FC2ブログ

【妄想小説第一幕】もし、チャンミンの誕生日を祝えたら2 最終話

2013年02月25日 17:00

妄想小説第一幕のチャンミンお誕生日企画 最終話 です。

さーて、朝がやってきました。

おまけ程度の最終話ですが・・・

それではどうぞー♪




CM「・ ・・ヒョン!ジェジュンヒョン!」


JJ「ん・・・」

誰かに体を揺さぶられて目を覚ます。

すると、チャンミンが俺の顔をのぞき込んでた。


JJ「・・・へ?」

なんで?

CM「起きました?」

JJ「・・・うん。」

CM「ヒョンが最後ですよ。」

そう言うと、スタスタと部屋から出ていくチャンミン。

その後ろ姿を見てベッドから起き上がる。

あいつが起こしに来るなんてめずらしいな・・・

背伸びをしながら寝起き頭でリビングに向かった。

JS「ヒョン、おはよー。」

YH「おはよう。」

YC「ふぁ・・・」

JJ「おはよ。」

ん?

そういえば・・・

JJ「ヌナは?」

寝坊した時には大抵ヌナが起こしに来るのに。

CM「ヌナは・・・ちょっと遅れます。」

JJ「へー。」

めずらしい。

夜更かしでもしたか。

YC「なに。昨日そんなにハードなやつしたの。」

すぐにユチョンが冷やかしに入った。

CM「・・・してません。」

YC「隠さなくてもいいじゃん。どんなやつしたか教えてよ。」

CM「だからしていない。」

JJ「それよりさー、朝ご飯どーすんの?」

腹減ったんだけど。

CM「もうすぐ出前が届きます。」

JJ「そっか。」

ならヌナがいなくても大丈夫だな。

JS「っていうか、チャンミンは昨日なに食べたの?」

YH「ご馳走だった?」

CM「いや・・・すき焼きですよ。」

JJ「え?」

俺たちと同じ?

誕生日祝ってもらったんじゃないの?

JS「なら一緒に食べればよかったのに。」

CM「・・・・・。」

YC「あー、わかった。なんかエロいかっこして食べたんだよ。そーゆー店あるじゃん。」

CM「なんで朝からそんなことばっかり言うんですか。」

JS「え?ヌナそーゆーことしてくれんの?」

CM「してくれませんよ。なにも言わなきゃずっとあの格好ですよ。」

JJ「ははっ、だろーなー。」

そんなサービスするわけない。

YH「プレゼントは?何かもらった?」

CM「まぁ・・・一応。」

YC「あれでしょ。お米券とかでしょ。」

YH・JS「ぶっ!」

ユチョンの冷やかしにユノとジュンスが同時に吹く。

JS「よ、よく食べるから!?」

CM「ヒョン・・・僕らのこと嫌いですか?」

呆れ顔でユチョンを見るチャンミン。

YC「ううん。うらやましいの。」

CM「え?」

YC「俺も同じマンションに彼女ほしーい。そしたらいつでも会いに行けるのにー。」


「本当に作りそうで怖いんですけど。」


YC「え?」

声が聞こえた方を振り返ると、いつもの半分しか目が開いてないヌナが立ってた。

「おはよ・・・」

JJ「おはよー。」

ねむそーだなー。

「遅れてごめん・・・。もうすぐ出前来るから。」

YH「うん。チャンミンから聞いた。」

YC「ヌナー、大丈夫?うちのマンネが元気よくてごめんね。」

CM「うるさい!」

チャンミン、朝から何回ユチョンにツッコんでんだ?

「ユチョン、このマンションあたし達以外みんなおじーさんだよ。」

JS「あははっ!」

YC「嘘だねー。この前女の子とすれ違ったもん。」

「おじーさんの孫だよ。」

YC「問題ないです。」

「もー・・・ユチョンこわいー。」

泣きそうな声を出しながら洗面所に向かうヌナ。

それを少し心配そうにチャンミンが追う。

なんだかんだ言って・・・うまくいってんだな。



その日、見慣れないスニーカーで仕事に出かけたチャンミン。

お米券じゃなくてよかった・・・



★おわり★




最後までお付き合いいただいてありがとうごじゃいました!
「本当によかった・・・」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
コメント&拍手&ランキングボタンぽち♪に励まされて書いてます。
いつもありがとうございます♪
良かったら感想聞かせてください!
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. みーちゃん | URL | -

    遅くなりましたが、お帰りなさい

    かもめさま
    たぶん、初めてコメントします
    中断の時でさえ、タイミング逃して、やっとコメントできます
    ほぼ毎日読んでたのに、読み逃げですみませんでした

    いつの間にお帰りだったのですか?
    いろんな経緯があったのですね
    (進行形で)
    体調いかがですか?
    ちゃみで上がる免疫力は、半端ないからい毎日どんどん妄想小説書いてください


  3. ミナコ | URL | -

    お久しぶり&おかえりなさーい(;_;)

    覚えていただけていますかー?!ミナコです!!!

    って、閉鎖されている間も、気になって、読みたくって時々来ていたくせに←あたし、アピールだな爆

    自分のHN忘れたバカ女爆
    おそらく、ミナコです(笑)

    そして、先週感動で嬉しくって
    でも、なんかこのヌナシリーズ終わってからにしようと決めて、本日に至りました。

    まずは感想!このメンバーの掛け合い、どうやって思いつくのですか(笑)もう、そこに自分がいるみたい(笑)というか、本人みたい爆

    だから、かもめさんの小説はオンリーワンなのですヽ(;▽;)ノ

    わたし、気持ち伝えるの下手だから、そのまんまで!

    かもめさんがいるから、わたしもっと彼らが、特にチャミとユチョンが(笑)好きになれました!
    わたしは、福岡参戦ですが、かもめさんが札幌でめーいっぱい幸せ笑顔で、とろけれますように!

    こころより、影より
    でもめーいっぱい!
    応援しています!



    そして、わたし

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. はな | URL | -

    退院おめでとうございます!手術後やっぱり頭を動かすの厳禁でしたか?地獄でしたよねてっぺんにコブできましたもん(ー_ー)!!
    文面は元気そうで何よりです。本当にそうならばいいんですがご無理されないでくださいね。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/1197-57dd5300
この記事へのトラックバック