FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【妄想小説 第3幕】 もしチャンミンとお家デートできたら 最終話

2017年09月17日 22:35

やっと最終話です!

朝がきたぞー!

それではどーぞー♪



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




「う…」

いま…なんじ…?

なんとか布団から顔を出して時計を見る。


「うわぁ。」

思いっきり寝坊した。

横を見るとチャンミンはもういない。

そりゃそうだよね。

午後イチで仕事が入ってるって言ってたし、もう帰っちゃってるはず。

あー…

朝ごはん一緒に食べたかった…

「ん?」

あれ?

なんかいい匂いがする。

もしかして…


ガチャっ。


CM「あ、起きた?」


「え?」

チャンミンがいる。

私のエプロンをつけて。

なんで?

「し、仕事は?」

遅れちゃうよ!

CM「朝連絡入って、午後のスケジュールが1つ別日になったんだ。」

「そーなの?」

や、やったぁ!

うれしい。

CM「朝ごはん…っていうか昼ごはんできてるよ。」

「なんか、ごめん…」

私が作らなきゃなのに。

でも、エプロン姿が見られたのは
ラッキー♪

CM「いいよ。疲れ取れた?」

「うん、ぐっすりねむれた。」

CM「それは良かった。」

そう言うと、私のおでこに軽くキスしてくれた。

CM「じゃ、服着てリビングに行こう。」

「わかった。…ぅっ!」

CM「ん?」

ベッドから出ようとしたら、足がうまく動かない。

「こ、股関節が…」

やばい。

さすがに昨日は頑張りすぎた。

CM「大丈夫?」

「ちょっと…ゆっくり…」

CM「とりあえず服着る?」

そう言って側にあるシャツを取ってくれた。

「ありが…」

ん?

これ、チャンミンのYシャツ。

チャンミンの…

CM「朝から襲わないから着て。」

考えてることがわかったみたい。

「…いい。」

やめとく。

「私のシャツは…」

CM「僕のせいで股関節ガクガクになってるの見たらもう満足だから、今日はしない。」

「…」

それは…喜んでいいの?

CM「いいから着て。」

バサっとシャツを被せられる。

大人しくそれを羽織った。

CM「はい、掴まって。」

「ありがと…」

彼の腕を掴んで立ち上がる。

CM「ちょっと無理させちゃったね。」

「ぅ…」

正直、最後のあたり記憶ない。

CM「でも、浮気してないってわかったでしょ?」

「まぁ…。でも、もともと疑ってないよ?」

信じてるし。

CM「これからはハルの股関節の為にもちょくちょく来るから。」

「う、うん。」

そうだね。

これからはまた、たくさん会える。

たくさん…抱き合える。

それは嬉しい。

CM「だから、また買っておいてね。」

「え?」

CM「増量タイプ。」

「ぶっ!!!」

まだそれ言う?

「きゃ、キャンペーンやってたらね…」



★おわり★



久々の妄想にお付き合いいただきありがとうございました!(*゚▽゚)ノ
本日はおまけあり!
どうぞ〜♪



〜おまけ〜



「んー。おいしい♪」

CM「それはよかった。」

ニコニコ顔で僕の用意した昼食を食べるハル。

僕のシャツを着て。

うん、今日もいい眺め。

CM「そうだ。借りたエプロン少し汚しちゃったんだ。」

ソースを飛ばしてしまった。

CM「悪いけど、洗っておいて。」

「うん!おっけー…ぁ。」

CM「ん?」

突然、真顔になってフォークを止めた。

CM「どうしたの?」

何か変な味がしたかな。

「いや…」

何か言いたそうな顔。

なんだ?

「朝から…変なこと聞いていい?」

変なこと?

CM「いいけど、なに?」

「チャンミン…」

少し言葉に詰まるハル。

でも、意を決したようにこっちを見た。

「裸エプロンさせたことあるの?」

CM「…」

あぁ、昨日の話。

これは…どう答えようか。

ないって言ったら、今度してくれるかな。

そうだ。

困った時には…

CM「ちなみに、ハルは?」

質問に質問で返す。

「ないに決まってるでしょ!」

CM「そっか。」

よかったー。

他の男がそんな美味しいものを食べてなくて、良かった良かった。

「…あるんだ。」

CM「僕もないよ。動画で見ただけ。」

「へぇ…」

疑いの目。

CM「今度しよっか。」

笑顔でサラッと言ってみる。

してみたいし。

「し、しないよ!寒そうだし…」

CM「…」

寒くなければするのか。

夏なら問題ないじゃないか。

冬でも暖房ガンガンつけるし。

っていうか、言ってたらしたくなってきたし。

「…しないからね?」

少し恥ずかしそうに言ってくるけど、煽ってる自覚はあるんだろうか?

真昼間から。

股関節ガクガクなのに。

「ちゃんみな?」

とりあえず…

今度、お風呂上がりに着替えをエプロンにすり替えてみよう。



★おまけもおわり★



おまけまでお付き合いありがとうございました!
感想聞かせてくれたら嬉しいです(*´ω`*)
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。