FC2ブログ

もし、東方神起のマンネになれたら ep.6

2010年09月26日 17:00

妄想小説第2幕、第6話です。

バーチャルユノ、未知の感情にとまどい始めました。

それでは、どうぞ~♪

ちなみに、第1話はこちら




今日はちょっと寝坊しちゃった。

昨日遅くまで踊り過ぎたか・・・。

急いで練習室に駆け込む。

「間に合ったーー?」

そう叫びながら飛び込むと、なんか異様な雰囲気だった。


「・・・どしたの?」

クラスメイト 「おお!シン!」

「・・・なんかあった?」

クラスメイトに尋ねる。

クラスメイト 「ユノ達・・・デビュー決まったかも。」

「まっ・・・まじでーーーーー!?」

ユノヒョン達5人が社長室に呼ばれて行ったらしい。

それでみんなが騒いでいた。

よかった・・・!!よかった、ユノヒョン!

ジェジュンヒョンやジュンスヒョンも呼ばれて行ったらしい。

すっごい・・・自分のことみたいにうれしい。

なんかお祝いでもしようかな・・・。

そんなことを考えていたら、ふいに名前を呼ばれた。

カン 「シン!!遅いぞお前!!」

「・・・おじさん?」

廊下でおじさんが呼んでた。

カン 「ちょっと来い。」

「・・・うん。」

・・・なんだろ?

クラスメイト 「シン・・・まさか、お前も?」

クラスメイトが俺を一斉に見る。

「んなわけないじゃーん。俺まだ入って半年だよ?別の用事だって。」

そうみんなに言って、おじさんに付いて行った。



「おじさん!ユノヒョン達もしかしてデビュー?」

歩きながらおじさんに聞く。

カン 「・・・そうだ。」

「ほんっとに!?やったーーー!!」

絶対お祝いしなきゃ~♪

でも、そしたら今までみたいに構ってもらえなくなるか~。

それはちょっとさみしいかも・・・。

そんなことを考えて歩いていたら、おじさんの足が止まった。

カン 「シン、入れ。」

気づいたらスタジオの前。

ここは・・・ボイストレーニングのスタジオだよな。

俺は歌のレッスンは受けたことないし、入ったこともない。

「・・・なんで?」

カン 「いいから。」

「・・・・・?」

恐る恐る入ると、見たことない先生がいた。

カン 「お前、この歌知ってるだろ?」

渡されたCDはここの事務所の先輩のCD。

「・・・知ってるけど、それが?」

先生 「あのマイクの前で1曲歌って。」

「へ?」

そう先生に言われる。

・・・なんだ?

不思議そうにおじさんと見ると「いいからちょっと歌ってみろ」って言われた。

なんだろ・・・歌のレッスンも入れるってことかな?

そう思いながらとりあえず歌った。

先生 「う~ん、声質は悪くないですよ。時間ないけど、ボイトレちょっとタイトに入れてなんとか仕上げます。」

俺の歌を聞いた先生がそう言う。

カン 「そうですか。じゃあよろしくお願いします。」

・・・何の話だ?

スタジオを出ておじさんに付いていく。

次は・・・どこに行くのかな。

そう思って歩いていたら「社長室」と書かれた部屋の前で止まった。

・・・なんで?

おじさんと一緒に中に入るとヒョン達5人がいた。

ユノヒョン達3人の他に・・・アメリカから来たっていうユチョンと同い年のチャンミン。

みんなこっちを見る。

カン 「声はボイトレでなんとか間に合うそうです。」

部屋に入ると、おじさんが社長に話しかける。

社長 「そうか!よかったよかった!じゃあ決まりだな!」

・・・何の話をしてるんだ?

社長 「おめでとう。君達6人でデビューが決まったよ。」


「・・・・・え?」


言っている意味が・・・わからない。


続く>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「ついにきたかーい。」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします!
もしコメントもらえたら、トンで飛んで喜びます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ

    ついに・・・デビュー!!・・・みたい。
    シンの歌声・・・どうなんだろう。あり?

    これで5人そろった!ということで、なんとかこれからもお付き合いくださーい★

  8. かもめ | URL | -

    ★よ*さんへ

    女の子なのに・・・だいじょぶですかね!!
    ついに残りの2人も登場で、進んできます。
    次回もお願いしまっす★

  9. かもめ | URL | -

    ★m********さんへ

    あの中に入れるって・・・うらやま死MAX♪
    戸惑うバーユノに萌えてもらって・・・うれしい!よかったな、バーユノ!葛藤しがいあるだろ!

  10. かもめ | URL | -

    ★き**さんへ

    ワッショイあざっす!!
    バーチャルトンの結成にお立会いいただいて、ありがとうごじゃいます♪
    共同生活とか・・・するのか?

    実際には、そうですよね!現実的に!!

  11. かもめ | URL | -

    ★ぬ*さんへ

    デビューのお話が出ました!シン・・・どうする?
    トイレでマンガに爆笑しました・・・そこっすか!あざっす★

    SWAK・・・ちょーみたい!!楽しみ~♪

  12. かもめ | URL | -

    ★は**さんへ

    そんな風に言ってもらって・・・すっごくうれしいです♪
    ありがとうごじゃいます★

    ついにみんな揃って・・・どうなる!?
    SWAKみてー。抱えて寝るのきっとむりない。

  13. れいち | URL | -

    どきどき!

    読めるのに~
    先が完全に読めてるのに~
    文章をスクロールするたび、シンが自分になったみたいで動悸が激しくなっていきました(笑)
    これからが激楽しみです(^O^)/

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/145-d67dcd3f
この記事へのトラックバック