FC2ブログ

【妄想小説 第4幕】 もし、ユノとチャンミンが弟になっちゃったら ~バレンタイン編~

2014年02月14日 17:00

今日はバレンタイン。

なので書いてみました~。

妄想小説4幕のバレンタインばーじょん!!

弟達、いっぱいチョコもらってくるんだろうなぁ♪

それではどうぞ~。




「・・・なにこれ。」

2月14日。

仕事を終えて家に帰ると、リビングのテーブルの上に綺麗にラッピングされた小箱が山積みになっていた。


ママ「すごいよね~。」

山積みになっているのは、おそらくチョコレート。

「うわぁ・・・」

手に取ってみる。

見たことのあるブランドチョコに、気合の入った手作りもの。

こっちはケーキ。

こっちは・・・ワイン?

「おぉ・・・」

どう見ても義理じゃない。

すごいな、あの2人。

モテるだろうからもらってくるとは思ってたけど、この量は想像以上だ。

まるで卸業者。


YH「ほとんどチャンミンだよ。」


「え?」

後ろから聞こえた声に振り替えると、部屋着に着替えたユノ君が立ってた。

YH「8割がチャンミンの。」

「そうなんだ・・・」

CM「ヒョンは生徒からはもらわないですからね。」

そう言いながら弟くんもリビングに来た。

「あ!このガトーショコラ・・・」

デパ地下で見かけておいしそうって思ったやつだ!

CM「好きなの食べていいですよ。」

ソファーに座りながら言う。

「だ、ダメだよ。」

1つ1つ気持ちがこもってるんだから。

「みんな自分で食べなくちゃ!」

CM「勘弁してくださいよ。糖尿病になります。」

「あははっ!」

確かに。

CM「さーて、夕食ができるまでリスト作るか。」

「ん?」

リスト?

チョコを手に取ると、裏側を見ながら何かをケータイに打ち込む弟くん。

不思議に思ってあたしも1つ手に取って見てみる。

すると、ラッピングの端に何か文字が書いてあった。

YH「誰にもらったかメモしてるんだって。」

「あぁ・・・」

確かに、部署名と名前が書いてある。

YH「来月お返しする時に誰に返すかわからなくならないように。」

「はぁ~。」

なるほど。

この量は全部覚えきれないしね。

CM「大変なんですよ。」

「うれしい悲鳴だぁ。」

そして、きちんとお返しするのが律儀。

CM「来年からは遠慮しようかな・・・」

「ユノくんは?誰にもらったかメモしなくていいの?」

YH「うん。俺は若い女の先生だけだから。」

「そっか。」

CM「次は・・・あぁ、あの人か。」

チョコの裏を見ながらもくもくとリストを作る弟くん。

YH「俺、読み上げよっか?」

CM「お願いします。」

YH「えっと、総務課の・・・」

モテすぎるのも考えもんだな。

そう思いながら、着替えるために自分の部屋に戻った。









夕食を食べて部屋に戻る。

クローゼットを開けて、中から小さい紙袋を取り出した。

「・・・・・。」

これ、どうしようか。

中に入ってるのはチョコレート。

一応弟たちのために用意したんだけど、あのチョコの山を見たら渡す気なくなっちゃった。

っていうか、あれだけもらってきたらもういらないよね。

「じゃあ・・・」

これは後日あたしがいただきましょう。

けっこうおいしそうだったし♪



コンコンッ



「ん?」

ドアをノックする音。

「はーい。」

返事をするとカチャっとドアが開いた。

YH「ぬな?」

ユノ君がひょこっと顔を出す。

YH「ケータイ、リビングにおきっぱだったから・・・」

「あぁ。」

持ってきてくれたんだ。

紙袋を本棚の横に置いて取りに行く。

「ありがと。」

お礼を言って受け取った。

でも、別に着信はないな。

YH「・・・あのさ。」

「ん?」

YH「ヌナは誰かにチョコあげた?」

「え?」

あたし?

「うん。」

YH「誰に?」

「職場の男性陣に。みんなでお金出して共同であげたよ。」

YH「あぁ・・・そーゆーの。」

そーゆーのって。

だって、今は他にあげる人いないもん。

「おかげさまでフリーなので。」

YH「ははっ。」

「来年までにはあげる人を作ります♪」

YH「・・・うん。」

「?」

ん?

