--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急特別企画 もし、チャンミンに・・・プロポーズされたら!

2010年11月13日 17:00

昨日お知らせしたとおり、今日は緊急差し込み企画”バーチャルチャンミンのプロポーズ編”です。

妄想小説第1幕「もし、東方神起のマネージャーになれたら」シリーズの特別編になります。

以前のストーリーではさらっと流された、バーチャミのプロポーズ。

カスッカスの脳みそでぎゃんばって書いたら・・・すっごい長くなりました。

携帯の方、見れるかな?(もし途中で切れたら連絡ください!!)

それでは、よろしくおねがいしまーす♪

ちなみに、過去のストーリーはこちら




「じゃあ行ってきまーす。」

ミナを連れて家を出る。

今日は久しぶりに東京でチャンミンと会う。

あたしの隣のミナは、それはもう上機嫌。

今日もチャンミンにもらった服を着て、窓の外を見ながらルンルンで歌を歌ってる。

あたしもチャンミンにもらった服を着て向かう。

なんか”絶対着てこい”って言われたけど・・・ちょっと高そうな服だ。

上機嫌なミナをよそに、あたしは少し気が重い。

なぜかと言いますと、とても大切なものを失くしてしまったのです。

それが・・・チャンミンにもらった指輪。

・・・まずいよ。

あー、どうしよう!!!

前にチャンミンに会いに行った時にたぶん失くしたんだ。

帰りの新幹線の中で気づいて必死に探したけどなかった。

駅にもホテルにも連絡したけど、落し物にはなかった。

もしチャンミンが拾ってたら連絡くれるはずだから、確認してない。

っていうか・・・言いづらい。

あぁ・・・

あの日は、ミナが朝ちょっと体調崩してバタバタしてたから・・・

どうしよう。

今日、正直に言った方がいいよね。

ああ・・・気が重い。

駅に着いてからチャンミンが指定したホテルにタクシーで向かう。

窓の外を眺めてたミナが、あたしの服を引っ張った。

ミナ 「おんまぁ!見て見て~。あの人アッパにそっくりぃ!!」

「え?」

ふとミナの視線の先を見ると・・・ご本人の広告。

反射的にミナの目をふさぐ。

ミナ 「オンマー!何するのぉ?」

「あー、似てるね。世の中には人がたっくさんいるから、アッパに似てる人もいるんだよ。」

ミナ 「そっかぁ・・・」

この嘘もそろそろ限界かも。

そう思っていた時、ちょうどホテルに着いた。

今日はめずらしく、チャンミンが先にホテルに入ってるって連絡があった。

オフみたいだ。

ホテルに入って連絡をもらっていた番号の部屋に向かう。

エレベーター内のミナは、すでにテンションがMAX。

あたしは・・・首にしっかりストールを巻きつける。

よし、とりあえずはバレないだろう。

タイミングを見て告白しよう。

鏡でチェックしてからドアをノックすると、数秒で扉が開いた。

CM 「いらっしゃい。」

ミナ 「あっぱぁ~!!!」

笑顔で迎えてくれたチャンミンにミナが全力で飛びつく。

抱き上げてもらってキャッキャと笑うミナ。

CM 「お疲れ様。」

そうあたしに笑いかけるチャンミンは、なんか少し綺麗な格好してる。

「どうしたの?今日も仕事あったの?」

そう聞くと、チャンミンがクスッと笑った。

CM 「違いますよ。今日は大切な日なんで。」

「・・・え?何の日だっけ?」

うーん、と考えるけど・・・心当たりがない。

誕生日でもないし、記念日でもない。(っていうか、記念日らしい記念日なんて覚えてない。)

まぁ、いっか。

それより・・・例の件を。

「あのっ!・・・チャミナ。」

CM 「はい?」

「えっと・・・あの・・・」

CM 「どうしたんです?」

言え・・・言うんだあたし!!

