FC2ブログ

もし、ユノとチャンミンが弟になっちゃったら ep.6

2014年01月27日 17:00

新作妄想 第4幕、6話です。

それではどうぞ。




みんなでコーヒーを飲んでから部屋に戻る。

すると、ベッドの上においていたケータイが光っていた。


画面を見ると、着信が1件。

「・・・・・。」

もう1人暮らしじゃないから電話はしてこないでって言ったのに。

かけ直さずにもう一度ケータイを置く。

お風呂にでも入ろうかな。

明日は仕事だし。

朝も早いし。

でも、誰か入ってるかもしれないな。

確認してこよう。

そう思って部屋から出ると、誰かが階段を上ってくる足音がした。

YH「♪~」

鼻歌が聞こえる。

これは・・・お兄ちゃんの方だな。

ご機嫌みたいだ。

お風呂上りかな?

なら、ちょうど今空いてるかも。

「ユノ君、今上がった・・・」

YH「あ。」

「!」

風呂上がりのお兄ちゃんの格好に一瞬固まる。

上半身裸で頭を拭きながら歩いてくるユノ君。

YH「あ・・・えと・・・Tシャツ忘れちゃって~。」

何も言ってないのに、笑顔で言い訳しながら部屋へ駆け込んでいった。

「・・・・・。」

そっか。

男の子にとってはこんなの日常かも。

一緒に住むなら慣れないとな。

にしても・・・立派な上半身。

ちょっとドキドキしちゃった。

CM「すいませんね。」

「え?」

そう声をかけられて振り向くと、部屋から顔を出してる弟くんが見えた。

CM「男所帯だったもんで。」

「・・・だよね。」

YH「気を付けまーす!」

隣の部屋からお兄ちゃんの声が聞こえる。

CM「こう言ってますけど、たぶんまたやりますから。」

YH「チャンドラ!聞こえてる!」

「あははっ。」

やっぱり仲良し。

「いいよ。パンツ1枚とかでうろうろしないでくれれば。」

CM「いや、それもやるな。」

YH「やんないってば!」

そう言いながらお兄ちゃんも部屋から出てきた。

ちゃんとTシャツを着て。

CM「絶対やるでしょ。」

YH「気をつけるって!」

CM「無理でしょ。なんで、ヌナも下着姿でうろうろしてもいいですよ。」

「あははっ!」

そうきたか。

YH「うん、いいよ♪」

「いや、遠慮します。」

CM「そんなこと言わずに。」

「あははっ!」

笑いながら階段を降りた。


つづく>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「ユノのパンツ一枚大歓迎だってば。」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
よかったら感想聞かせてください♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。


♪東方神起 絶賛7集活動中♪
お時間のある方は、こちらからSomethingの公式動画をもっかい見てみて♪
スポンサーサイト





コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. かもめ | URL | -

    ★ゆき*さんへ

    あたしの脳内はどうなっていくんでしょうか・・・
    とりあえずユノをパン1でですね!
    わかった!頼んでみる!!

  4. かもめ | URL | -

    ★うら**さんへ

    1票あざっした♪
    チャミの板チョコ胸筋も見たいっすねぇ。
    頼んでみようか・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/1549-c70193ef
この記事へのトラックバック