ユノ君の視線があたしから離れてすぅーっと後ろに行く。

もしかして・・・

YH「あの紙袋なに?」

本棚の横を指さして言った。

「・・・・・。」

やっぱり。

バレちゃったみたい。

おとなしく取りに行って中身を取り出す。

「一応あたしも用意したんだ。」

そう言ってチョコを差し出した。

「いる?」

YH「俺に?」

「もちろん。」

さっきまで自分で食べるつもりでしたが。

YH「ありがとう。」

うれしそうに受け取ってくれた。

フッと笑った顔がかわいい。

やっぱり用意してよかったな。

「来月、楽しみにしてるからね。」

お返し♪

YH「いーよ。期待してて。」

「あははっ。」



CM「ひょーん!お風呂あきましたよー!!」



話していたら、下から弟くんの声が聞こえてきた。

YH「あ・・・」

「あいたって。」

YH「うん。」

チョコを部屋着のポケットにつっこむ。

YH「じゃ、ほんとにありがと。」

「どういたしまして~。」

笑いながらゆっくりドアを閉めた。


★おわり★




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「え~、お兄ちゃんにだけ?」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
よかったら感想聞かせてください♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。

お兄ちゃんにだけ・・・なわけもなく。
まだおまけがございます♪
どうぞ~★




~おまけ~



コンコンッ。


「・・・ん?」

もう寝ようとベッドに入っていたら、ドアをノックする音が聞こえた。

だれ?


コンコンッ!


ちょっと強めになったノック。

「はぁーい。」

返事をしてベッドから降りる。

電気をつけてからドアを開けると、チャンミンが立ってた。

「・・・どうしたの?」

CM「ヌナ。」

「ん?」

CM「ヒョンにチョコあげました?」

妙に真剣な顔で聞いてきた。

「う、うん。」

さっきあげたけど。

CM「僕まだもらってないんですけど。」

「・・・え?」

だって、君は山のようにもらってきたでしょ。

「いるの?」

CM「はい。」

「そ、そう。」

なら・・・

クローゼットを開けて、さっきの紙袋から残りの一つを取り出す。

「じゃあ、これ。」

ブランドものでもなんでもない普通のチョコだけど。

「ハッピーバレンタイン。」

せめて言葉くらいはつけた。

あたしの手から小さい箱を受け取る弟くん。

CM「・・・ありがとうございます。」

自分から催促したのにちょっと照れ顔で受け取る。

お兄ちゃんに劣らずかわいいな。

っていうか、あんなにもらったのにまだいるんだ。

CM「じゃあ、これと交換で。」

そう言って大きな紙袋を差し出してきた。

「え?」

受け取って中を見ると、さっきのテーブルの上にあったチョコ達だった。

「くれるの?」

CM「はい。もう名前は控えたんで。」

「食べないの?」

全部は無理でも少しぐらいは・・・

CM「僕はこれで十分です。」

「・・・そう。」

CM「気持ちだけはもらったので。」

でも、あたしもさすがにこんなには食べられない。

友達に分けようか。

コーヒーを飲む時のお供でもいいか。

せっかくならみんなで食べよう。

CM「じゃあ、もう寝るところすみませんでした。」

「いいえ。」

CM「おやすみなさい。」

「おやすみ~。」

そう言ってドアを閉める。

「・・・ふぅ。」

ベッドに座ってからもう一度紙袋を除く。

「・・・・・。」

袋いっぱいに詰まった女の子達から2人への気持ち。

ちゃんとみんなでいただきますので。

にしても・・・

「お返し、大変だなぁ。」



★おまけもおわり★


スポンサーサイト





コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. ちょこ | URL | -

    (^_^)/おはよございます。
    いいですね日常の普通の会話!!
    職場にあんなイケメンがいたら
    信じられなくて なんかアラを探して否定しまいそうです。

  6. かもめ | URL | -

    ★うら**さんへ

    ベッタベタの一つ屋根の下・・・
    大量の横流しチョコ、どうするのかな?
    食べるのかな?太るよ?

    旧作品もかわいがってくれてあざっす♪

  7. かもめ | URL | -

    ★あ*さんへ

    うちの中がチョコ臭ですごいことになってるんでしょう♪
    お兄ちゃんとお返しデート行くのかな?
    うらやまし!

  8. かもめ | URL | -

    ★おひさま******さんへ

    おねだりする子供チャンミン想像するだけでかわいー♪

  9. かもめ | URL | -

    ★湯乃**さんへ

    過去作品もかわいがってもらえてうれしいです!
    こんな弟たちがいたら・・・うひひ★
    お気遣いありがとうございます♪
    ツアー楽しみだぁ!!

  10. かもめ | URL | -

    ★ちょこさんへ

    > (^_^)/おはよございます。
    > いいですね日常の普通の会話!!
    > 職場にあんなイケメンがいたら
    > 信じられなくて なんかアラを探して否定しまいそうです。

    アラ探し!
    否定しないで眺めましょう♪

  11. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  12. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  13. かもめ | URL | -

    ★ka**さんへ

    こんな2人にチョコねだられたいっすね♪
    笑顔見せてくれたらいくらでもあげるよ!!
    紙袋いっぱいのチョコくらってください★

  14. かもめ | URL | -

    ★ゆち*さんへ

    ご心配してくださってありがとうございます!
    なんとか元気にやってます~♪
    インフルやっちゃいましたか!
    しっかり体休ませてください!!

    おねだりチャミの勝利かぁ★

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/1565-37a10af6
この記事へのトラックバック