ミナ 「あっぱぁ!このお洋服ありがとう~!!」

あ・・・・・

ミナがそう言うと、チャンミンが抱き直して笑いかける。

もう少し後でいいか・・・






ホテルマンが夕食を片づけて出て行った。

今日のルームサービスは・・・なんかものすごく豪華だった。

何か変。おかしい。

どうしたんだ?チャンミン。

本当に今日は”大切な日”なのかな・・・

でも、何の日か思い出せない。

食事を終えて一息ついた頃、思い切ってチャンミンに聞く。

「チャミナ、今日って何の日だっけ?」

CM 「え?」

「いや・・・どうしても思い出せなくて。あたしに関係あること?」

そう言うと、ははっとチャンミンが笑った。

CM 「そうですよ。」

ミナを抱き上げてこっちに来るチャンミン。

CM 「今日は大切な話があるんです。」

チャンミンが改めて座り直した。

ミナ 「大切なお話?」

CM 「うん。ミナも一緒に聞いてくれる?」

ミナが大きくうなずく。

・・・なんだ?

ミナとあたしが2人で座ると、チャンミンが奥に何かを取りに行った。

戻ってきたチャンミンがテーブルの上に出したのは・・・指輪のケース。

あ。

そういえば、言わないと・・・あのこと。

「あの・・・ちゃみ・・・」

そう言いかけた時に、チャンミンが指輪の箱を開けた。

「!!!」

びっくりしてるあたしの顔を、チャンミンが覗きこむ。

CM 「失くしたと・・・思いました?」

あの指輪。

2つ綺麗に並んで入ってる。

ミナ 「オンマのだぁ!」

「チャンミンが拾ってくれたの?」

そう思ってチャンミンの顔を見る。

・・・これは、違うな。

よく指輪を見ると、新品みたいに綺麗になってる。

少ししたら、耐えかねたようにチャンミンが笑いだした。

CM 「食事中も・・・ずっとそのストール付けてるし・・・あははっ!!」

この男・・・

人の気も知らないで!!

「失くしたと思ってずーっと気にしてたんだよ。持って行ったならそう言ってくれればいいじゃん!!」

はぁ・・・信じられない。

でも、なんでこんなことするんだろう。

そう思って顔を上げると、チャンミンが真剣な顔に戻ってた。

なんだ?

「どうしたの?」


CM 「ヌナ、僕と結婚してください。」


・・・・・。

え?

突然の言葉にフリーズする。

CM 「事務所から許可が下りました。今すぐじゃないですけど、話し合って入籍の時期も決めました。」

「・・・本当に?」

いつのまに・・・

CM 「2人を僕が絶対に幸せにします。」

うそ・・・

CM 「僕と、結婚してくれませんか?」

その言葉にもう一度チャンミンを見ると、やっぱり真剣な目。

どうしよう。

なんか、心臓が鼓動が速すぎて・・・”はい”の一言が出てこない。

CM 「・・・してくれないの?」

ミナ 「するぅ!!」

「!!!」

あたしの沈黙に我慢できなくなったミナが、代わりに返事をする。

ミナ 「する!するよね?オンマするよね?」

「・・・・・はい。」

チャンミンじゃなくてミナに返事をしてしまった。

ミナ 「やったぁ!よかったねアッパ!!するって!」

CM 「まぁ・・・いいか。」

少し笑いながら、チャンミンが指輪を箱から外す。

CM 「じゃあ、手を出して?」

チャンミンの言葉に、震えかかった手をゆっくり差し出した。

そっと指輪をはめるチャンミン。

ミナ 「あー!きれい!!」

ヤバい・・・

さすがに泣きそう。

そんなあたしに、チャンミンが指輪の箱を渡す。

箱にはもう一つの指輪。

たどたどしい手つきで、チャンミンの手を取って指輪をはめた。

ミナ 「いいなー、オンマ。ミナもほしい~。」

CM 「じゃあミナにも今度買ってきてあげる。」

ミナ 「ほんとーに?やったぁ!」

改めて手を見る。

見慣れた指輪が・・・すごく奇麗に見える。

CM 「何か変わったところ、気がつきませんか?」

「え・・・キレイにしてくれたんでしょ。」

そう言うと、クスッと笑うチャンミン。

まだ・・・何かあるのか?

