FC2ブログ

【妄想小説 第4幕】 もし、ユノが先生だったら ~バースデー特別編~

2014年02月06日 17:00

本日はユノくんのご生誕日。

みなさん自分なりにお祝いされていると思います。

さーて私は例年通り、本人には一銭の得にもならない妄想を。(ならやめれ)

しかも、ご生誕日には全くふさわしくないめっさしょーもない妄想です。

今回は妄想小説の第4幕、ユノ先生が勤める高校の生徒達のプチストーリーです。

あんな先生がいたら女子大変だろうな・・・

ってことで、かるーい気持ちで読んでやってください。

それではどうぞー♪




「せーんせ♪」

YH「ん?」

授業を全て終えて、職員室のデスクで仕事をこなしていた放課後。

後ろから生徒の声がして振り返った。


YH「おぉ、どーした?」

「はっぴーばーすでー!!」

満面の笑みの女生徒が、両手で綺麗なラッピングバッグを差し出してきた。

YH「・・・・・。」

これ、今日何回目だ?

隣を見ると、同い年の先生が肩を震わせて笑ってる。

YH「ありがと。」

生徒の顔を見てお礼を言う。

でも、プレゼントは受け取らない。

「早く開けて?」

YH「いや、気持ちだけもらうよ。」

「えー・・・なんで?」

YH「気持ちだけで十分だから。」

「そんなぁ。朝早く起きて焼いたのに・・・」

残念そうに下を向く。

どうやら中身はお菓子っぽい。

「もらってくれないの?」

ちょっと顔をかしげてねだるように言ってくる。

はぁ・・・

最近の女子高生は。

こーゆーのどこで覚えてくるんだか。

YH「お菓子もいいけど、先生もっと欲しいものがあるんだけど。」

「え?なに?」

俺の言葉に、生徒の表情がパッと変わった。











今日の朝、3時起きで作ったケーキを片手に教室に戻る。

『お、帰ってきた。』

『おーい!どうだっ・・・あ。』

あたしの手にあるプレゼントを見て、友達の表情が変わった。

「げきちんでーす。」

そう言いながら机の上にケーキを置く。

「食べる?味の保証はするよ。」

予行練習したし。

『ってか、あんたでもダメだったんだ・・・』

『うちの学年じゃ一番かわいいのにね。』

その褒め言葉には謙遜しない。

だって、努力してるもん。

毎朝1時間かけてバレないナチュラルメイクしてるもん。

毎日夜6時過ぎたら何も食べないようにしてるもん。

『あんた入れて何人挑んだんだ?今日。』

『あたし3人は見たよ。廊下とかで。』

「バレンタインも同じかな~。」

一応チャレンジするけど。

『前の学校じゃさ、協定あったみたいだよ。』

「は?」

きょうてい?

『誰も抜け駆けしないように”みんなのユノ先生協定”。』

「はぁ~?」

少女マンガかよ。

「そういえば・・・言われたよ、あれ。」

『あれ?』

「”プレゼントは次のテストでいい点が見たい~”ってやつ。」

『あー、それ!』

めちゃくちゃキレイな笑顔で言われた。

『みんな同じパターンじゃーん。』

「ちくしょー・・・」

椅子に座ってうなだれる。

「100点取ったら抱いてくれる確約ちょーだいって話よ。」

そしたら毎日ガリガリやるのに。

『それやったらうちの高校、女子の偏差値だけ急上昇だよ。』

『だね~。』

あーあ。

年下には興味ないって噂マジなのかなー。

それとも、職員室の中で渡そうとしたのがマズかったか・・・

『お、うまいじゃん。』

さっそくラッピングを取ってケーキを食べてる友達。

『ほんとだ。おいし~♪』

「愛情たっぷり詰まってるからね。」

ギューギューに詰め込んだからね。

『そーだ。4月から、先生のケータイ番号非公開にするらしいよ。』

「え?なんで?」

『ちょっとしたことでも直で先生にかける人が多くなっちゃったかららしい。』

「うっそぉ・・・」

じゃあ、もう先生のケータイにかけられないってこと?

『でも、今の番号みんなにバレてんじゃん。』

『変えるみたいだよ。特にユノ君は。』

「うそぉ!!」

『実被害が一番多いからね。』

まじで!?

