FC2ブログ

【思いつき妄想】 もし、ユノが過ちを犯したら。

2012年08月28日 17:00

日本でのホミンの配給が途絶えたからって、早速妄想する私を許してください。

ということで、かるーい思いつき妄想です。

タイトルがめっさ重そうですが、軽いです。タイトル盛ってます。

今回は一応第2幕なんですが、ハルもちょぴっと出てくるので3幕もかぶってます。

2人で活動してる時のお話になります。

さて、ユノはいったい何をしてしまったのか。

それでは、どうぞ・・・




YH 「あー・・・今日も疲れた。」

チャンミンとスケジュールが別々だった今日。

仕事を終えて、俺だけ先に宿舎に戻ってきた。


YH 「おなかすいた・・・」

ひとりごとを言いながらバッグをリビングに置く。

そういえば、お昼の弁当から何も食べてない。

冷蔵庫になんかあったっけ?

そう思いながらキッチンに行って冷蔵庫を開けた。

YH 「ん?」

冷蔵庫のすみに見覚えのないプラスチック容器があった。

なんだこれ。

手を伸ばして取り出してみる。

YH 「あ・・・」

ビーフシチューだ。

シンが作って入れていったんだな。

ふたを開けるとふわっといい匂いがした。


くぅ~・・・


食欲をそそる匂いに胃袋が反応した。

YH 「じゃあ、ありがたくいただきますか。」

シチューをお皿に移してレンジで温める。

スプーンを出してから1人テーブルに座った。

YH 「いただきます。」

一応そう言ってから一口食べる。

YH 「・・・うん。」

うまい。

でも・・・味が前と違う気がする。

作り方でも変えたかな?

まぁ、どっちにしてもうまいからいいか。

そう思いながらパクパクと食べていたら、玄関から物音が聞こえた。

チャンミンも帰ってきたかな?

玄関の方を見ていたら、チャンミンより一回り小さい人影が見えた。


「おっぱー、いるー?」


YH 「お。」

玄関から聞こえた女の声。

シンだったか。

少しすると、仕事用のジャージ姿でシンがドアをあけた。

「あ、いたー。」

YH 「おかえり。今戻ったのか?」

「うん。今日もちょっと居残り~。」

そう言いながらこっちにくる。

「あれ?何食べてるの?」

テーブルの上を見て聞いてきた。

YH 「何って、お前がおいてったビーフシチュー。」

「え?」

俺の言葉にシンの表情が変わった。

「あたしビーフシチューなんて作ってないよ。」

YH 「え?」

作ってない?

YH 「これ・・・お前がおいてったんじゃないの?」

「違うよ。おいしそー♪誰が作ったの?」

お皿の中をのぞきながらシンが言う。

誰って・・・

俺も聞きたい。

これ、誰のビーフシチューだ?

YH 「・・・あ。」

そういえば・・・

昨日、チャンミンがハルちゃんのマンションに泊まりに行ってた。

それで、いつもみたいに朝帰ってきて・・・

「おっぱ?」

・・・そうだ。

今朝、チャンミンが何かを冷蔵庫に入れていた。

「どうしたの?」

血の気の引いた俺の顔を不思議そうに見るシン。

YH 「・・・まずい。」

「え?まずいの?おいしそうだけど・・・」

YH 「そうじゃなくて。」

「ん?」

YH 「これ、チャンミンの彼女が作ったやつだ。」

「え!?」

きっとそうだ。

まずい・・・

これはまずいぞ!

「チャンミンの彼女がオッパに作ってくれたの?」

YH 「・・・違う。」

なんでそうなるんだ。

「違うって・・・じゃあ、食べてよかったの?」

YH 「よくない。」

「?」

頭に?を出したまま一生懸命考えるシン。

「じゃあ・・・オッパが、チャンミンの彼女がチャンミンのために作ったビーフシチューを間違って食べちゃったってこと?」

YH 「・・・そうだ。」

俺の返事にシンの顔もサーっと青くなった。

「それ・・・まずくない?」

YH 「だからさっきからまずいって言ってるだろ!」

どーしよう!

