FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし、ユノと結婚できたら 最終話

2012年11月07日 17:00

もし、東方神起のマンネになれたら」の続編 最終話です。

衣装合わせに旦那様も来てくれるようで。

よかったなー。

それでは、どうぞー♪




『では、ご主人のタキシードはこちらを用意しておきますね。』

「はい!」

衣装合わせ2日目。

昨日ユノがいいって言ってくれたドレスに合わせて、スタイリストさんとタキシードを選んだ。


『何時頃にいらっしゃるんですか?』

「わからないんですけど、そんなに遅くならないって言ってました。」

『そうですか。では、奥様のドレスを先に着付けましょうね。』

「はい!」

スタイリストさんと一緒に試着室に入る。

『今日は4時まで他の方の打ち合わせがありませんので、ゆっくりお選びいただけますよ。』

「ほんとですか?よかった・・・」

『アクセサリーも用意しましたので、ドレスが決まったらそちらも選んでいきましょうか。』

「はい。」

いろいろ話しながらドレスを着終わる頃、試着室の向こうから男の人の声がした。

「!」

ユノが来たかな?

そう思っていたら、カーテンの向こうから別のスタイリストさんが声をかけた。

『ご主人いらっしゃいましたよ。』

やったぁ!

『カーテン開けてもよろしいですか?』

「はい!」

返事をすると、綺麗なカーテンがゆっくり開いた。


YC「おー、綺麗じゃん。」


「・・・・・。」

あれ?

ご主人・・・じゃないんですけど。

そう思いながら、試着室の前で腕組みをして立つユチョンヒョンを見る。


JJ「おおー!それにしたんだ!」


「!?」

その声に入り口の方を見ると、ジェジュンヒョンがいた。

え・・・なんで?

っていうか、ご主人様は?

と思っていたら、ジェジュンヒョンの後に続くようにユノも入ってきた。

「!」

スタイリストさんに案内されてこっちに来る。

YH「悪い。待ったか?」

「ううん、いいよ。っていうか・・・」

なぜヒョン達も?

YH「2人も一緒の仕事だったからさ。話したら来るっていうから。」

YC「暇つぶしに来ちゃった♪」

そう言ってにっこり笑うユチョンヒョン。

「暇つぶしって・・・」

まぁ、いいんだけど。

「それより、どう?」

昨日写真を見て選んでもらったドレスを見せる。

YH「・・・うん。すごい綺麗。」

優しく笑ってそう言ってくれた。

やった!

じゃあ、もうこれに決め・・・

YC「そーかー?」

「え?」

決めちゃおうかと思った時、隣のユチョンヒョンが言った。

YC「こっちのは?」

「これ?」

YC「こっちのも綺麗じゃん。」

そう言ってそばに展示してあったドレスを指差した。

YH「これ、昨日着た?」

『あ・・・こちらは、本日入荷したので。』

「そーなんですか?」

『はい。こちらも試着されますか?』

YC「せっかくだから着れば?」

YH「・・・そうだな。」

「うん。じゃあ、お願いします。」

そう3人で話してる間に、ジェジュンヒョンは他のスタイリストさんを捕まえてた。

JJ「あのー、タキシードはどこにあるんですか?」

「あ。」

そうだ!

