FC2ブログ

復活!妄想★ もし、チャンミンがパパだったら 特別編3 ep.2

2011年04月30日 17:00

以前連載していた「もし、東方神起のマネージャーになれたら」の続編 第2話になります。

日本での出産を希望しているっぽいヌナ。

許しは出るのでしょうか。

それでは、どうぞ~★




ミナを寝かしつけてチャンミンの帰りを待つ。

今朝は怒り狂ったまま出勤して行ったチャンミン。

いくらか怒気が抜けて帰ってくるといいんだけど・・・

そう思いながら待っていたら、玄関から音がした。


ガチャガチャ・・・


「!」

帰ってきた!

慌てて玄関に迎えに行く。

「お、おかえり!」

靴を脱いでいたチャンミンがあたしの言葉に顔を上げた。

CM 「ただいま。」

そう言ってニコっと笑う。

お・・・怒ってない。

よかった・・・

少し安心しながら2人でリビングに行く。

仕事中に冷静になってくれたのかな。

「あの・・・今朝の話だけど。」

そう口にした途端に、チャンミンの表情が変わった。

CM 「まだ言いますか。」

う・・・

「でも!」

CM 「今の病院不安なんですか?それなら他にもっといい所を僕が探します。」

「そうじゃなくて・・・」

CM 「ヌナのお母さんを呼んでもいいです。言葉が不安なら通訳付けます。」

「いや・・・」

CM 「それじゃあ何が不安なんですか!?」

もうすでに青筋が立ってるチャンミン。

でも、ひるんじゃだめだ!

「出産もそうだけど、産んでからもしばらくは夜泣きもひどいしチャンミンにはつらいと思う。だから、少し落ち着くまで向こうで・・・」

CM 「夜泣きって・・・野良犬が泣いてるわけじゃあるまいし。自分の血を分けた息子をうるさいなんて思いませんよ!」

「そうかもしれないけど・・・」

CM 「・・・ヌナ。」

「はい。」

返事をすると、チャンミンにゆっくり抱きしめられた。

CM 「何がそんなに不安なんですか。僕がいるのに。」

「・・・・・。」

”僕がいるのに”と言われても。

君は男性だし・・・

CM 「大丈夫です。いざという時は僕のお母さんもいるし、何も心配いりません。」

それを言われると・・・

CM 「だから、こっちで産みましょう。ね?」

体を離して目を見つめて念押しされる。

「・・・・・はい。」

また、丸めこまれてしまった。

CM 「そういえば!名前の候補少し絞ってみました。どうかな・・・」

そう言ってバックからノートを出すチャンミン。

ページを開くとチャミ太の正式名候補がびっしり。

まぁ、なんとかなるのかな・・・


続く>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「ヌナふぁいてぃん!」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのランキングボタンぽち♪&拍手&コメントが、ブログ更新のエネルギーです。
いつもありがとうございます♪
※現在コメント返信はお休みしていますが、いただいたコメントは全てありがたく読ませていただいております!!
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. hiro | URL | -

    わーい このシリーズ好きだな~ 
     楽しみ~ 
     嬉しい~ 

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/466-7b2edcb7
この記事へのトラックバック