もしかして・・・

指輪をはずして内側を見てみた。

何か・・・文字が掘ってある。

「・・・!!」

その言葉を見た瞬間、涙腺が決壊してしまった。

ミナ 「お、おんまぁ?」

突然泣き出したあたしにミナが驚く。

ミナ 「どうしたの?いぢめられたの?」

CM 「ははっ・・・違うから大丈夫だよ、ミナ。」

席を立ったチャンミンが、ミナの頭をなでて笑ってる。

そのまま床に膝をついて、下からあたしの顔をのぞいた。

すごく優しい顔で微笑んでるチャンミン。

「ありがとぅ・・・」

涙声でやっと言えた。







ミナを寝かしつけてリビングに戻ると、ヌナがお茶を入れてた。

「寝た?ミナ。」

CM 「はい。何度も確認されました。次は自分にも絶対指輪くれって。」

「ははっ!おもちゃでしょ?」

CM 「いや、プラチナとか買ってあげようかな。」

「やめてよ!」

CM 「冗談ですよ。さすがにそんなに甘やかしません。」

そんな事を言って少し笑い合う。

ヌナの隣に座って、そっと手を取った。

不思議そうな顔でこっちを見るヌナ。

ゆっくり指輪をはずす。

僕のも外して、前のようにチェーンにかけた。

CM 「事務所に言われてるんです。公式発表する前に絶対スッパ抜かれるなって。」

「まぁ、そうだよね。」

CM 「だからまだ僕は付けられないから、これはしばらくヌナが預かってください。」

「はい。」

返事をしたヌナの首にネックレスをかけた。

幸せそうな目でヌナがそれを眺める。

CM 「そうじゃなければ、スカイツリーぐらい貸し切ってやろうかと思ったんですけど。」

「ははっ。冗談に聞こえないから怖い。」

そう言ってヌナが笑う。

「っていうか、本当にあたしでいいの?」

CM 「え?」

「あたしがチャンミンだったら、絶対あたしなんか選ばないね。鏡見てみなよ、もったいない。」

CM 「じゃあ、ヌナならどんな人と結婚します?」

「えっとね・・・もっと美人でー、スタイル良くてー、頭もいい人かな?」

CM 「それならいいじゃないですか。」

「え?」

僕の返答にヌナがこっちを見る。

CM 「ルックスもスタイルも知性も全部僕が持ってるから、ヌナには必要ありません。」

「・・・・・。」

あっけにとられた顔でこっちを見てる。

CM 「だから、ヌナはそのままでいいんですよ。」

「チャミナ・・・」

CM 「ずっと僕のそばで・・・僕を温めてくれれば。」

それ以上は何も望まない。

また少し目が潤み始めたヌナをゆっくりソファーに押し倒す。

ほほをなでて、おでこにキスをする。

もう一度目を見て、口を開いた。

CM 「約束して?」

「え?」

CM 「永遠に僕のそばにいるって・・・約束して?」

ヌナの目から涙が流れ落ちる。

CM 「”永遠”なんて現実にはどこにもなくても、それでも約束して。」

そう言うと、少し微笑んだヌナが答えた。

「・・・約束する。」

ヌナも僕のほほに触る。

「チャミナの骨は・・・あたしが拾ってあげるよ。」

CM 「・・・・・。」

こんな時までこの人は。

泣きながら言うことか。

まぁでも、ヌナらしいからいいか。

CM 「僕はあなたより先に死んだりしませんよ。」

そのノリに乗ってあげます。

「ははっ、ホント?それはよかった。」

CM 「ヌナの骨は僕が拾ってあげますから、安心して永眠してください。」

「それは光栄です。」

そんな事を言ってまた2人で笑い合う。

CM 「明日もう1つ大切な話がありますから。」

「え・・・何?」

CM 「それは明日。今はいいから・・・」

そっとヌナの服に手をかけた。

「えー、何?」

CM 「ちょっと・・・この態勢考えてくださいよ。そういう流れです。」

言わないとわからないのか、この人は。

「そうだけど・・・あ!ミナは?寝るときトイレ行かせた?」

僕の手を押さえて思い出したように言う。

CM 「当たり前です。同じミスは2度は犯しません。」

「そうですか・・・あっ」

ヌナからやっと甘い声が漏れた。

CM 「今からは・・・少しオンマはお休み。」

「んぁ・・・チャミナ・・・」

僕達の特別な日の夜は、またもソファーの上。

でも”悪くない”って思えるのは、この人と一緒だからだ。

まずは今夜から・・・僕と幸せになろう?


★終わり★




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!

「え・・・何?指輪に何掘ったかスルーなの!?」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします!

