FC2ブログ

もし、ユノが過ちを犯したら ep.3

2012年09月07日 17:00

もうちょっとだけ書いてみました。

ってことで、妄想第2幕3幕の合同ストーリーの第3話です。

ハルをお迎えに行くチャンミン!

いいなぁ♪いいなぁ♪

でも・・・限定じゃないっす。

それではどうぞー♪




チャンミンが俺から電話を奪って10分。

シンの所に避難しようと準備していたら、俺の部屋のドアがコンコンッと鳴った。


YH 「はい?」

なんだ?

もう電話は終わったのか?

ドアを開けると、案の定チャンミンが立っていた。

CM 「ヒョン。」

YH 「・・・はい?」

まだ少しビビりながら返事をする。

CM 「さっきは言い過ぎました。大人気なかったです。」

YH 「え?」

ずいぶんさっぱりした顔でそう言うチャンミン。

あれ?

機嫌が直ってる。

YH 「あ・・・いや、俺こそごめん。」

念のためもう一度謝った。

でも、助かったぁ・・・

やっぱり彼女の力は偉大だ。

CM 「僕、これからハルを迎えに行ってきます。」

YH 「へ?」

迎えにって・・・今から?

YH 「もしかして、もう1回作らせるの?」

CM 「まさか。そんなわけないじゃないですか。」

YH 「そ、そう・・・」

電話したら会いたくなっちゃったのかな?

CM 「なので、明日の朝までこの部屋出入り禁止でお願いします。」

YH 「うん、わかった。」

CM 「で、シンなんですけど・・・」

YH 「わかってる。言わないから。」

言っても、さすがに今日はおとなしくしてると思うけど。

CM 「それもそうなんですけど、シンは明日何時ごろ出るかわかりますか?」

YH 「えっと・・・いつだろ。」

CM 「朝出ますか?」

YH 「うん。たぶん。」

CM 「じゃあ、明日僕らと一緒に出勤させてください。」

YH 「え?」

俺達と一緒?

でも、明日は早いぞ。

CM 「ちょっと早いですけど、シンを残していったら危ないので。」

YH 「あぁ・・・そっか。」

ここの部屋の鍵を持ってるからな。

侵入しかねない。

CM 「あ、僕はもう行きますね。ハルが待ってるんで。」

YH 「うん。」

CM 「じゃあ、よろしくお願いします。」

YH 「はーい、気をつけてー。」

そう言って玄関に向かうチャンミンを見送る。

これで明日の朝にはごきげんにになってるな。

よかったよかった・・・

そう思っていたら、チャンミンがドアの前でもう一度こっちを見た。

CM 「そうだ。」

YH 「ん?」

CM 「明日の朝きちんと起きれるように、今日は早めに寝ることをお勧めします。」

YH 「・・・・・。」

自分はどうなんだよ。

YH 「・・・はい。」

CM 「じゃあ。」

そう言ってニコっと笑うと、急ぎ足で部屋を出て行った。













「あ~・・・怖かったぁ。」

自分の部屋に戻ってソファーに座り込む。

さっき、オッパがやらかしたミスをフォローするために買い物から戻ってきたら・・・

すでにリビングが修羅場になってた。

結局あたしまで巻き込まれて一緒に謝るはめに。

今オッパは、チャンミンの彼女に謝罪するためにまだ上の部屋にいる。

どうなったんだろ・・・

まぁ、彼女自身はそんなに怒んないと思うけど。

そんなことを考えてたら、玄関から鍵を開ける音が聞こえてきた。

「お。」

戻ってきたかな?

玄関の方を見ると、すぐにリビングのドアが開いた。

すると、バッグと着替えを持ったオッパが入ってきた。

YH 「なんとかなった・・・」

ほっとした様子であたしの隣に座る。

「どうなった?」

YH 「彼女に直接謝罪でなんとかなった。」

・・・はぁ。

それはよかった。

「彼女は怒んなかったでしょ?」

YH 「うん。」

「チャンミンの機嫌は?もどった?」

YH 「うん。でも、明日の朝まで向こうの部屋に出入り禁止。」

「あぁ。それでそんなに大荷物なの?」

YH 「そ。」

荷物をリビングに置くと、キッチンから水を持ってきて飲むオッパ。

「にしてもさ・・・」

YH 「ん?」

「なんであたしまで謝らなくちゃいけなかったのかな?」

YH 「・・・・・。」

一緒に土下座させられたし。

YH 「それは・・・お前も共犯だからだ。」

「はぁっ!?」

あたし食べてないよ!

