もし、ユノとチャンミンが弟になっちゃったら ep.80

2014年10月21日 20:27

妄想小説 第4幕 80話です。

さーて、2人で久々におうちに帰るみたいです♪

それではどうぞ~。




日曜日。

午後から車で出かけるお父さんの為に2人で実家に帰った。


YH「じゃあ、先に中入ってて。」

「うん。」

車庫に入れる前に玄関先で降ろしてもらう。

奥を見るとユノ達の車はもうあった。

チャンミンは昨日のうちに帰ってきたのかな。

またそんなことを考えながら玄関に入った。

ママ「あら?」

ちょうど廊下にいたお母さん。

「ただいま~。」

ママ「急にどうしたの?」

あたしの突然の帰宅に驚いてる。

何も連絡せずに来ちゃったからな。

「ユノに拾ってもらって一緒に帰ってきた。」

ママ「そうなの。」

「うん。」

話しながら靴を脱ぐ。


CM「おかえりなさい。」


上から聞こえてきた声。

見上げると、2階の廊下からチャンミンがこっちを見下ろしていた。

「ただいま。」

ニコッと笑ってそう返す。

そのまま階段を下りてくる。

ママ「今日は泊まっていくの?」

「ううん、夜には帰るよ。」

CM「わざわざ?」

「早起き嫌だから。」

引っ越ししてからあんなに早く起きることなくなったし。

ママ「晩御飯は?久しぶりだし食べていきなさいよ。」

「うん、そうだね。」

ママ「じゃ、買い物付き合ってね。」

「わかってるよ。お手伝いします。」

玄関先で立ち話をしていたらユノも入ってきた。

ママ「ユノ君!」

YH「ただいま~。」

ママ「わざわざこの子拾ってきてくれたんだってね。」

YH「え?」

一瞬頭の上に”?”が出たユノ。

YH「あ・・・あぁ!うん!」

でもすぐに何の話か察してくれた。

CM「・・・・・。」

ママ「ありがとね~。」

YH「ぜんぜん!」

笑顔はちょっと不自然だけど。

YH「父さんは?」

CM「リビングにいるよ。」

YH「車の鍵返さなきゃな。」

みんなでお父さんのいるリビングに入った。










久しぶりの5人での食事。

お母さんと2人で少し豪勢な夕食を用意した。

ママ「1人増えるだけでなんだか賑やかに感じるわねぇ。」

パパ「なんか1年ぶりぐらいな気がするな~。」

「あははっ!」

YH「そんなに?」

CM「歳をとるとそう感じるのかな・・・」

たわいない話をしながら食事が進む。

気づいたら話題は次男のお見合いの話になってた。

パパ「次はいつ会うんだ?」

CM「一応・・・来週。」

YH「おお~。」

昨日のデートはうまくいったみたいだ。

ママ「そうだ。」

「ん?」

ママ「ユノ君も彼女できたんだって~♪」

「・・・・・。」

ドヤ顔でお母さんが報告してくれた。

YH「あ・・・うん。」

「そうなんだ!」

迷いなくそう切り返す。

我ながらなかなかの作り笑い。

パパ「昨日もその人の所に行ってたのか?」

YH「う、うん。」

パパ「早く連れてこいよ~。」

ママ「そうよ。会ってみたいわ。」

はぁ~。

覚悟はしてたけど、やっぱりこの話題も出ちゃった。

早く終わってほしい・・・

パパ「お前もいい歳なんだし、先のことを考えて付き合ってるんだろ?」

YH「・・・・・。」

お父さんからの言葉に黙りこむユノ。

気になって顔をうかがう。

すると、何か決めたような様子でパッと顔を上げた。

「!」

やばい。

この感じ、もしかして・・・

YH「あのさ。」

パパ「ん?」

YH「実は・・・」

「ユノ!!」

慌てて話を止める。

待って。

2人に話すのはもう少し先にしようって言ったでしょ?