もしコメントもらえたら、トンで飛んで喜びます♪

明日からは「もし、東方神起のマンネになれたら」の後編になります。

なんとか・・・お付き合いくださればうれしいです★

当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト


コメント

  1. はる | URL | /ZvbaHnM

    チャンミーン!

    プロポーズが待ち遠しくて17時ぴったりに読みに来ました…笑

    え、ほんとに指輪になに彫ったかスルーなんですか?これは続編を期待していいのでしょうか…………!?(*_*)


    明日からのマンネ後編も楽しみにしてます♪

  2. sanaejj | URL | dqaEB3rQ

    いい感じでしたよe-265

    でも、明日のもうひとつの大切な話って何?

    また、気になる終わり方して~~。続きを早くお願いプリーズe-349

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. ゆみっちょ | URL | -

    はぁ~シアわせ(*´∀`*)ノ
    何だか急に結婚したくなりました…
    その前に相手探さないと(笑)

    指輪に何て刻まれてたか気になるっ!!(>д<)
    バーチャミ最高です☆

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. ミユウ | URL | -

    かもめさん、こんばんは。

    ウキウキしながら、読み始め…
    バーチャミをこの男!といったところで受けましたね!最強様を…この男呼ばわり…ヌナしかできない!羨ましい!

    それなのに、プロポーズされて!(妊娠してる時点でめっちゃ羨ましんですけど(笑)
    すべて僕が持ってるから、ヌナはそのままで!チャミの言い方にも受けました。ヌナが羨ましすぎるし!

    読み終えて幸せな気分になりましたよ~!ありがとうございますm(__)m

    指輪にはなんて書き込まれていたのか?
    チャミ太の出産もあるし、次に、指輪の謎と合わせて、お願いします。
    (もちろん、ユノとシンのその後も気になってます)

    ありがとうございましたm(__)m

  7. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  8. miyu | URL | -

    しつもんです★

    拍手ページにコメント書くとこちらに表示されないことに今気づきました;;
    もしやかもめさんのコメ返がいただけないのですか………!?

    忙しいのにこんな質問でごめんなさい(;;)

  9. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  10. かもめ | URL | -

    ★はるさんへ

    > プロポーズが待ち遠しくて17時ぴったりに読みに来ました…笑
    >
    そんな・・・ありがとうごじゃいます!!

    > え、ほんとに指輪になに彫ったかスルーなんですか?これは続編を期待していいのでしょうか…………!?(*_*)
    >
    >
    > 明日からのマンネ後編も楽しみにしてます♪

    続編・・・書いてもいいのだろうか。
    マンネ編の後編も、よろしくお願いいたします!!

  11. かもめ | URL | -

    ★sanaejj さんへ

    > いい感じでしたよe-265
    >
    > でも、明日のもうひとつの大切な話って何?
    >
    > また、気になる終わり方して~~。続きを早くお願いプリーズe-349

    もうひとつの大切な話は、過去ストーリーにちらっと書いてます★むふふ。
    萌えーな話ではないですが。
    続きもし書いたら、おねがいいたしまーす♪

  12. かもめ | URL | -

    ★よ*さんへ

    行ってきましたー、嵐。
    いやぁ・・・ディズニーランドみたいなコンサートでしたね。
    さすがジャニーズのトップ!!
    楽しかったです★
    でも・・・グッズは買えませんでした~。
    初日の込み具合をなめてた・・・。妹すまん。

    トンの曲聴きながら読んでいただけたなんて・・・うれしあ!
    ありがとうごじゃいます♪

    バーユノ後編もよろしくおねがいいたします!

  13. かもめ | URL | -

    ★ゆみっちょ さんへ

    > はぁ~シアわせ(*´∀`*)ノ
    > 何だか急に結婚したくなりました…
    > その前に相手探さないと(笑)
    >
    ありたいお言葉うれしいです!
    ぜひ、いい人見つけてくださーい★

    > 指輪に何て刻まれてたか気になるっ!!(>д<)
    > バーチャミ最高です☆

    ありがとうごじゃいます♪
    バーチャミもめっさ喜んでます★

  14. かもめ | URL | -

    ★ち**さんへ

    ありがとうごじゃいます!!
    緊急企画読んでくださって、うれしあ★

    そうですよね。いるんだよな・・・うらやますぃ。
    脳内変換ありがとうごじゃいます!

