FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし、ユノと結婚できたら ep.7

2012年11月06日 17:00

もし、東方神起のマンネになれたら」の続編 第7話です。

お医者さんごっこ、楽しそうでうらやましいです。

でも、じゃんねんながらもう朝★

それでは、どうぞー♪





ガツッ!!


YH「ぐぉっ!」

突然腹に痛みが走って目が覚める。

下を見ると、細くて白い手が腹の上に乗っていた。


「すぅ・・・すぅ・・・」

YH「・・・・・。」

横で未だ深い眠りの中にいる奥様。

枕元の時計を見ると、そろそろ起きないといけない時間だった。

YH「シン。朝だ。」

そう声をかけながら体を揺らす。

「ん・・・」

YH「おくさまー!朝ですよー!」

耳元のそばで大きな声を出した。

「うぅ・・・」

やっと反応したシン。

眉をしかめながらゆっくり目を開けた。

YH「起きたか?」

寝ぼけ顔を覗き込んで尋ねる。

「あ・・・う・・・たぶん。」

半開きの目のまま、今にも消えそうな声で言う。

YH「普通、奥様が起こす方なんじゃないか?」

「・・・すみません。」

まぁ、昨日は夜更かししたからしょうがないか。

「いま・・・おきるから・・・」

なんとか起きあがると、ふらふらの足取りのままリビングに向かう。

大丈夫か?

と思っていた矢先、目の前からシンが消えた。


ドタンッ!!


YH「!?」

結構な音を出してすっころんだシン。

YH「大丈夫か!?」

「いったぁ・・・」

下を見ると、尻を強打したらしいシンが座り込んでいた。

「もう・・・これなにー?」

そう言って尻の下から白いものを引っ張り取る。

見ると、昨日使った白衣だった。

2人「・・・・・。」

昨日、片付けないまま寝たからな。

あれを踏んづけてすべったのか。

「いいや・・・ちょっと目さめたし。」

そう言いながら、裸にその白衣を羽織るシン。

俺もパジャマを拾って下だけはいた。

YH「ほい、起きろ。」

ベッドから降りて手を差し伸べる。

「ありがと。・・・よっと!」

YH「それ、ちゃんとクリーニングして返せよ。」

「わかってまーす。」

よろよろぎみのシンを連れてリビングに行った。










ジュー・・・

少しぼんやりした頭のまま、フライパンの上の目玉焼きを眺める。

「うー・・・」

眠くて全然起きれなかった。

できれば料理の音で起こしたかったのに・・・

なさけない。

そう思いながら朝ご飯の準備を進める。

ちょうどテーブルの上が埋まった時、ユノがシャワーを浴びて戻ってきた。

YH「お。できてるな。」

「うん。」

タオルを首にかけたままテーブルにつく。

YH「それでは、いただきます。」

「いただきます!」

そう2人で言って食べようとした時、リビングからケータイの着信音が聞こえてきた。

YH「あ。」

これは・・・ユノのだ。

「仕事?」

YH「かもしれない。悪い、先食べてて。」

「うん。」

一度テーブルを立ってリビングに行く。

少しすると、案の定仕事関係らしい話し声が聞こえてきた。


YH「・・・うん。わかった。」


もしかして、出勤時間早まったとか?

そんな風に思ってたら、すぐに電話を切ってユノが戻ってきた。

「出る時間変わった?」

YH「ううん。午後の仕事の変更。」

「そっか・・・」

テーブルに座ってやっと朝食を食べ始める。

とりあえず、もうちょっと一緒にいれるみたい。

YH「あのさ、今日も衣装合わせ行くんだよな。」

「うん。」

YH「何時から?」

「今日は2時からだけど。」

YH「なら、今日は俺も行ける。」

「え!?」

ほんと!?

YH「午後の仕事が1個キャンセルになったから。ちょっと遅れるけど行けると思う。」

やったぁ!

「じゃあ、ユノの衣装も用意しておくね!」

YH「うん。」

「やったぁ・・・」

やっとタキシード姿のユノが見れる。

仕事では何回か見てるけど、やっぱりこれは別物。

ほんとにうれしい♪

今日も忘れずにカメラ持って行かないと・・・

YH「・・・顔。」

「ん?」

YH「ニタニタしてて気持ち悪い。」

「・・・・・。」

すみません。

「だって楽しみだもん。」

YH「そーですか。」

苦笑いしながら箸を口に運ぶユノ。

それを見ながら、ニタニタ顔のままご飯を食べ続けた。


続く>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「あたしよくニタニタしてますが。」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
コメント&拍手&ランキングボタンぽち♪が毎日のかもめのおかずでごじゃいます!
いつもありがとうございます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト


コメント

  1. ゆ | URL | -

    ほんと 私も ここに来て いつも ニタニタしながら パソコン見てます。
    時には大笑いしながら見ていると、主人が「楽しくていいねえ」と言います。
    ほんとに、ここにお邪魔するのが楽しみです。

  2. cyunn2 | URL | VufRMMGQ

    すみません(;´▽`A``
    私もニタニタして読みました。

    ユノのタキシード姿想像しただけで(● ̄  ̄●)ボォ----
    完全にどこかの世界にワープしてきましたよ♪

    バユノとシンちゃんがスターカップルのようじゃなく
    フツーの恋人…あっ!もう夫婦か。…の雰囲気なところが良いんですよね♡
    そしてどこまでもユノが優しい。(///ω///)テレテレ♪

    追伸:
    お医者さんごっこをしてる2人を覗き見したかった!!
    う〜〜〜む、覗き見したかった!!(←2度言ってみた( ´艸`)ムププ)

    追追伸:
    オープンコメにしてきたけど鍵付きの方が多いので
    そのうち最新コメント欄はcyunn2で埋め尽くされそうだじぇ=3
    テレるじぇ(●´ω`●)ゞエヘヘ

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. はまちゃん | URL | guLWo90s

    ホントに…

    この二人の新婚生活の話…ニタニタがとまりません!
    ドクタ-ユノがマジで見たい!見たい!見たい!!←願望も三回言うことにしました。
    も~~~~!!平凡な幸せが最高の幸せ(うちの旦那が結婚式で言った名言(笑))この二人にはあるわぁ~♪

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/1153-7d494cd3
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。