FC2ブログ

もし、東方神起のマンネになれたら ep.55

2010年11月20日 17:00

妄想小説第2幕、第55話です。

誌面で浮気(?)してた主人公。

バーユノ、ちょっとピキッってきてます。

それでは、どうぞ~♪

ちなみに、今までのストーリーはこちら




「ひっさしぶりー♪」

CM 「え・・・何、その格好。」

チャンミンが玄関を開けると、前のように男装したシンが立ってた。

能天気な顔で。


YC 「え~、今日は女の子じゃないの?あっちのシンが良かった~。」

冗談っぽく言ってみる。(半分本気だけど)

「会っていきなり何、ユチョンヒョン。」

JS 「僕はどっちのシンでも会いたかったよ~♪」

「大好きー★ジュンスヒョーン!!」

そう言ってジュンスとハグするシンを、あきれ顔のチャンミンが見る。

YC 「ってかお前・・・見たぞ。」

「え?何を?」

JJ 「この・・・浮気者ー!!!」

CM 「ちょ、ジェジュンヒョン!」

「なんであたしが浮気者なの!?」

YH 「・・・シン。」

そうこう言ってるうちに、ユノヒョンがやってきた。

「ヒョーン♪会いたかっ・・・ぎゃっ!!」

飛びつこうとしたシンの首根っこを掴んで、ユノヒョンが部屋に連行する。

「え・・・何?どうしたの?」

そう言いながら、ずるずる引きずられていくシン。

「何?・・・なんなのー!?」


バタン。


YC 「あーあ、どうなるかな。」

JJ 「ちょっとこらしめてやればいいんだって。」

JS 「なんだかんだいって始めちゃったら・・・どーしよー♪」

CM 「ジェジュンヒョン、中断させてくださいね。」

JJ 「・・・まかせな。」




今日のシンはなぜだか男仕様。

ほんとはすぐに抱きしめたいんだけど・・・ちょっと尋問しないと。

部屋に連行してきたシンを、一旦開放する。

「ちょ・・・何なの!?」

少しふくれ顔でシンが言う。

YH 「これ・・・何?」

俺が手に持ってる雑誌を見ると、シンの顔がみるみる青くなった。

YH 「何?」

「ちが・・・これは仕事だもん!」

YH 「そんなのわかってる。」

「先輩がドタキャンしちゃって・・・。あたし新人だし、断れる雰囲気じゃなかったんだもん!」

YH 「そうじゃなくて、なんでこの雑誌だけ送ってこなかったんだ?」

「・・・・・。」

シンが黙りこむ。

「だって・・・見られたくなかったんだもん。オッパに。」

男の恰好したシンがそうつぶやく。

少し・・・奇妙。

「・・・ごめんなさい。」

素直に謝られると・・・どうしようもないけど。

YH 「これ・・・前どうなってんの?」

一応聞いておく。

「ちゃんと隠れてるよ。専用の下着で。」

それを聞いて一安心。

そっとシンの隣に座る。

YH 「いきなり引っ張ってきて悪かったな。」

そう言うと、シンがほっとした顔で俺を見る。

男装してても・・・やっぱりかわいい。

「会いたかったよ~、おっぱぁっ!」

そう言って飛びついてくるシンを抱きとめる。

YH 「ははっ!!俺も。そういえば、なんで今日は男装?」

「あっ!そうだ!!」

パッと俺から離れるシン。

「今日は、他のヒョン達は出かけるの?」

YH 「いや、いらっしゃるそうです。」

「じゃあさ・・・うち来ない?」

・・・・・へ?

「うちさ、今日は父さんと母さん旅行に行ってるんだ~♪だからだれもいないよ★」

・・・マジですか?

「2人で宿舎抜けるなら、男装の方がいいかなって思ってこの格好で来たんだ。」

YH 「・・・なるほど。」

「ねぇ!来る?・・・うち。」

YH 「・・・・・。」

両親の留守に上がりこむのは気が引けるけど、ここにいたら・・・できないし。

ホテルに行くわけにもいかないし・・・。

他にいい所も思いつかない。

YH 「・・・お邪魔します。」

「決まり!れっつごー♪」

そう言って2人で部屋を出ると、4人があきれ顔で廊下にいた。


続く>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「ユノー、もっとガツッとやってよかったのよ。」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします!
もしコメントもらえたら、トンで飛んで喜びます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. ミユウ | URL | -

    かもめさん、こんばんは。

    あ~よかった!!
    2人になれる場所があって!
    折角、会えたんだから、ねっ!

    廊下の4人!ハハハ(爆)

    明日もよろしゅうに!

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. かもめ | URL | -

    ★妄想小説55話にコメントくださった方へ

    いつも妄想小説を読んでいただいて、本当にありがとうごじゃいます!
    加えてコメントまでくださって・・・感謝感謝です!
    こちらお返事させていただく前に次のお話アップしてしまったため、56話にてお返事させていただきます。
    よろしくお願いいたしまーす★

  8. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ

    夜勤中にありがとうごじゃいます!!
    楽しみだなぁ・・・うひひ!
    リアルクリスマスプレゼントかも。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/224-5fe975f3
この記事へのトラックバック