FC2ブログ

もし、ユノとチャンミンが弟になっちゃったら ep.14

2014年02月04日 17:00

妄想小説 第4幕、14話です。

無事に弟'sにぶった切ってもらったヌナ。

よかったね。

それではどうぞ~。




3人での帰り道。

2人の後に付いて歩きながら、自分のケータイを触る。


CM「消しました?」

「・・・うん。」

今、彼の電話番号を消した。

CM「念のために着信拒否した方がいいんじゃないですか?」

「大丈夫だよ。」

YH「いや、したほうがいいよ。」

「・・・そうかな?」

確かに、かかってきたらつい出ちゃうかもしれない。

言われたとおりに着信拒否にした。

CM「設定しました?」

「はい。」

そう返事をしてケータイをしまった。

あぁ・・・

終わった。

これで、やっと終われたんだ。

「・・・・・。」

やばい。

今さら涙がこみ上げてきた。

とっさに隣を歩いていたユノ君の背中に隠れる。

YH「ん?」

「・・・・・。」

YH「どーしたの?」

「・・・・・。」

CM「もしかして・・・泣いてますか?」

「!!」

ばれた。

YH「え?」

振り返ろうとしたユノ君の背中を思わずホールドする。

YH「ぬ、ぬな?」

お願い。

少しだけそっとしておいて。

CM「あんな男、涙を流す価値もありませんよ。」

「っ・・・」

そうかもしれないけどさ。

「でも・・・すきだったんだもん。」

YH「・・・・・。」

CM「・・・・・。」

涙まじりのぶさいくな声。

もう、弟にこんな姿を見せるなんて・・・

なさけない!

「ずびっ・・・」

でも、出すものを出したら気持ちもすっきりした。

涙を拭いてから、ユノ君の背中を解放する。

「はぁ~・・・」

上を見上げると綺麗な星空。

「なんか・・・」

YH「ん?」

「2人がいてくれてよかった。」

そうじゃなきゃ、断ち切れないでずるずる続けてた気がする。

「・・・ありがとう。」

空を見上げたままお礼を言う。

CM「いいえ。」

YH「どういたしまして。」

「あははっ。」

笑いながら2人の間に入る。

すると、優しい顔で見下ろしてくれた。

「でも、チャンミンはやりすぎ。」

CM「そうですか?」

YH「そーだよ、やりすぎ!」

CM「いい仕事したと思ったんだけどなぁ・・・」

しらっとした顔でつぶやく。

「そうだ。今夜は飲もうよ!」

YH「これから?どこで?」

「うちで~。」

CM「あぁ、いいですね。お酒買って帰りましょうか。」

「うん!」

YH「どこ寄っていく?」

CM「確か駅前に・・・」












「ん・・・」

カーテンから漏れてきた光に目を覚ます。

なんか・・・かたい。

枕が固い。

そう思って目を開けると、大きな照明が見えた。

「?」

あれ?

ここ・・・リビング?

「うっ・・・」

体が痛い。

もしかして、床で寝っちゃったのかな。

でも体を起こそうとしても、うまく足が動かない。

「・・・ん?」

不思議に思って足を見てみた。

「え?」


YH「すぅ・・・すぅ・・・」


「・・・・・。」

あたしのももを枕にしてユノ君が寝てる。

もしかして・・・

今度は自分の枕を確認してみる。


CM「ん・・・」


案の定、弟くんのももを枕にして寝ていた。

周りを見ると、ビールの缶や焼酎の瓶が乱雑に散らかってた。

昨日・・・どれだけ飲んだのあたし達。


ママ「何やってるの?」


「!!」

ドアの方からお母さんの声が聞こえてきて固まる。

でも、ユノ君が乗ってるからうまく動けない!

ママ「うわぁ・・・これ、全部飲んだの?」

「あ、えっと・・・」

もごもご答えながらももに乗ってる小さい頭をそっと寄せる。

変わりにクッションを挟んで寝かせた。

ママ「このまま寝たの?」

「た、たぶん。」

ママ「まぁ、楽しそうでいいけど。」

「ごめん。今片づけるから。」

そう言って立ち上がる。

「はぁ~。」

両手上げて背伸びをする。

なんか、体は痛いけど気持ちはすっきりしてる。

まるで憑き物でも落ちたみたいだ。

YH「すぅ・・・すぅ・・・」

CM「んん・・・すぅ・・・」

下を見ると、かわいい寝顔が2つ。

ヤケ酒に付き合ってくれた2人を起こさないように静かに片づける。

お礼においしい朝ごはんを用意しよう。

そう思いながら転がっている空き缶を拾った。


★第一部 おわり★




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「これからが本番やんけ。」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
よかったら感想聞かせてください♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。

ってことで、ここで一区切り♪
お付き合いいただきありがとうございました★
第2部ができ次第アップしようと思います!
ちなみに、まだアンケート置いてますので、よかったら~。



♪東方神起 絶賛7集活動中♪
お時間のある方は、こちらからSomethingの公式動画をもっかい見てみて♪
スポンサーサイト





コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. かもめ | URL | -

    ★おひさま******さんへ

    ヌナ、そんなに美人なのか・・・
    でも、チャミがそういうなら・・・
    やっば美人いいな!!

  8. かもめ | URL | -

    ★あ*さんへ

    優しくでゴージャスな兄弟・・・ほしい!

    Hide&Seek届きましたか!
    しかも、困り顔のユノヒョンが届きましたか♪

    続きができ次第よろしくです★

  9. かもめ | URL | -

    ★ka**さんへ

    チャミの頭はどこに乗ってるんですかね~。
    ユノのももだったら笑えるのに。ぐるっと1周。

    それにしても、ヌナ贅沢すぎますねぇ。

  10. かもめ | URL | -

    ★milk***さんへ

    兄弟のどちらかほしっすか?
    やっぱりチャミ?うひひ・・・
    あのカモシカレッグで寝てみたいですね♪

  11. かもめ | URL | -

    ★Saya**さんへ

    今回も振り切れてうらやましいヌナ!
    2人にはさまれて寝てみたいもんです~。
    2部もできしだいよろしくです★

  12. かもめ | URL | -

    ★ル*さんへ

    ヌナ、贅沢すぎてどうしてやろうかなレベルです。
    ぜひ乗り移って楽しんでください♪
    今日の当落発表ドキドキですね~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/1557-50f1376f
この記事へのトラックバック