FC2ブログ

もし、ユノとチャンミンが弟になっちゃったら ep.84

2014年10月30日 17:06

妄想小説 第4幕 84話です。

さて、お部屋に弟くんを招くことになりました。

それではどうぞ。




ユノが仕事で呼び出されちゃったから、チャンミンと2人アパートに戻った。

CM「駅から近くていいですね。」

「うん。その割には安いんだよ。」

たわいない話をしながら部屋に入る。


「どうぞ、入って。」

CM「おじゃまします。」

「適当に座って。あ、手を洗うなら洗面所はあっちだから。」

CM「はい。」

あたしはキッチンで飲み物の準備をする。

洗面所から戻ってきたチャンミンは部屋の中を眺め始めた。

CM「広すぎなくてちょうどいい部屋ですね。」

「うん。1人暮らしにはぴったり。」

CM「あっちが寝室ですか?」

「そうだよ。入らないでね~。」

CM「わかってますよ。」

飲み物を持ってテーブルに行く。

コーヒーを置いてチャンミンの向かいに座った。

「どうぞ。」

CM「ありがとうございます。」

「じゃあ、温かいうちに食べようか!」

CM「はい。」

クロワッサンを袋から出して焼きたてのうちに食べる。

「ん~、サクサクでおいしいね。」

CM「はい。安定したクオリティーですね。」

「お父さんたちの分も買った?」

CM「一応。お一人様5個までだったので。」

「そっか。」

CM「ん。このコーヒーもおいしい。」

「そう?よかった。」

CM「インスタントですか?」

「うん。その割にはおいしいよね。」

何気ない会話。

そんな当たり前のことに一すごくホッとする。

CM「そうだ。」

「ん?」

CM「ヒョンとの同棲準備は進んでますか?」

「・・・は?」

同棲?準備?

「まぁ、ユノは住みたいっては言ってるけど・・・具体的に準備はしてないよ。」

CM「そうなんですか?ヒョン、物件探してますよ。」

「えぇっ!?」

聞いてない!

CM「父さん達に報告した後、堂々とうちのパソコンで不動産サイト見てましたよ。」

「うそ・・・」

何を勝手に。

「この部屋1年契約しちゃったって言ってるのに~。」

CM「違約金かかりますよねぇ。」

「”俺が払う!”っては言ってたけど。」

CM「でしょうねぇ。」

「はぁ~。」

CM「嫌ですか?」

「ん?」

嫌って聞かれると・・・

「お互い職場が遠くなるからね。」

CM「週末会えれば十分ですか?」

「っていうか、ユノがいたら家事が倍になりそうでしょ。」

CM「あははっ!それか!」

「わかるでしょ?」

CM「わかります。」

和やかな雰囲気。

このまま、このままこの時間を乗り切れれば・・・

あたし達は大丈夫だ。

そう思った時、チャンミンがマグカップを置いて口を開いた。

CM「ヌナ。」

「ん?」

少し落ちた声のトーン。

それに、この前花火を見に行った時を思い出した。

階段の踊り場で腕を掴まれた時の感覚。

少し緊張して次の言葉を待った。

CM「僕、たぶん結婚します。」

「・・・・・。」

え?


つづく>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「まじですか?」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
よかったら感想聞かせてください♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  8. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/1706-3827ebf4
この記事へのトラックバック