FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【妄想小説 第4幕】もし、ユノと同棲できたら。 ~夜編~

2014年12月25日 17:00

さて、第4幕の続編2本目です。
本日は夜編!

それではどうぞ~♪




引っ越した部屋のバスルームは大きい。

って言っても、ユノと入ればどうしても窮屈になっちゃうんだけど。


YH「弁当に入れてくれた煮物あったじゃん。」

「あ~、昨日の残りの?」

YH「あれ、今日の方がうまかった。」

「ほんと?」

YH「味がしみてて。あと、冷たい方がうまい。」

「確かにそうかも・・・」

たわいもない話をしながら、ユノに背中を預けてお風呂に入る。

「弁当箱、毎日ちゃんと空にしてくれてありがとね。」

何気にうれしいよ。

YH「だってうまいもん。」

「明日はいつもよりちょっと豪勢だよ。」

今日のうちに仕込みしたし。

YH「うん。なんかうまそーだった。」

「楽しみにしててね。」

なんて、自分でハードル上げてみた。

「ふぅ・・・」

のどかわいたなぁ。

「あたし先に出るね。」

腰に回ってた腕を外して体を離す。

YH「もう?」

あたしの顔を覗き込んでくるユノ。

濡れた髪から水滴がポトっと落ちる。

「・・・・・。」

濡れてるユノは色気がいつもの5割増し。

何度見てもなかなか慣れない。

「うん。のど渇いちゃったから。」

それに、今日職場の同僚からパックの試供品わけてもらったんだよね。

あれ試してみたいし。

「ユノはゆっくり入って。」

そう言って1人先にバスルームを出た。

体を拭いてパジャマに着替える。

ちょうど髪を乾かし終えた所でユノも上がってきた。

思ったより早いな。

YH「ヌナー。」

「んー?」

YH「俺にもドライヤーかけて~。」

体をふきながら、ちょっと甘えた声でそう言ってくる。

「はーい。」

たまに頼んでくるんだよね。

自分でかけるのがめんどうらしい。

放置して自然乾燥してる時もあるし。

ドライヤーを持って一緒にリビングに行く。

ユノをソファーの下に座らせて、ドライヤーのプラグをコンセントに差した。


ぶぉ~・・・


YH「あ~、きもちい~♪」

「あつくないですか~?」

YH「ないで~す。」

ははっ、かわいい。

なんか・・・ちょっと犬みたいだけど。

大型犬?

でも頭は小さいなぁ。

そう思いながらわしわし髪を乾かす。

「はい、終了!」

きれいに乾いた。

YH「ありがとーございました!」

「ドライヤー戻してきて?」

YH「うん。」

コードを巻いてユノに渡した。

あたしは今日の分のパックを準備する。

YH「じゃ、寝よっか。」

ちょうど袋を開けた時、後ろから声をかけられた。

「あたしはもう少し起きてるから、先にベッド入ってて?」

YH「なんで?」

「コレするから~。」

そう言って広げたパックを見せる。

YH「あぁ・・・」

無表情でつぶやくユノ。

パックが乾かないうちに顔の上に乗せる。

YH「すぐ終わる?」

その質問にうなずいて答えた。

YH「わかった。」

しぶしぶって感じで寝室に向かう。

「おやすみ~。」

軽く手を振って見送る。

さてと。

あたしはパックが終わるまでの暇つぶしにケータイを手に取る。

そうだ。

レシピサイトでも見ようかな。

ユノのサークルへの差し入れにちょうどいいのあるかも。

サンドイッチみたいに食べやすいのがいいよね。

あとは痛みにくいのが・・・


YH「ヌナ。」


「!」

声が聞こえた方を見る。

すると、寝室のドアからユノが顔を出していた。

「どうしたの?」

眠れないの?

YH「・・・まだ?」

「え?」

まだ?

まだって、このパック?

「まだ。」

貼ってから5分くらいしか経ってないし。

せめて20分はしてないと。

YH「もうよくない?」

そう言いながらこっちにくる。

あたしの隣に座ると顔からパックをはがそうとする。

「ちょっと!」

なにするの!

YH「もーいーって!」

「よくない!」

YH「ヌナはそんなのしなくてもビジンだから!」

「やっ・・・あぁっ!」

まだ成分を吸収しきってないパックをはがされた。

ポイッとゴミ箱に捨てる。

YH「さー、寝よう!」

「・・・・・。」

寝室を指さして笑顔で言うユノを軽くにらむ。

なに?

どうしたの?

1人で寝るのがさみしいの?

