FC2ブログ

もし、ユノとチャンミンが弟になっちゃったら ep.19

2014年02月27日 17:00

妄想小説 第4幕の19話です。

さーて、おうちに帰ってきました。

それではどうぞ~。




チャンミンに頼まれて買ってきたクロワッサン。

さっそくコーヒーを入れて3人でいただくと、行列ができるだけあってすごくおいしかった。

またあそこに行く機会があったら絶対に買って来よう。


YH「ヌナ~。」

「ん?」

リビングでコーヒーを飲み終わったころ、ユノが部屋からアルバムを持ってきた。

YH「じゃーん!見る?」

「もちろん!」

待ってました!

CM「・・・どこから引っ張り出してきたんですか。」

呆れ顔で見るチャンミンをよそに2人でアルバムを開く。

「うわぁ・・・」

大きなイケメン2人も、子供の頃はかわいいお坊ちゃんだ。

あたりまえだけど。

「面影あるなぁ。」

写真には2人のお母さんも写ってた。

想像通り、チャンミンはお母さん似だ。

YH「この頃のチャンドラ、かわいかったな~。」

確かに、くりんくりんの目が女の子みたい。

これでおねだりなんかされたら、たまったもんじゃないな。

YH「いつも”ヒョン!ヒョン!”って俺の後ろをついて来たんだよな~。」

「それはかわいい。」

想像するだけでかわいい。

CM「今もこんなにかわいいじゃないですか。」

「あははっ!」

思い出話を聞きながらゆっくりページをめくっていく。

YH「そんで、このあたりで背抜かれた。」

そう言って指差したのは、2人が中学生の時の写真。

確かにちょっぴりチャンミンの方が大きい。

YH「ここらへんからかわいくなくなってきたな。」

CM「身長は不可抗力ですよ。同じご飯食べて成長したんですから。」

「っていうか、それだけあれば十分だから。」

欲張りだよ。

ページをめくると、今度は高校の制服に身を包んだ2人が写ってた。

このあたりから今のイケメンオーラが出始めてる。

「モテた?」

って、聞かなくてもわかることをあえて聞いてみる。

YH「モテた・・・か?」

すっとぼけた顔でそういうユノ。

CM「4人かな・・・」

「よにん?」

CM「高校時代にヒョンがうちに連れてきた彼女。」

「おぉー!!」

さすが!

YH「そんなにいたっけ?」

CM「いましたよ。」

YH「そうかぁ?」

思い出すように上を見て考え込む。

CM「クラスメイトに部活のマネージャー、あとはボランティアで知り合った大学生と、保健室の先生・・・」

「えぇっ!?」

せ、せんせい!?

サラッと言ったけど!?

YH「最後のは嘘だから。」

「あ・・・」

だ、だよね。

でも、ありえなくもないから怖い。

CM「覚えてるのはそれぐらいですね。」

「さすがだね。」

CM「他にも、家の前で待ち伏せしてる女の子とかもいました。」

「へぇ~。」

それはちょっとストーカーチックで怖いな。

「彼女が写ってる写真ないの?」

どんな子が見てみたい。

YH「マネージャーなら写ってるかな・・・」

「どれ?」

部活の写真を探す。

CM「あ!この人!」

チャンミンが右端に写ってる女の子を指さした。

YH「おぉ、そうだ。」

「へぇ~、かわいいね。」

お似合いだ。

YH「なつかしいなー。」

CM「今、きっと美人になってますよ。」

「そうだね♪」

CM「なんで別れたんでしたっけ?」

YH「いいよ。そういう話は。」

苦笑いで話を流す。

「チャンミンはどうだったの?」

君もモテただろうに。

YH「こいつはできても連れてこない。」

「そうなの?」

どうして?

CM「だって、ヒョンの天然タラシ攻撃が怖いじゃないですか。」

「あははっ!」

確かに。

YH「はぁ?どーゆー意味だよ!」

CM「自覚ないんですよね・・・」

呆れ顔でユノを眺める。

でも、そこにはあたしも賛成だ。

「ユノ、ちょっと自覚した方がいいよ。」

YH「だから何をだよ!」

頭に?を浮かべながら聞いてきた。


つづく>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「自覚ないのが一番怖い。」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
よかったら感想聞かせてください♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. かもめ | URL | -

    ★あ*さんへ

    ヌナはどっちが持っていくのかな?
    どちらにも持ってかれるのかな?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/1574-7321a56c
この記事へのトラックバック