目線でそう語りかける。

YH「でも・・・」

「ユノ。」

パパ「?」

ママ「どうしたの?」

あたし達2人の様子を不思議がる両親。

どうしよう。

もう言っちゃった方がいいのかな。

でも・・・

CM「連れてきてますよ。」

「!」

ユノと睨み合いながら迷っていたら、急にチャンミンが話し出した。

パパ「え?」

CM「ヒョン今、彼女を連れてきてますよ。」

ママ「・・・え?」

チャンミンの言葉に両親の頭に?が浮かぶ。

「ちょっ・・・」

CM「今、このテーブルに座ってます。」

「チャンミン!」

あたしがそう言うと、2人がバッとこっちを見た。

パパ「え?・・・え?」

ママ「あらやだ・・・」

頭の上の?を増やすお父さん。

口を押えて目を開くお母さん。

どうやらお母さんはわかったみたいだ。

CM「別に隠すことでもないじゃないですか。」

まるで他人事みたいに言い放つ。

確かにそうだけど・・・

もう一度ユノを目を見ると”ほらな”って顔。

「・・・・・。」

はい。

あたしが往生際悪かったです。

おとなしくユノから目線を外した。

YH「報告が遅れてごめん。」

パパ「え?」

YH「俺とヌナ、付き合ってます。」

・・・言った。

ついに言ってしまった。

パパ「え?そうなの!?」

あたしの目を見て聞いてくるお父さん。

「は、はい。」

ママ「まぁ・・・」

パパ「いつ?いつから?」

YH「つい最近。」

「あたしが引っ越した後です。」

パパ「それで引っ越したの?」

「ち、違います!引っ越したのは・・・」

CM「・・・・・。」

「それは、本当に職場が遠かったから。」

パパ「そうかぁ。」

YH「驚かせてごめん。でも、俺たち真剣だから!」

そう言ってあたしの手を取った。

YH「だから・・・その・・・」

お母さんの目を見て話すユノ。

YH「温かく見守ってください!」

CM「・・・芸能人か。」

「ぷっ!」

チャンミンのつぶやきに思わず吹き出す。

ママ「っていうか、ユノ君この子でいいの?」

YH「え?」

「・・・おかーさん。」

ママ「モテるだろうに。どうしてこの子?」

パパ「何言うんだ!いいじゃないか!」

お父さんがフォローしてくれた。

パパ「わぁ~、そうか。ふたりが。そうかぁ~・・・」

あたしとユノを交互に見ながらしみじみ言う。

お父さんもOKみたいだ。

よかった・・・

ママ「何気に男運強いのね。」

ホッとしてるあたしにボソッとつぶやいてくる。

まぁ、過去の分を今取り返してるかな?

CM「報告はそれぐらいにして、夕飯食べません?」

「あ・・・うん。」

YH「そーだな!」

CM「せっかくのご馳走冷めますよ。」

そう言ってひとりバクバク食べるチャンミン。

パパ「はぁ~・・・そうか・・・」

しみじみしたまま食事を再開するお父さん。

”やったわね”って顔でこっちを見るお母さん。

満足そうな顔でこっちを見ながら箸を持つユノ。

それ見たら、これでよかったって思えてる自分もいた。


つづく>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「リアルユノの恋愛はまだ温かく見守りたくないです。」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
よかったら感想聞かせてください♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト


コメント

  1. milk tea | URL | iot7Eces

    言っちゃった!言っちゃった!

    「温かく見守ってください」というヒョンですが・・・
    チャンドラは本当に温かく見守れるんですかねぇ。。。
    ん~~
    いえ、チャンミンにもうひと頑張りしてほしいなっと♪思う次第であります(^^;

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. かもめ | URL | -

    ★milk tea さんへ

    > 「温かく見守ってください」というヒョンですが・・・
    > チャンドラは本当に温かく見守れるんですかねぇ。。。
    > ん~~
    > いえ、チャンミンにもうひと頑張りしてほしいなっと♪思う次第であります(^^;

    チャンドラの本心がわかりません・・・
    あたしにもわかりません・・・(それはダメだろ)
    もうひと活躍ほしいですね!

  4. かもめ | URL | -

    ★あい*さんへ

    なんとチャンミンが背中押してくれました!
    パパとママにも認めてもらったし♪
    このままうまくいくのかな~?

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/1702-efd16dab
この記事へのトラックバック