FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし、ユノとチャンミンが弟になっちゃったら ep.77

2014年10月10日 17:00

妄想小説 第4幕 77話です。

チャンミンはいったい何を考えているのか・・・

それではどうぞ。




花火が終わってからユノと2人で駐車場へ向かう。

チャンミン達の車はまだ停まったままだった。


まだ食事してるのかな。

そんなことを考えながら助手席に乗り込む。

すぐにユノが車を出した。

「きれいだったな~。」

YH「うん。」

「入れてくれたお友達に感謝だね。」

YH「・・・・・。」

あれ?

返事がない。

「どうかしたの?」

少し様子の変なユノ。

赤信号で停まった時に声をかけた。

顔を覗き込むと・・・無表情。

YH「ヌナ、あんまり花火見てなかったよね。」

「え?」

前を向いたままそう言った。

YH「なんか考え事してたでしょ。」

「・・・・・。」

YH「何考えてたの?」

無表情のままの顔がこっちを見た。

表情がないとさらに引き立つ。

兄弟して綺麗な顔。

YH「意外?」

ふっと笑って今度は前を向く。

気が付いたら信号が青になってた。

ゆっくり動き出す車。

YH「俺、けっこうヌナのこと見てるんだよ。」

・・・そうなんだ。

確かにちょっと驚いたかな。

「今日は花火を見なきゃ。」

YH「だから、それはこっちのセリフだって。」

「ははっ。」

YH「何考えてた?」

「・・・・・。」

さっきより少しだけキツイ語尾。

別に・・・大したことじゃないんだけど。

「正直に言っていいの?」

YH「もちろん。」

「ほんとに?」

YH「むしろ、正直以外ダメ。」

・・・そうですか。

「あれ買うの忘れたな~って思ってた。」

YH「あれ?」

「アレ。」

YH「アレ?って何?」

「今日、夜に2人で使うもの。」

YH「・・・え?」

ちょっと驚いてるようなユノの声。

もう一つヒント。

「ベッドのそばに用意しておくもの。」

YH「・・・・・。」

黙った。

何かわかったんだな。

YH「あ・・・っと・・・」

今度は戸惑ってるような声。

「だから、正直に言っていいのか聞いたでしょ。」

YH「いや・・・アレって、あれ?」

「うん。」

それ。

「この前は使わなかったけど、やっぱりあった方がいいから。」

YH「あぁ・・・」

急に静かになった。

でも、ちょっとほっとする。

ごめんね。

正直以外はダメって言われたのに。

YH「・・・あのさ。」

「ん?」

YH「別に、ないならないでいいんじゃない?」

「は?」

いい?

いや、ダメでしょ。

「できちゃったらどうするの。」

YH「結婚すればいいじゃん。」

「え~?」

ちょっと~。

「初恋で舞い上がってる高校生みたいなこと言わないでよ先生!」

笑いながらそう言う。

YH「冗談じゃないって。っていうか俺、早く子供欲しいんだよね。」

「えぇ?」

YH「昔の立てた人生計画ではもう2人ぐらいいる予定だったし。」

「・・・・・。」

横顔を見る限り、本当に冗談って感じじゃない。

ほ、本気?

YH「ヌナも、もうママでもいい歳じゃん。」

「でも・・・さすがに順序とかあるでしょ。」

YH「ははっ、順序?」

あたしの言葉に笑ったユノ。

YH「俺らもともと家族から恋人になったんじゃん。そもそも順序とかメチャクチャだろ。」

「あ・・・」

確かに言われてみると。

YH「嫌?」

赤信号で止まった車。

真剣な顔のユノがゆっくりこっちを見た。

YH「俺とそういう風になるの。」

「・・・・・。」

嫌?

ユノとそういう風になるのが?

この人と家庭を作るのが?

そんなの・・・

「嫌なわけないでしょ。」

あたしがそう答えた瞬間、信号が青に変わった。

ニコっと笑ってまた前を見るユノ。

YH「よかった♪」

そう言うと、ユノの片手がこっちに伸びてきた。

膝に置いていた手にそれが重なる。

・・・大きくて温かい手。

この人は、きっと素敵なパパになる。

YH「次の赤信号でチューしていい?」

「ははっ!」

わざわざ許可とるんだ。

「運転中によそ見するの?」

YH「ちょっとだけ。」

「今も片手運転なのに~。安全第一でお願いします。」

YH「そんなこと言わないで。」

「我慢できないんですか?」

YH「中身はまだ高校生だから~。」

「あははっ!」

次に見えた信号は赤。

ちょっと期待しながら車が止まるのを待った。


つづく>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「あたしが代わろうか?」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
よかったら感想聞かせてください♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. かもめ | URL | -

    ★あい*さんへ

    どんだけ上の空だったんだヌナ!
    ユノは使わない方向で検討しています・・・
    大丈夫でしょうか・・・

  4. かもめ | URL | -

    ★so**さんへ

    ユノ、絶対に素敵なパパになる~♪
    チャミペンでもそう思いますね!

    ユノ、ヌナを守れるかー!

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. かもめ | URL | -

    ★ゆき*さんへ

    ユノと、ユノとまさかのな・・・!!
    そんな妄想を♪ご飯支度しながら♪

    リアルユノはデキ婚かんべん★

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/1699-59d926d7
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。