「ユノのタキシード選んであるよ!」

YH「そーか?」

「着てきて!」

YH「わかった。」

JJ「よーし、じゃああっち行こ!」

ジェジュンヒョンに引っ張られて男子更衣室に向かった。









更衣室の前でシンが着替え終わるのを1人で待つ。

少しすると、新しいドレスを着たシンがカーテンの向こうから出てきた。

YC「おおー、こっちもいいじゃん。」

「そうかな?」

大きな鏡で後姿を見ながら言う。

『こちらもお似合いですよ。』

「ほんとですか?」

YC「前はそうでもないけど、後ろがゴージャスだし。」

「だねー。ユノに見せてから決めよ。」

YC「うん。」

そう話していたら、やっとジェジュンヒョンが戻ってきた。

「遅いよー。ユノまだ?」

JJ「今着替えてる。」

「なんで?用意してたの着るだけでしょ。」

JJ「あれだめー。俺が選び直した。」

「はぁ?」

YC「・・・・・。」

”なんでも似合うだろ”ってイヤミ言ってたのに。

そうして3人で待っていたら、やっとお待ちかねの旦那様が着た。

YH「おまたせー。」

YC「お。」

フル装備でバッチリきめてきたユノヒョン。

やっぱ似合うなー。

「・・・かっこいい。」

YC「ん?」

「かっこいー!!!」

真っ白な花嫁が、周りがびっくりするような大声で言った。

JJ「だろー!絶対こっちのがいいだろ!」

「いい!かっこいい!ナイスじぇじゅんひょん!!」

『はい。とってもお似合いですね・・・』

若干ほっぺをピンクにして言うスタイリストさん。

まぁ、しゃーないか。

「ちょっと写真撮るから!ユチョンヒョンそこのカメラ取って!」

YC「はいはい。」

カメラを渡すと、ドレスを引きずりながらバシャバシャ写真を撮り始める。

YC「ヒョン、こっちのドレスどう?」

YH「こっちもいいな。」

カメラを向ける花嫁を見ながら感想を言う。

YC「シン。」

「ん?」

YC「どうせなら、2人で撮れば?」

「え?」

自分だってドレス着てるんだし。

「あ・・・そうだね。」

YC「カメラ貸して。」

「お願いします♪」

シンからカメラを受け取って、並んだ2人をモニター内に収める。

JJ「あー、シン負けてるぞ。」

俺の後ろからひやかすようにヒョンが言った。

「本番はフルメイクだから大丈夫です!」

JJ「それでも勝てるかどうか・・・」

「勝てます!これでも元モデルです!」

YH「ははっ。」

ムキになって言い返すシンを見て笑うヒョン。

YC「2人とも、こっち見てー。」

「はい!」

YH「はい。」

YC「じゃ、撮るよー。」



パシャッ。



でも結局、ウエディング姿の2人を見るのはこれが最後になった。








1ヶ月前になって、急遽2人の結婚式は取り止めになった。

なぜなら・・・

シンの妊娠がわかったから。


★おわり★




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「さすがユノ!」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


ここで切るのはあんまりなのでおまけを用意しようと思っています。
早ければ明日にでもアップ予定♪(でも、予定は未定★)
よろしくお願いします!


皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
コメント&拍手&ランキングボタンぽち♪が毎日のかもめのおかずでごじゃいます!
いつもありがとうございます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト


コメント

  1. はまちゃん | URL | guLWo90s

    ぐっじょ---ぶっ!!

    さすがユノ!さすがユノ!さすがユノぉ--!←もう三回では言い切れない!!
    素晴らしいです!!
    バ-ユノ&シンちゃん、おめでと---!!!!!
    あぁ…順調にいきますように…。
    今から安産祈願に行きたいぐらいです!
    ただひとつ心配なのは…お腹の子、まさかお医者さんごっこの時の子じゃ・・・・。

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. kako | URL | ncVW9ZjY

    ビビりましたぁ!

    終わりのあたりにきて、いきなりの、『二人のウェディング姿を見るのは最後になった』…で

    一気に全身に鳥肌が立ちましたけどーっ!!!!

    も~かもめさーん!びっくりしたぁ~! マジでビビりました(泣)

    またシンが消えたとか、なんか悲しい結末かと思っちゃいました。

    ハッピーな終わり方で良かったでーす♪ホッとしました。

    いや…、『もー、なんでー?!なんで今?』とかシンが暴れてそうですね(笑)

    そしてやっぱり、さすがユノ!!

  6. cyunn2 | URL | VufRMMGQ

    (TmT)ウゥゥ・・・

    黄金でも泣かなかったのに、かもめちゃんに泣かされた!

    >でも結局、ウエディング姿の2人を見るのはこれが最後になった。
    私もここ読んでまた悪いことが起こっちゃったのかとヒヤリとしましたよぉ。

    でも良かった♪ホントに良かった♪感(┳∧┳)動
    こんなに物語の中の人物に入れ込んだことはありませんよ。
    なんだろ…リアルに生きてる気がする。ユノとシン。

    この間も思ったけど、ホントのユノじゃないんだけど
    ホントのユノみたいでヤキモキしてみたりホロッとさせられたり
    ホントのユノもこんな行動したり言ったりするんじゃないかって
    思えることばかりで…(゚ー゚)(。_。)ウンウン

    あ〜かもめちゃん、ホントに2人を幸せにしてくれてありがとう♡
    オマケ楽しみにしてます♪

    追伸:はまちゃんご指摘のお医者さんごっこの時のベビーか?に私も1票!

  7. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  8. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/1158-f417a267
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。