FC2ブログ

もし、東方神起のマンネになれたら ep.60

2010年11月25日 17:00

妄想小説第2幕、第60話です。

邪魔も入らずよかったね~、バーユノ。

それでは、どうぞ~♪

ちなみに、今までのストーリーはこちら




バタン

「・・・んぁ?」

下のキッチンから飲み物を取ってきたら、ちょうどシンが目を覚ました。


布団にくるまったままこっちを見る。

YH 「悪い。冷蔵庫勝手に開けて持ってきた。」

「んん・・・いいよ。ありがと。」

そう言って、タオルケットを体に巻きつけてむくっと起き上がった。

「そういえば・・・家着は持ってこなかったのに、そーゆーのはちゃんと持ってきたんだね。」

お茶を両手で持ちながらシンが言う。

そういうのって・・・アレのことか。

YH 「・・・まぁ。大切なことだし?お前絶対持ってないし。」

持っててもなんか嫌だけど。

「ふぅん・・・」

シンが時計を見る。

「あと・・・何時間ぐらいかな、一緒にいられるの。」

そうつぶやいて下を見る。

そんなこと言うなよ。

ゆっくり近づいて、タオルケットごと抱きしめる。

YH 「なんか、寝るのもったいないな。」

「ははっ・・・そうだね。」

そう言いながら、シンも俺の背中に手を回す。

次こんな風に抱きあえるのはいつだろう。

YH 「朝まで・・・する?」

「やだよ~、死んじゃうもん。さっきも死ぬかと思ったもん。」

YH 「お前な・・・」

「こうやってオッパの体温感じるだけでいいもん。」

そう言ってシンが俺を見上げる。

ヤバい。・・・もうしたいかも。

そう思って、シンの髪に手を入れた。


プルルルルッ!


『!!!』

突然、廊下から電話の呼び出し音が聞こえた。


プルルルルッ・・・プルルルルッ・・・


「あ・・・家電!」

そう言って、タオルケットを引きずりながらシンが部屋を出る。

その後をこっそり付いて行ってみた。

『もしもし。あっ、父さん?』

そっか。日本語だよな。

『うん、大丈夫だよ。うちにいるよ。そっちは?楽しい?・・・そうだよね、晴れてよかったね!』

少しだけど聞き取れる。両親からかな?

『今日は・・・と、友達が!泊りに来てくれて・・・うん、さみしくないよ。』

”友達”・・・って言ったか?今。

まぁ、男連れてきてるとは言えないか。

『明日はあたし帰るの夜だから・・・うん、レッスン。じゃあね、お母さんにも・・・うん。じゃあ・・・』

そう言って、シンが受話器を置いた。

振りかえって俺見て、少し驚く。

「い、いたの?」

YH 「俺・・・お前の友達なんだ。」

「う。」

ちょっとすねた風に言って、シンを困らせてみる。

YH 「シンは~、友達とこうゆうことするんだ~。」

そう言いながらシンの部屋に戻る。

「ご、ごめん!父さんにはまだ言ってなくて・・・」

焦りながらシンが俺を追いかけてくる。

部屋に入ってベッドに突っ伏した俺にシンがすがりつく。

「ごめ~ん!だって・・・言えないよぉ。」

ははっ、かわいい。

YH 「じゃあ、キスして?」

「へ?」

YH 「キスしてくれたら許す。」

ちょっと困り顔をしたシンが、意を決したようにこっちを見た。

「わかった。オッパ、目つむって。」

そう言われてゆっくり目を閉じる。

肩にシンの手の感触を感じてすぐ、唇にあったかいものが触れた。

持ち主の腰をつかんで、ベッドに引きずり込む。

「うぁっ!!」

YH 「ははっ、引っかかった。」

「え?もうするの?」

YH 「時間置くとまたつらくなるぞ?」

「そ、そうなの?」

YH 「・・・・・。」

こいつ、素直すぎて危ない。

「じゃあする!どうぞ!!」

そう言ってまた目をつむる。

ありがたく・・・いただきます。


続く>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「お父様、何か察知したか?」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします!
もしコメントもらえたら、トンで飛んで喜びます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. かもめ | URL | -

    ★は**さんへ

    シンはやっぱ花開いたか・・・よかったな。ってか開くわ、ユノ相手だったら開くわ。
    バーユノ!シンからNO出たらは**さんが受けて立ってくれるって!!

    おお!「share the world 」ですか!
    確かにあるかも・・・
    んで、「君がいれば」めっちゃすきです・・・。いいですよねぇ。
    ユチョンのBeeTVドラマ、この曲にすべて持ってかれてた。
    泣けますよね!!

    ツイの情報マジですかー!!!
    ホミンの袴とか・・・出血多量。鼻血で。

  7. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ

    湧き出てくる月末の仕事・・・お疲れ様です!!
    夜間手当たくさんつけてあげてー!

    ホミン帰ったかぁ・・・
    おいしいもの、食べてってくれたかなぁ。(そればっか)
    最新情報ありがとうごじゃいます♪
    いつもお仕事お疲れ様ですー★

  8. かもめ | URL | -

    ★ぬ*さんへ

    そうですよね。もう1時間早ければもっとおもしろいことに・・・
    あー、バーユノSなのかな?そうかもしれない!今度聞いてみるか。
    素直だからからかいたくなるってのはあるかもな~。

    いつもながら、細かい配慮ありがとうごじゃいます!
    あー、大丈夫かな?心配だな・・・
    言ってこようかな!

  9. かもめ | URL | -

    ★よ*さんへ

    死にたいですね。ユノで。本望ですよね!!
    ラブラブでよろしいことで・・・

    褒めていただいてうれしあですーー★

  10. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ

    ありがとうごじゃいます!ユノに持たせてくれて!
    朝まではきついという正直なご意見マンセー。
    死んじゃうもんですよね。いろいろすごそうで。
    「何その嬉しすぎるリクエスト!罰にもなんねぇし!」に爆笑!確かにそのとーりー★
    バーユノのちょっと曲がった教え。無知って罪・・・。

    Grazia編集部の煽りにのった方がいいですよね!
    「愚民よ、今こそ立ち上がれ!」に200点♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/232-a7837911
この記事へのトラックバック