ショック~。

『新しい番号、高値で取引されそうだよね。』

『あははっ!マジありえるから怖い。』

「あたし買っちゃいそうで怖い。」

『あたしも怖いわ。』

『いい加減あきらめてあの人にしたら?』

「え?」

『この前告られてたじゃん。サッカー部の先輩。』

「・・・あぁ。」

そんなのもいたっけ。

「無理。つーか、ユノ毎日見てたらこの学校の男子とかみんなイモにしか見えない。」

『あ~、それはわかる~。』

頷きながらもくもくと食べる。

『ぶっちゃけ、いるかな女。』

『聞いても”ひみつ”ってしか言わないからね。』

「どんな女よ・・・」

若さなら絶対に負けないのに。

『いないわけないよね~。』

『あ、あいつは?今年入ってきた美術の。そこそこ美人じゃん。』

「あいつは違うって。つか、フラれたっぽい。」

部活の先輩から聞いた情報。

『マジで!?』

『あの女やっぱり狙ってたのか・・・』

「みとめなーい。あんなババア。」

『ちょっと、言葉づかい。キャラ怖いって。』

「あんなのに渡さない~♪」

『あと、これ見た?』

そう言ってポケットからケータイを出す友達。

「なに?」

『隣のクラスの幼馴染がさ、この前の休みに街でユノ君見かけたんだって。』

「まじで?」

『それで、こっそり隠し撮りしたらしいんだけど・・・』

「まじで!?」

見せて!

『はい、これ~。』

「かして!!」

友達の手から奪い取って画面を見る。

「ん?」

あれ?

「・・・誰?」

『ん?』

「このイケメンだれ?」

先生の隣に写ってる人。

『見た?』

「誰よ!」

ちょーかっこいい!!

『これ、弟らしい。』

「・・・は?」

マジで?

『どれどれ見して!』

もう一人の友達があたしの手からケータイを奪う。

『うっそー!まじ?おとうと!?』

『すごくない?まったく違うタイプのイケメン。』

「・・・・・。」

『パパとママ見たいわ~。』

『だよね。』

「・・・紹介。」

『ん?』

「先生、弟紹介してくんないかな?」


★おわり★




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「ハードル高いよ。」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
よかったら感想聞かせてください♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. ちゃみ | URL | F/CdC9VI

    楽しく読ませてもらいましたwww
    紹介って、弟の方が女子高校生にとってはよりハードル高くないかな?(笑)
    ユノが先生だったら どんなに高校生活楽しかっただろう・・・(遠い目)
    で、教科何? かもめさん!!(笑)

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. かもめ | URL | -

    ★ちゃみさんへ

    > 楽しく読ませてもらいましたwww
    > 紹介って、弟の方が女子高校生にとってはよりハードル高くないかな?(笑)
    > ユノが先生だったら どんなに高校生活楽しかっただろう・・・(遠い目)
    > で、教科何? かもめさん!!(笑)

    楽しんでもらえてうれしいです♪
    ユノが先生だったら毎日天国です!
    で、彼は何を教えてるのか・・・

  8. かもめ | URL | -

    ★ka**さんへ

    その1コ上の人すごいなぁ!
    やればできる・・・結婚できる・・・
    ユノとも結婚できる!?(やめれ)

  9. かもめ | URL | -

    ★mer**さんへ

    またコメントいただけれうれしいです♪
    大変な毎日をお過ごしみたいですね。でも、前向きに頑張られてる姿、2人と同じだ♪
    こんなブログでも息抜きになればうれしいです。
    ツアー参加されるんですね!今から楽しみですね!

  10. かもめ | URL | -

    ★あ*さんへ

    あんなルックスで地味な教科教えてたら萌える!!
    あ*さんの学校にも教えに行ってあげて~。
    想像できないけど・・・

    会いたいとか言ってもらってうれしっす★

  11. かもめ | URL | -

    ★マ*さんへ

    大丈夫でしたか!?
    お怪我なかったですか!?
    助けてくれた中学生優しい・・・

  12. かもめ | URL | -

    ★おひさま******さんへ

    ユノに「勉強しろ」とか言われたい♪
    学生いいなぁ・・・

  13. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  14. かもめ | URL | -

    ★ゆき*さんへ

    せっかく新大久保に行ってきたのに、運が悪かったですねぇ・・・残念!
    次はニコニコ店員でありますように!

    ユノ先生に見つめられて「ありがとう」なんて言われたら来年も持ってく・・・

  15. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  16. かもめ | URL | -

    ★おひさま******さんへ

    TENSE楽しんでますか?
    2人が気合入れて作ったアニバーサリー作品だけあって、素晴らしい出来ですよね♪
    何度聞いても聞き飽きない~。

    ツアーチケット確保できましたか!
    わたしも希望していた1公演は確保できました★
    今から楽しみですね~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/1561-00d1d0cb
この記事へのトラックバック