FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし、東方神起のマンネになれたら ep.65

2010年11月30日 17:00

妄想小説第2幕、第65話です。

ユチョン、シンなんて言ってんの?

それでは、どうぞ~♪

ちなみに、今までのストーリーはこちら




駐車場にある俺達の移動車に向かう。

車の横でシンが待っていた。


俺に気づいて気まずそうにこっちを見る。

YC 「久しぶり。」

「・・・うん。急にごめん。」

YC 「とりあえず、乗れ。」

そう言って2人で移動車に乗り込んだ。

カーテンを閉めてシンに話しかける。

YC 「お前・・・今日、仕事は?」

「今、空き時間で。ここのすぐ近くで撮ってて・・・」

メイクしてるシンの顔を見たら、なんとなくわかる。

YC 「さすがにマズいって・・・わかってるよな。」

俺がそう言うと、シンがゆっくりうなずいた。

YC 「会えなくてつらいのわかるけど、ヒョンも仕事してんだから。お前だって抜けて来てんだろ。」

「・・・はい。」

YC 「一応、今ユノヒョン来るけど・・・顔だけ見たらヒョン返せよ。お前も早く自分の仕事場戻れ。」

「・・・わかった、ごめんなさい。」

少し泣きそうな顔でシンが言う。

俺だって、こんなこと言いたくないけど・・・。

そう思っていたら、車のドアが開いた。

YH 「はぁっ・・・シン!!」

走ってきたみたいだな。

俺が一旦車から降りる。

YC 「シン、ここの近くの仕事場から抜けてきたらしい。俺からも言っといたけど・・・ヒョンからも言っておいてね。」

YH 「・・・わかった。悪いな。」

そう言って俺は車を離れた。





休憩に入ったらジェジュンに廊下まで呼び出された。

”シンが駐車場に来てる”

全速力で走って移動車に向かった。

ドアを開けると、ユチョンと一緒に気まずそうな顔のシンがいた。

入れ替わりで俺が乗り込む。

念のためドアに鍵をかけた。

「・・・ごめんなさい。」

シンが下を向いたまま謝る。

YH 「仕事場に何時まで戻らないといけないんだ?」

「あと・・・30分くらい。」

YH 「お前・・・」

「ごめんなさい!でも・・・あたし明日からしばらく海外だから、その前に少しでも会いたくて・・・」

そう言って顔をあげたシンは、もうすでに涙目になってた。

YH 「・・・そんな目で、仕事に戻れるのか?」

目じりにたまった涙を拭いて、冗談交じりに言う。

すると、シンがやっと笑った。

ほんとに・・・シンだ。

メイクしてる。すごく綺麗だ。

・・・マズい。

触るつもりなんてなかったのに。

「おっぱ・・・んっ・・・」

気づいたら・・・キスしてた。

でも、我慢できなかった。

深くなる前にシンを離す。

YH 「・・・はぁ」

頭を・・・冷やさないと。

そう思ってたら、シンの手が俺に触れた。

「オッパ・・・もっとして?」

俺のほほに手を伸ばしてシンが言う。

戻らないといけないのに。

理性が・・・本能に勝てない。

シンをそのままシートに押し倒した。




貪るようにキスをする。

ここは移動車で、俺達は仕事中。

わかってる。

でも、ダメだってわかってるのに・・・止められない。

頭が真っ白になっていく。

シンの服に手を入れた時、ケータイが鳴った。

YH 「!!!」


♪~


この音は・・・俺じゃない。

シンがポケットからケータイを出す。

画面を確認して・・・電源を切った。

YH 「おい!」

「いいから。」

YH 「お前・・・良くないだろ!」

きっと仕事場からだ。

「いいって!!」

シンの大声に少し驚く。

「して・・・オッパ。」

涙目ですがるようにシンが言う。

そんな風に言われたら・・・止められない。

もう一度、シンの上に覆いかぶさった。


ドンドンッ!