YH「はい、行こう!」

あたしの手を掴んで連行する。

「1人で寝れないんですか?」

ちょっと不満げに言いながら寝室に入る。

YH「それ・・・今日言うの?」

「え?」

少しトゲのある言い方に思わず顔を見る。

すると、さっきと同じ無表情なユノ。

YH「もう、10日近くお預けなんですけど。」

「・・・・・。」

あ。

そっか。

昨日まで生理だったから。

なるほど、それで・・・

「うぁっ!」

腕を掴んでベッドに引っ張り込まれた。

気がついたら上に乗ってる大きな影。

YH「風呂で手出さなかっただけよかったと思えよ。」

低い声でそう言いながら上を脱ぐ。

すぐにあたしのパジャマの中にも手が入ってきた。

「ぁっ。」

YH「それに、パックよりもこうやって愛し合う方が肌にもいいって♪」

「まぁ・・・」

それも一理あるかも。

女性ホルモン?的なもの?

YH「ぬな・・・」

至近距離で囁かれる甘い声。

それに心臓がトクンと鳴り始める。

もしかして今、ホルモンってのが出てるのかな?

「んっ。」

自然と重なる唇。

待ちきれなかったみたいにどんどん深くなる。

「んっ・・・はぁっ・・・」

キスをしながら器用に服を脱がせる大きな手。

洗い物はあんなにへたっぴなのに。

そんなことを考えながらあたしもユノの背中に手を回した。
















YH「ぬな?」

「・・・ん?」

YH「ぬぅーなぁー。」

「ん~・・・なに?」

YH「明日の朝飯さ、俺作るから。」

「あさめし?」

YH「だから、もっかい。」

「え~?」

YH「・・・なに。」

「むりだよ。」

YH「は?」

「むりだって。」

YH「なんでだよ。よくなかった?」

「そうじゃなくて・・・」

YH「?」

「ユノが朝ごはん、むり。」

YH「・・・・・。」


★おわり★




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
ランキングボタンをぽちっとしていただけると励まされます♪
皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
よかったら感想聞かせてください♪

当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。


メリークリスマス♪
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. TVXQ2LOVE2 | URL | cNJ3AQrE

    あぁ楽しかったー!
    キュンキュンできました。
    ありがとうございます(笑)
    ヌナ…ほんっとに羨ましいー!

  8. かもめ | URL | -

    ★あゆーー**さんへ

    お久しぶりの更新です!
    のぞきに来てくださってありがとうございます★

    おおー!P席のクリスマスプレゼント来ましたか!
    おめでとうございます♪
    入金忘れずに♪

  9. かもめ | URL | -

    ★ハ*さんへ

    お久しぶりの続編、お付き合いありがとうございます♪
    たまにはヌナが振り回されるのもいいですね~。
    ユノに振り回されたい★

  10. かもめ | URL | -

    ★ゆき*さんへ

    ユノと一緒にお風呂、考えただけで鼻血!!
    しかも基本2回、ヌナ何気に体力ありますね・・・
    ユノ相手だとがんばれるのか!?

  11. かもめ | URL | -

    ★うら**さんへ

    やっぱりユノと結婚もいいですか?
    家事が倍になりますね★
    食洗機とかたぶんそーなる!!

  12. かもめ | URL | -

    ★ま*さんへ

    お久しぶりです~!!
    わたしの住む場所も毎日雪景色です♪

    あたしはツアーは京セラに参戦予定です。
    福岡と東京ですか!
    今から楽しみですね~★

  13. かもめ | URL | -

    ★おひさま******さんへ

    誠実にエロいっていいですねぇ~。
    情熱的なのかな?
    上手いのかな!?
    ぎゃーーーー!!!

  14. かもめ | URL | -

    ★TVXQ2LOVE2 さんへ

    > あぁ楽しかったー!
    > キュンキュンできました。
    > ありがとうございます(笑)
    > ヌナ…ほんっとに羨ましいー!

    こちらこそ、お付き合いありがとうございました!
    キュンキュンしてもらえてうれしい♪
    また続編書いたらよろしくです★

  15. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  16. かもめ | URL | -

    ★なおは**さんへ

    またコメントいただけてうれしいです!
    なんとかバイトも決まりまして・・・お給料でライブ行きたいです★
    お互い京セラ参戦ですね♪
    今から楽しみですね~♪

  17. いちご王子 | URL | -

    同棲

    きゅんきゅんしました!
    夜を考えただけできゅんきゅんしちゃいますね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/1716-15ef113b
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。