YH 「別にいいだろー。もう終わったことだし。」

「あのねぇ・・・」

あの怒号にさらされたこっちの身にもなってよ。

YH 「それに、俺は感動したぞ。俺のために財布を持って駆け出すお前の姿に。」

優しく微笑みながらそう言うオッパ。

でも、絶対丸め込もうとしてる。

「ごまかされませーん。」

YH 「悪かったって。」

「ふぅーん。」

YH 「じゃあ、何をしたらご機嫌直りますか?」

そう言ってあたしの顔を覗き込んでくる。

「言えばなんでもしてくれる?」

YH 「ははっ!何させる気だよ。」

笑いながら言うオッパ。

何をしてもらおうか・・・

「じゃあ、とりあえずギュッとお願いします。」

そう言って上半身を差し出した。

YH 「はいはーい。」

あたしをすっぽり包み込むオッパの腕。

温かくて・・・ほっとする。

「もっとギュッてして。」

YH 「これぐらい?」

「・・・うん。」

さっきよりも密着した体。

気持ちいい・・・

YH 「こんなのでいいのか?」

笑いながらオッパが言う。

「なら、歌もうたって。」

お言葉に甘えて追加注文した。

YH 「いいですよ。リクエストは?」

「この前聞いてたデモテープのバラードのやつ。」

YH 「・・・いつ聞いたんだ。」

オッパが眠ってる隙にこっそり。

いい曲だった♪

「だめ?」

YH 「いえ。大丈夫ですよ。」

少しすると耳元から綺麗な歌声が聞こえてきた。

YH 「♪~」

歌声に合わせて、あたしの背中をそっとなでるオッパの手。

もう・・・このまま眠っちゃいたいくらいの幸福感。

どうせならお風呂に入ってからお願いすればよかったな・・・

オッパの体温を感じながらそんなことを思った。


★たぶん続くだろう・・・★




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「ユノとか夜でも結構な声量で歌いそう。」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
コメント&拍手&ランキングボタンぽち♪が毎日のかもめのおかずでごじゃいます!
いつもありがとうございます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. cyunn2 | URL | VufRMMGQ

    よっしゃ!続ききた!!(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

    チャンミンのくどすぎる念押しがツボ〜〜〜♪v(=∩_∩=) ブイブイ!!
    鉄壁のガードが必至すぎて…(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

    ユノとシンちゃんはやはりバカップル?(←失礼)
    連続ハグでムギュムギュされて耳元でバラードなんて♡
          ……幸せすぎて死んじゃいます。>┼○ バタッ

    時期的にここで歌ってくれたバラードは5集の中の曲?
    『she』とか?違うかな?

    あ〜〜〜〜〜ライブで『she』聞きたいなぁ♪(そういう話じゃないよね)

    えーっと、この続きはチャミハルバージョンでしょうか?
    楽しみにしてます♡

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. RENA☆ | URL | 2IQano7E

    エヘェ。

    カモメさんいいんですか?

    今夜の、ハルさんとチャンミン。シンさんとユノ。ッテ、ダブルでアップですか?

    もう、どれだけ私たちはシアワセ なんでしょうか?

    ありがとうございます。

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. 葉月 | URL | B5p3cVgs



    毎回この小説を読むたびお顔がにやけます///



    楽しませていただいています

    ありがとうございます☆

  6. かもめ | URL | -

    ★cyunn2さんへ

    > チャンミンのくどすぎる念押しがツボ〜〜〜♪v(=∩_∩=) ブイブイ!!
    > 鉄壁のガードが必至すぎて…(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
    >
    確かに必死やな!
    そこまでしなくてもー♪

    > ユノとシンちゃんはやはりバカップル?(←失礼)
    > 連続ハグでムギュムギュされて耳元でバラードなんて♡
    >       ……幸せすぎて死んじゃいます。>┼○ バタッ
    >
    ばかっぷるですね。
    言い訳のしようもごじゃいません。

    > 時期的にここで歌ってくれたバラードは5集の中の曲?
    > 『she』とか?違うかな?
    >
    > あ〜〜〜〜〜ライブで『she』聞きたいなぁ♪(そういう話じゃないよね)
    >
    > えーっと、この続きはチャミハルバージョンでしょうか?
    > 楽しみにしてます♡

    ユノに耳元でsheとか歌ってほしいっす~♪

  7. かもめ | URL | -

    ★pi**さんへ

    > 続きありがとうございます~!
    > ユノ&シンちゃん安定感ありすぎです♡
    > ほんと大好きですこのカップル^^
    > チャミに許してもらえてよかった(笑)
    >
    熟年カップルもよろしくです♪
    チャミ許してくれてよかったな~。

    > 記事違いですが旦那さまと温泉うらやましあです♪

    温泉気持ちよかったです♪

  8. かもめ | URL | -

    ★RENA☆さんへ

    > カモメさんいいんですか?
    >
    > 今夜の、ハルさんとチャンミン。シンさんとユノ。ッテ、ダブルでアップですか?
    >
    > もう、どれだけ私たちはシアワセ なんでしょうか?
    >
    > ありがとうございます。

    だ、ダブルっすか?
    ありですか?
    どうしよう・・・うひひ。

  9. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ

    ハル効果すごいですねー。
    てきめんっすね。
    ユノ感謝して!

    ユノに丸め込まれたいです・・・
    ムチムチな腕にハグされたいです・・・
    代われー!!

    あたしも夜中にじゃーにー熱唱するユノ見たい★

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/1091-dcf9876e
この記事へのトラックバック