YH・シン 『!!!』

ドアをたたく音に我に返る。

YC 「ヒョン?まだシンいるの?」

・・・ユチョンだ。

2人でガバッと起き上がる。

ユチョンの声で頭が冷静になった。

こんなの・・・ダメだ。

服を整えてからドアを開けた。

YC 「もう戻らないとヤバいよ。シンも、自分の仕事場もどれ。」

「・・・うん。」

そう言ってシンが車を降りる。

「急に来てごめんなさい。・・・また、連絡するから。」

力なく微笑んでそう言った。

YH 「ああ・・・」

「ユチョンヒョンも、迷惑掛けてごめんね。もう、こんな風に来ないから。」

YC 「気をつけて戻れよ。」

ユチョンの言葉にうなずくと、小走りでシンは帰っていった。

移動車に鍵をかけて、2人でスタジオに戻る。

YC 「ヒョン、唇にシンのリップ付いてる。」

YH 「え?」

ユチョンに言われて慌てて唇をぬぐう。

・・・ホントだ。

YC 「こんなんで・・・いいの?」

ユチョンが俺に言う。

YH 「・・・俺、ちょっとトイレ寄っていくから。」

そう言って、ユチョンと別れてトイレに向かった。

洗面台で顔に付いたシンの痕を落とす。

ユチョンの言葉が頭の中に残ってる。


・・・わかってる。

でも、どうすればいいのか分からない。


困惑した頭を冷やすために、もう一度顔を洗った。


続く>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「ゆちょーん、ユノ悪くないんだってー。誘ったのシンだってー。」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします!
もしコメントもらえたら、トンで飛んで喜びます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ

    そうですよね。ユチョンに叱られてもしょーがないよ、シン!
    まともなこと言うユチョンに違和感あります?
    うちのバーチャルユチョン、結構そういうとこもあるんですね。(お前が言うな)

    ガッつき始めたシンちゃん、びっくり。
    だからユノ今回あんま悪くないのよ、ゆちょーん。

    あたしも早くラブラブな2人が見たいよー。(お前のさじ加減だ)

    どうしてチャミはM**さんにいつもそんな仕打ちを・・・
    あれ、Graziaのせい?

  4. かもめ | URL | -

    ★よ*さんへ

    そうですよね、今回はユチョンが正解!
    いつも気を使わせます!
    なんとか会う方法ないのかな~、お2人さん。

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. miyu | URL | -

    切ないです

    切ないですね・・・
    心臓いたいです・・・
    でもユチョンが言うこと納得できます・・・。

    どうか離れていても心はひとつって信じて愛し合ってほしいです(;;)
    でもシンい迫られたらそりゃ理性は効かないよね・・・おっぱー(泣)

  7. かもめ | URL | -

    ★は**さんへ

    そうですよね。ああ、妄想だから許される。(ほんとか)
    脳内変換してもらわないとしんどいと思うので、これからもよろしくでーす★
    顔洗って鏡見るユノ・・・たまんないっすね。

    空港写真の件、日本でぐらいは安心して歩いて欲しいですね。
    有名税とはいえ、あれはしんどいですよね・・・。

    マルキューの広告、今は少女時代なんだ!
    めったに渋谷に行く機会はないんですが、ぜひ載ったら教えてください♪むふ★

  8. かもめ | URL | -

    ★miyu さんへ

    > 切ないですね・・・
    > 心臓いたいです・・・
    > でもユチョンが言うこと納得できます・・・。
    >
    ユチョン、たまにはまともなこと言う。
    フォローもあざっす。バーチャルユチョン。

    > どうか離れていても心はひとつって信じて愛し合ってほしいです(;;)
    > でもシンい迫られたらそりゃ理性は効かないよね・・・おっぱー(泣)

    ホントですね。なんとか乗り越えてほしい!
    理性効かないおっぱーも萌え★

  9. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  10. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ

    本当に、ほんとーにいつもながらありがとうごじゃいます★
    私のPCはトンの公式HP行くとポップアップ自動でロックしちゃうので、自分で行っても気づきませんでした!
    マジ感謝です!!

    新米ペンの浅ーい感想を早速1記事アップしちゃいました!
    今日は遅番ですか?
    本屋in Graziaチャミに滑り込み予定でしょうか・・・。
    どうか間に合いますように!!

  11. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  12. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ

    いつもながら激務のM**さん、勤労感謝!!
    朝チャミ・・・すごそう。元気出るのか?それとも持ってかれるのか?

    インタビュー・・・読みたくねーー!!
    いろいろうらやま死。チャミの口から発言された方全てうらやま死。

    えっ・・・フリーザ様と悟空さいらっしゃるんですか?
    きゃーーー★
    おすすめのお土産で「じゃがぽっくる」ってのがあるんで、M**さんのために買っていってほしい!
    カルビーのじゃがビーを、さらに旨くしたやつです♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/244-7ff85998
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。