  15. かもめ | URL | -

    ★ミユウさんへ

    > かもめさん、こんばんは。
    >
    > ウキウキしながら、読み始め…
    > バーチャミをこの男!といったところで受けましたね!最強様を…この男呼ばわり…ヌナしかできない!羨ましい!
    >
    そうですよね。お前だけだよ!ヌナ!!
    あの最強様に・・・おっかない。

    > それなのに、プロポーズされて!(妊娠してる時点でめっちゃ羨ましんですけど(笑)
    > すべて僕が持ってるから、ヌナはそのままで!チャミの言い方にも受けました。ヌナが羨ましすぎるし!
    >
    > 読み終えて幸せな気分になりましたよ~!ありがとうございますm(__)m
    >
    こちらこそありがとうごじゃいます。
    そうですよね、あのDNA授かった時点でうらやましいから。
    そのままでいいって・・・代われ!!

    > 指輪にはなんて書き込まれていたのか?
    > チャミ太の出産もあるし、次に、指輪の謎と合わせて、お願いします。
    > (もちろん、ユノとシンのその後も気になってます)
    >
    > ありがとうございましたm(__)m

    指輪になんて書いてたか、教えてくんないんですよねー。(コラ)
    続編考えてみます!

  16. かもめ | URL | -

    ★ぬ*さんへ

    なんて掘ってたんですかね。わたしもわかんないんですよ、マジで。
    教えてくれよ!ヌナ!!

    翌日の話、さかのぼって確認してくださってありがとうごじゃいます!!
    そうですそうです~♪

    言われたいですよね。ストレートに。

    そうですよね、たまには休めば?そっちもよ!

    松潤は・・・松潤でした。キラキラしてました!!
    雨は降ってなかったっす★

  17. かもめ | URL | -

    ★miyu さんへ

    > 拍手ページにコメント書くとこちらに表示されないことに今気づきました;;
    > もしやかもめさんのコメ返がいただけないのですか………!?
    >
    > 忙しいのにこんな質問でごめんなさい(;;)

    いえいえ、わざわざありがとうごじゃいます。
    拍手にコメントいただくと、拍手ページの方に表示されます。
    拍手の鍵コメはシステム上お返事できないのですが、そうじゃなければできるだけお返事させていただきます★
    いつもありがとうごじゃいます♪

  18. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ

    え・・・じゃあ着ぐるみとかでもチャミから言われたらOKすか?(そーゆーこと言わない)
    とりあえず、ミナでいいから代わりたいですよね。
    やっぱチャミを「この男」って言えんの、ヌナだけですよね。おーい。
    ミナの前ではご遠慮願います。「・・・してくれないの?」って言われてもご遠慮願います!!

    チャミ太の出産立ち会い編の制作も検討させていただきます!
    バーユノもよろしくでーす★

  19. みゅう | URL | bIhZGRjs

    指輪

    こんばんは。感想は書いてませんでしたがチャンミンのパパ振りも読ませてもらいました(^-^)/娘さんのミナちゃんが言った同じクラスの男の子の名前や『うさぎ組』に敏感になったり、ユチョンがミナちゃんと結婚の約束をしてた時に怒ったりするのはとても笑えました(笑)メンバーと一緒にいる場面では、ミナちゃんの扱いが1番上手なのは実生活でも姪っ子ちゃんがいるジェジュンかな?と思いながら読ませてもらいました。チャンミンは実際に子供ができたらデレデレになりそう(笑)でも、時には飴と鞭を使い分けて叱る時には厳しく、甘やかす時には思いっきり甘やかしそうな気もしますね(^^ゞ

  20. みゅう | URL | bIhZGRjs

    指輪

    これの前の書き込みのタイトルを他のにすれば良かった(笑)指輪の裏側に彫られた文字。すっごく気になります(^^;)もしかして、東方神起の歌に合わせて『Forever Love』かな。。。とか、もしくは、ハングル文字で『サランヘヨ』でも。。。チャンミンから指輪を貰えるなら、彫ってある文字は何でもいいかも♪もらえるだけで幸せです ヾ(*ΦωΦ)ノヒャッホゥ♪

  21. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/227-331e0fc9
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。