FC2ブログ

【妄想小説 第2幕】もし、チャンミンとメールできたら。おまけ。

2013年10月27日 09:04

さて、ぽつぽつと書いているメールシリーズです。

ヌナ編を書いていたら、ちょっと長くなった&どん詰まったので気晴らしにおまけ程度の軽いのを書いてみました。

今回は、バーチャルチャンミン&シンちゃんのマンネコンビです。

ある日の夜、チャンミンにメールを送ったシンちゃん。

メール文面だけのかるーいお話です。

よかったらお楽しみください。

どうぞー♪





"ひさしぶりー。まだ起きてる?もしかして仕事中?"


返信なしーーーーー


”昨日のオンエア見たよ。結構笑った。”


返信なしーーーーー


”今日、姫と一緒にランチ食べたよ。”


CM ”なにそれ。聞いてない。”


"っていうか、メール見てるなら返信してよ。"


”ランチって何?聞いてない。ハルに会うんだったら事前に僕に申請しろ。”


”なんで申請いるんだよ!!自分が「話し相手になってくれ」って頼んできたんじゃん!”


”だからって勝手に会うな。”


”姫が「近くまで来てるんで、良かったら~」って声かけてくれたんだよ!”


”ふーん。あ、まさか奢らせてないだろうな。”


”ちゃんとあたしが払ったよ。年上ですから~。”


”当たり前だ。”


”っていうかさ、さっきからなんでそんなにケンカ腰なの!?せっかく今日の姫の写真送ってあげようと思ったのに。”


”え?写真?”


”最近会えてないんでしょ?今日めっちゃくちゃかわいいワンピース着てたよ~。”


”今すぐ送って。”


”そんな上から目線のやつに送るか!ちなみに、ワンピースは白でした。”


”いいから送れ。早く。”


”おやすみ~。明日も仕事がんばって。”


”ごめん。少し態度が横柄だった。”


”…しょーがないな。送ってあげよう。”


数分後ーーーーー


”あれ?返信ないんですけど。ありがとうは?”


"ありがとうございます。っていうか、このハルと2人でランチ食べたのか。”


”うん。”


”代われ。”


”これ、次にチャンミンと会う時に着ようと思って買ったんだって。「こうゆう感じチャンミン好きですか?」って聞かれた。かわいくて食べようかと思った。”


”絶対に食べるな。っていうか、それ僕に言ってもいいのか?”


”かわいすぎて言わずにいられないもん。次会う時にこれ着てたらちゃんと新鮮なリアクションしてよ。”


”そこは任せろ。”


”俳優業もされてますしね。あ、そういえばチャミナへの不満も聞き出したよ。”


”え…不満?僕への?”


”うん。聞きたい?怖いからやめとく?”


”…いや、聞く。直す自信あるから。”


”あのね~「もうちょっとかっこよくなくていい。」だって。”


”…は?”


”あんまりかっこいいと一緒にいてたまに辛くなるんだって。っていうことで、がんばってもう少しブサイクになってください。”


”…は?”


”直す自信あるんでしょー。次に会う時はボッサボサの頭でダッサイかっこして行ってね。顔いじるのは事務所NGだと思うから。”


”っていうか、ふざけてるだろ。”


”マジで言ってたんだって。あのこ、天然であーなの?計算だったらショックなんだけど。”


”変なこと言うな。”


”だって前にそーゆーの…あ、すいません。”


”へぇ。そういうこと言うと、そっちが今までやらかしてきたことも掘り返すぞ。”


”ホントすいません。もう二度と言いません。”


” 人の元カノのことなんて早く記憶から消せ。”


”そっちもお願いします。”


”今日、余計なこと話してないだろうな?”


”話してないよ~。チャンミンの彼氏ぶりを聞いてただけ。”


”あ。ハルからメールがきた。”


”そー?じゃ、あたしはこれで。”


”待て。次に会うことになったら事前に必ず連絡!報告!わかった?”


”はいはい、わかったよー。姫によろしく~。”



★おわり★




当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. mu | URL | recpWgUI

    シンになりたい

    お久しブリーh
    …で、嬉しいです

    チャンミンと本音が言い合えるシンちゃんになりたい…
    ってか、ここまで送受信繰り返すなら、しゃべれーって。
    時々、私にも起こる現象です^_^;
    次回も、楽しみにしてまーす!

  3. Izumin | URL | 4rAuvfhY

    いいな〜

    シンちゃんには冷たく無視なのに、ハルちゃん事になると即反応するチャンミンさん。チャンミンさんにそんなに思ってもらえる女子ってどんな女子ぃ?って、そんな愛されタイプの女子が周りにいないため、全く想像出来ない…(もち私も違う)

    シンちゃんの立場でもいいからなってみたひぃー(誰だってそうか!)

    ヌナ編も期待しておりまする🙏

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/1464-3c3669df
この記事へのトラックバック