ | URL | -

    ★ク*さんへ

    プロポーズ、こう来てみました。
    バーユノよかったな!ク*さん泣いてくれたよ~!
    ありがとうごじゃいます★

    そんな風に言ってもらえてうれしいです!
    次の話もよろしくです♪

  10. かもめ | URL | -

    ★sanaejj さんへ

    > とうとうユノ決心したんだねe-349
    >
    お待たせいたしました!
    ついに決心したバーユノ!

    > そりゃそうだよね シンがあんな目に会っちゃあね
    > この先シンを守るためには一緒にいなきゃ
    >
    > とうとう2人が…
    > なんか感慨無量だなぁe-266

    そう言ってもらってありがとうごじゃいます~♪
    とうとう2人がゴールイン★
    ユノに一生守ってもらえるとかうらやましすぎるー!!

  11. かもめ | URL | -

    ★よ*さんへ

    泣いてもらってもらえてうれしいです!
    ユノ男前~♪
    あんなこと言ってもらいたいセヨ★

  12. かもめ | URL | -

    ★ワタマロン さんへ

    > 初めまして!!
    > もうこのブログ見つけたとき
    > めっちゃ嬉しかったんですよ!!
    >
    こちらこそ、コメントいただけて本当にうれしいです!
    ありがとうごじゃいます★

    > ずっとかくれトンペンを探してたので・・・
    > 私も家族には内緒な感じなのでww
    >
    > これからも読ましていただきます!!
    >
    ワタマロンさんも隠れトンペンですか!
    仲間だぁ♪
    いっしょにコソペンがんばりましょ★

    > ふう優しいオッパいいなぁ笑))
    > ではつづき待ってまーす!!

    優しいオッパたまんないっすね!
    次の話もよろしくお願いいたします★

  13. かもめ | URL | -

    ★は***さんへ

    焦らしプレイが成功したようでうれしいです♪
    一緒に昔を思い出してもらえてあざっす!
    そういえば修行僧してたなぁ・・・バーユノ。かわいそうだった・・・
    ユチョンや夢とはいえチャミとも絡みよって!
    うらやましすぎる!!

    「リアルユノは、こんな気のきいた演出できるとは思えないけど」に爆笑!
    リアルユノはまだプロポーズすんなよ!
    紙袋に指輪いれんなよ!

    また5人でっていう設定、正夢ならぬ正妄想になれやー。

    ドリコンのURLあざっす!
    今からユノミノの浮気現場見に行ってきます!
    記者会見動画も探そ~★

    いつも爆笑コメントあざっす♪大好物ですー★

  14. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ

    シンと一緒に思い出してもらってうれしあー★
    カムバCDもらって真っ先にチャミ褒めるM**さんマンセー!

    初回特典にそんなのついてるんだったら死に物狂いで手に入れますよね!
    バーユノにキャパオーバーしらもらってあざっす!
    あんなん言われたら視界ユノのみになる♪

    シン、M**さんに消されないようによそ見だけはやめようね。

    今日のめざましなんとか見れました!
    ホミンじゃぱんにいるの!?帰したくない・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/506-8c4a60e3
この記事へのトラックバック