FC2ブログ

もし、ユノとチャンミンが弟になっちゃったら ep.87

2014年11月08日 17:00

妄想小説 第4幕87話です。

あの日、何があったのか判明いたしました。

それではどうぞ。




共犯者。

あたし達は罪を犯したのかな。

それとも・・・これから犯すのかな。



「ま、まって!」

あたしの腕を掴んだままキッチンを出るチャンミンに訴える。

どこに向かってるのかはなんとなくわかった。

「やっ・・・」

寝室に引っ張り込まれそうになって抵抗する。

でも、力でかなうはずがなかった。

「きゃぁっ!」

そのままベッドに押し倒される。

CM「ずいぶん狭いベッドだなぁ。」

あたしに覆いかぶさってそうつぶやくチャンミン。

涙目には似合わない強気な態度。

CM「もうヒョンとしたんですよね。」

「・・・ぇ?」

CM「何回ぐらいしました?」

「・・・・・。」

CM「相性はどうですか?」

「帰ってくるよ。」

CM「え?」

「ユノ、すぐに帰ってくるよ。」

あたしも強気にそう返した。

CM「まだ来ませんよ。」

「なんでわかるの?」

CM「急に呼び出されたなら生徒のトラブルとかでしょ。それならしばらくは戻ってきません。」

自信たっぷりな口ぶり。

・・・そっか。

あたしよりずっと長くユノといるんだもんね。

「チャンミン。」

CM「・・・はい?」

「ごめん。」

突然あやまったあたしに少し驚いた顔。

でも、思う。

やっぱりあたしが悪い。

中途半端なことをしてしまったあたしが悪い。

「もう・・・ユノとは後戻りできないの。」

気持ちもあるし、父さん達にも話してしまった。

なにより・・・あの人の悲しむ顔は見たくない。

傷つけたくない。

「だから、もうやめて?」

こんなことしないで。

CM「・・・何もわかってないですね。」

そう言ってあたしの腕を離したチャンミン。

起き上がってそのままベッドの端に座り直す。

背中を向けてまた話し始めた。

CM「さっきも言ったでしょ。僕はヒョンからあなたを奪う気はないんです。」

あたしも起き上がって服を整える。

彼の背中を見ながら次の言葉を待った。

CM「僕はあなたの恋人になりたいわけじゃない。」

「え?」

・・・なら?

ならなんなの?

CM「あなたが僕を好きならそれでいいんです。」

「・・・・・。」

好き?

あたしが・・・君を?

その言葉に固まってると、チャンミンがこっちを振り返った。

CM「ヌナ、僕のこと好きでしょ。」

そう言いながらフッと笑う。

さっきまでの力ない笑い方じゃない。

綺麗な笑顔。

CM「わかりますよ。」

「・・・どうして?」

CM「好きじゃなきゃ、あんなふうに抱かれないでしょ。」

「・・・・・。」

そっか。

そうだね。

たぶん、自分でもどこかで気づいてたと思う。

あたしは・・・チャンミンが好きだ。

「・・・ねぇ。」

CM「はい?」

「こんな女のどこがいいの?」

素朴な疑問。

「悪いこと言わないからやめた方がいいよ。」

CM「ははっ。」

笑いながらもう一度ベッドの上に戻る。

CM「でも、それができるならとっくにしてます。」

「・・・・・。」

なんか、前にも言われたことがある気がする。

ゆっくり伸びてくるチャンミンの手。

今日、いちばん優しくあたしに触れる。

CM「ぬな・・・」

頬に感じる彼の体温。

近づいてくる唇に自然と目を閉じた。

あの日と同じように。


つづく>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
ランキングボタンをぽちっとしていただけると励まされます♪
皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
よかったら感想聞かせてください♪

当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト


コメント

  1. sora | URL | -

    ブラックチャンミン大好物!
    ヌナ羨ましすぎるー(≧∇≦)

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  8. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  9. mu | URL | recpWgUI

    あぁ〜

    やぁ〜(>人<;)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/1709-39313c01
この記事へのトラックバック