FC2ブログ

もし、ユノとケンカしちゃったら ep.10

2011年05月25日 17:00

以前連載していた「もし、東方神起のマンネになれたら」の続編 第10話になります。

バカップルなんとか仲直り★

それでは、どうぞ~♪




♪~

隣から聞こえるケータイの着信音に目を覚ます。

YH 「ん・・・・・」

ふと見ると、布団から起き上がってケータイを眺めているシンがいた。


YH 「・・・出ないのか?」

鳴り続けるケータイをただ見ているシンに声をかける。

「あ・・・ごめん、起こした?」

YH 「いいけど。・・・どうした?」

ちょっと様子が変だ。

「知らない番号からで。」

少し不安そうにシンが言った。

それで出ないのか。

「もしかしたら・・・」

YH 「昨日の男か?」

そう聞いた時、着信音が切れた。

「あ、切れた。よかった・・・」

YH 「番号教えたのか?」

「教えてないよ!でも、昨日何も言わずに帰って来ちゃったし・・・もしかしたら父さんとかに聞いたのかも。」

YH 「・・・・・。」

そう話していると、もう一度着信音が鳴った。

YH 「同じ番号か?」

「うん。」

YH 「ちょっと貸せ。」

「え?」

シンの手からケータイを取って、通話ボタンを押した。

「ちょっ!!」


セコ 『もしもし?シンちゃん?』


男の声。日本語。

”シンちゃん”?

電話を離してシンに聞く。

YH 「昨日の奴か?」

そう聞くと、シンがゆっくりうなずいた。

YH 「こいつ韓国語話せるか?」

「あ・・・少しならわかるみたい。」

YH 「そうか。」

そう話してる間も、電話口から声が聞こえてくる。

セコ 『シンちゃん?俺だけど、昨日どうし・・・』

YH 「”オレ”って誰ですか?」

セコ 『・・・・・。』

電話口の声が止まった。

YH 「シンは誰かさんのせいでフラフラで帰ってきましたけど、幸いなんともないです。次から観光案内は旅行会社に頼んでください。」

セコ 『・・・・・はい。』

YH 「じゃあ、二度とかけてくるな。」


ブチッ。


・・・ふぅ。

これぐらいで許してやろう。

ふと見ると、目を点にしてシンがこっちを見ていた。

YH 「はい。これで大丈夫だろ。」

「・・・ありがとう。」

シンが俺の手からケータイを受け取る。

YH 「その番号、念の為着信拒否しておけよ。」

「うん。」

返事をしてその場で設定する。

ほっとした顔でケータイを置くと、もう一度ベッドに入って来た。

YH 「起きなくていいのか?」

「だってまだ眠い・・・あと5分・・・」

そう言いながら俺の肩に頭を乗せて目をつむる。

シンの首にかかっているネックレスが目に入ってなんとなく手に取った。

YH 「そろそろ防虫効果が切れてきたか・・・」

「え?」

YH 「いや、なんでもない。」

「?」

YH 「あ。」

そういえば大事な事を思い出した。

ベッドの下に落ちていた自分のケータイを拾う。

画面を見るとメールが数件来ていた。

それを開いて確認する。

YH 「・・・シン。」

「んー?」

YH 「来週の休み、いつだ?」

「え?」






YH 「ふぁ・・・」

リハーサルの休憩中。

JJ 「眠いの?」

数回目のあくびをしてるユノに話しかける。

YH 「あぁ・・・ちょっと寝不足で。」

YC 「ヒョーン、やっぱり昨日はあさ・・・んがっ!」

CM 「なんでそう余計な事言うんですか!」

さっそく絡もうとするユチョンを後ろから阻止するチャンミン。

YH 「昨日いろいろあって・・・」

JJ 「そーなの?またあいつなんかやらかしたの?」

YH 「うん。・・・はぁ。」

溜息かよ。

JS 「何があったの?」

YH 「それが・・・」

JJ 「ん?」

YH 「いや・・・済んだ事だからもういい。」

JS 「何ー、そう言われると気になるじゃん!」

YC 「(後でシンに聞くか・・・)」

YH 「それより、みんなに話があるんだけど。」

CM 「なんですか?」

YH 「実は・・・」

ユノが話しかけた時、スタッフから声がかかった。

YH 「あ・・・後でいいや。」

JJ 「何?大事な話?」

YH 「うん。今日のスケジュール終わったら、ちょっと聞いてほしい事があるから。」

そう言い残して、ユノはスタッフと先に行ってしまった。

JS 「なんだろね。」

JJ 「・・・・・。」

不思議に思いながらも、俺達もリハーサルに向かった。


続く>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「あたしにも聞かせて。」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのランキングボタンぽち♪&拍手&コメントが、ブログ更新のエネルギーです。
いつもありがとうございます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. sanaejj | URL | dqaEB3rQ

    えーーーーつまさか((((;゚Д゚))))

    ユノくん決心しちゃったの?

    シンといよいよe-497e-272e-339

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. かもめ | URL | -

    ★sanaejj さんへ

    > ユノくん決心しちゃったの?
    >
    > シンといよいよe-497e-272e-339

    決心しちゃったんですかねー!?どうなんだ、ユノ!
    いよいよ***なのかな~♪
    そうだといいな、シン!

  6. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ

    セコ、殺されたくなかったらおとなしく電話切りなさい。
    ユノにガツンと言ってもらいたーい♪
    あいかわらず「代われ!」なシンですんません!
    ユチョンに教えてくださってあざっすー★「やることやって」のくだり爆笑!

    ユノ、どうするんすかね!
    大した展開待ってないですが、次の話もおねがいしまーす♪

    少女時代のCM楽しみっす!

    ホミン参加のライブイベント映画館で見れるんだ!
    大画面ホミン見たいなぁ。

    エイネチケット・・・そんなに争奪戦なんすか!?
    絶対にホミン効果のような気がする・・・
    どうかM**さんの上にまた東方の神こい!

  7. かもめ | URL | -

    ★よ*さんへ

    頼もしいユノいいですよね!
    守られたーい★
    限定、なんとかねじりこむか考え中です・・・

    ユノ、何を決心したの?

    ゆちょ&チャミの絡みいいですか?
    うれしあ♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/501-a0ff3ae5
この記事へのトラックバック