FC2ブログ

もし、ユノとチャンミンが弟になっちゃったら ep.11

2014年02月01日 17:00

新作妄想 第4幕、11話です。

少し時間が戻りまして・・・

ユノとヌナのデートの数日前の話になります。

今回、初めてヌナ以外の視点でスタート。

それではどうぞ。





数日前 --------------------


『あのぉ・・・』

バーのカウンターに1人座っていたら、後ろから誰かに話しかけられた。


CM「ん?」

振り向くと、知らない女性が2人こっちを見ている。

『お一人ですか?』

CM「え?」

『もしよかったら、あたし達と飲みませんか?』

CM「・・・・・。」

あぁ、お誘いか。

でも今日はあいにく・・・

CM「すみません。ちょっと待ち合わせをしてるんで。」

『あ・・・そうですか。』

丁重にお断りすると彼女たちは店の奥に戻っていった。

前に向き直って時計を見る。

・・・遅いな。

今日も生徒につかまってるのかな。


YH「ちゃんどら!」


CM「あ。」

来たか。

声が聞こえた方を見ると、息を切らしながら店に入ってくるヒョンが見えた。

急いで来たみたいだ。

YH「悪い。待ったか?」

CM「はい。」

YH「ごめんって。」

謝りながら僕の隣に座る。

YH「久しぶりだな。2人で外で飲むのなんて。」

CM「ヒョン何飲みます?」

YH「俺は・・・今日はいいや。すいません、ソフトドリンクとかありますか?」

そうお店の人に聞く。

YH「で、何?うちで話しづらいことって。」

メールにそう書いてヒョンを誘った。

CM「週末、ヌナをどこに連れてくか決めました?」

YH「え?」

僕の質問に驚いた顔でこっちを見る。

YH「なんで?」

CM「あの廊下、けっこう声響くんですよ。」

YH「・・・そ。」

会話がばっちり聞こえていた。

CM「もしかして、本気で狙ってます?」

そう聞くと、真顔になって視線を前に戻す。

CM「ヌナ、男いますよ。」

YH「知ってる。」

CM「まぁ・・・そうですよね。」

あんな風に出ていったらどんなに鈍くても感づく。

YH「でも、なんで隠すのかな?」

そうだ。

普通に付き合ってるなら隠す必要なんてない。

CM「言えない理由があるんじゃないですか?」

YH「りゆう?」

CM「はい。」

YH「例えば・・・なに?」

CM「うーん、相手が指名手配犯とか。」

YH「えぇっ!!」

CM「・・・冗談ですよ。」

真に受けるな。

CM「まぁ、理由としてスタンダードなのは・・・」

YH「なのは?」

CM「奥さんがいる人と付き合ってるとか?」

YH「・・・・・。」

僕の言葉にヒョンの表情がフリーズした。

CM「僕、最初の食事会の後に言ったじゃないですか。」

YH「・・・あぁ。”前に見かけたことある”って言ってた、あれ?」

CM「はい。その見かけた場所がここなんです。」

YH「え?」

CM「この席で、男と2人でいました。」

相手はあきらかに年上だった。

CM「今思うと、いかにもそんな感じでしたよ。」

YH「人違いじゃないの?」

CM「いや、おそらく本人です。」

YH「なんで?」

CM「結構タイプだったからガン見したんで。」

YH「・・・そう。」

少し呆れ顔で言うヒョン。

CM「あと、ヌナうなじに少し目立つほくろがあるのわかります?」

YH「あ・・・うん、あるな。」

CM「ここで見かけた時も髪を上げてたんで見えたんです。」

妙にエロかったから印象に残ってた。

CM「それに、この前カマかけたらちょっと動揺してたんで。たぶん当たりです。」

本人は必死にしらきってたけど。

YH「はぁ・・・なるほどな。」

CM「なーんであんなオッサンと付き合ってるのかな。」

YH「オッサンなの?」

CM「たぶん、僕らより一回りは上です。」

YH「・・・へぇ。」

CM「で、どうします?」

YH「・・・・・。」

CM「ほっときます?」

ついこの間まで他人だった姉のことなんて。

YH「飯に行った時、聞いてみる。」

CM「たぶんすっとぼけますよ。」

YH「それでも聞いてみる。」

・・・そうですか。

CM「もしダメだったら、2軒目はここに誘ってください。」

YH「え?」

CM「僕が待機してるんで。2人でなら落とせるでしょ。」

YH「・・・わかった。」

CM「もし必要がなくなったら連絡ください。」

YH「うん。」

そう返事をして、ヒョンがグラスを手に取った。


つづく>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
ランキングボタンをぽちっとしていただけると励まされます♪


皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
よかったら感想聞かせてください♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。


♪東方神起 絶賛7集活動中♪
お時間のある方は、こちらからSomethingの公式動画をもっかい見てみて♪
スポンサーサイト





コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. | URL | -

    vote=(どっちともくっつかずに攻められ続けてほしい)
    お願いします神様

  8. かもめ | URL | -

    ★あ*さんへ

    やっぱり怖いイケメン兄弟・・・
    ユノは純粋なのかなぁ?
    チャミみたいなのマジ敵に回したくない!

  9. かもめ | URL | -

    ★Saya**さんへ

    コメントうれしいです!あざっす!!
    1幕がお気に入りですか?いやっほい♪
    また感想聞かせてもらえればうれしいでーす★

  10. かもめ | URL | -

    ★すいか**さんへ

    生活での楽しみなんて言っていただいてうれしー!!
    ビギの集金メール、いつもガン無視のかもめっす。
    水原ちゃんのイメージいい!ありです~★

  11. かもめ | URL | -

    ★ル*さんへ

    最後の突っ込み待っててくださったんですか?
    みあねよ~。
    次からつけよー★

  12. かもめ | URL | -

    ★マンド***さんへ

    仕事終わりに読んでくださってありがとうございます♪
    楽しんでもらってうれしー!
    今度バーチャミともデート行かせてみよう★

  13. かもめ | URL | -

    ★ディアチャ***さんへ

    コメントもらえてうれしいです♪
    過去作品も読んでくださってあざーっす!!
    また感想聞かせてもらえたらうれしっす★

  14. | URL | -

    vote=(弟くん(チャミ)とくっついてほしい)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/1554-1fb5a0db
この記事へのトラックバック