容器はもう空だし、皿にも少ししか残ってない。

YH 「お前、今からビーフシチュー作れないか!?」

「い、今から?」

YH 「それしかないだろ!」

「あたしの冷蔵庫に牛肉なんてないよ!?」

YH 「買ってくれば!?」

「えー・・・スーパー開いてるかな。」

YH 「まだギリギリ間に合うだろ!」

「でも、すぐになんてできないよ!煮込まないといけないんだよ?」

YH 「そ、そっか・・・」

なら、どうすれば・・・

「あ!レトルト買ってくれば!?」

ひらめいたようにシンが言った。

「それならたぶんコンビニにもあるし!とりあえずそれ容器にいれておけばよくない?」

YH 「なるほど・・・」

「それしかないよ!」

YH 「・・・だな。」

他に解決策は思いつかない。

「あたし買ってくるから!」

YH 「うん。頼む!!」

急いでシンがバックから財布を取る。

そのまま駆け足で部屋から出て行った。

YH 「はぁ・・・」

これでなんとかしのげるか。

本当は・・・正直に謝ればいいんだけど。

YH 「・・・・・。」

無理だ。

想像しただけで怖い。

そう思いながらテーブルの上の皿を見る。

とりあえず・・・洗わないといけないな。

少しだけ残ってるビーフシチュー。

せっかくだからきちんと最後までいただこう。

テーブルに座り直した時、また玄関から音が聞こえてきた。


ガチャガチャ・・・


YH 「!」

思ったより早いな。

あの足でそんなに早く走れるのか?

不思議に思いながらも立ち上がって玄関に迎えに行った。

YH 「シン、あったか・・・」

あ。


CM 「しん?」


YH 「・・・・・。」

チャンミン。

帰ってくるの・・・早くない?

CM 「シン、来るんですか?」

YH 「え?」

何も知らないチャンミンが普通に俺に聞く。

来るっていうか・・・その・・・

CM 「あれ?なんかいい匂い。」

そう言いながら俺の横を通って部屋に入っていくチャンミン。

YH 「・・・・・。」

しょうがない。

とりあえず、土下座してみよう。


★続く・・・かも★




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「ユノの無事を祈るしかない。」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
コメント&拍手&ランキングボタンぽち♪が毎日のかもめのおかずでごじゃいます!
いつもありがとうございます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. ちょこ | URL | -

    こんにちは(* ^ー゜)ノ
    お久しぶりです!!

    日本での活動も一区切りついた感じで 後は6集のアルバムが楽しみですね(^o^)v
    SMTもa‐nationも行けなかった私は 家でひたすらライブDVDとアルバムを見まくり聞きまくりの毎日です!!

    今日のお話し いいですねユノが焦ってる様子が目に浮かびますヽ(´▽`)/
    なんかほのぼのしてて癒されます

    私自身は妄想が浮かばないので かもめちゃんがうらやましいです。また楽しいお話し待ってます(≧▼≦)

  2. cyunn2 | URL | VufRMMGQ

    ほんとにやらかした!笑

    ユノは悪くない。
    悪くないとは思うけど…やっちまったね。(* ̄m ̄)プッ

    土下座で済むかな?
    シンも巻き込まれるね。(〒_〒)

    ユノにかわって謝ります。
    チャンミン。人( ̄ω ̄;) すまん。ゆるちて。テヘ♪(←可愛くないぞ××)


    追伸:さっそくの妄想そしてこのタイトル。
       ∑(⌒◇⌒;)えっ?もしやエロ?
             ……と思ったけどほのぼの妄想でしたね♡
       ククク。私の頭の中の方がエロ。(〃 ̄ω ̄〃ゞ エヘヘ

  3. スギ作 | URL | 3jISyIMY

    はじめましてー(  ̄▽ ̄)

    だいぶ前から密かに通っておりました

    いま、電車なんですけど…

    どうしてくれるんですかー!!!!
    ユノユノがあまりにも面白すぎて
    ひとり吹いてしまいました(>.<)
    いやー笑った笑った←電車で

    いつも楽しい小説ありがとうございます
    こらからも楽しみにしてますね~\(^o^)/

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. Jasmine | URL | -

    ユノがんばれー!!(笑)

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  8. みこ | URL | -

    青くなった2人、想像したら面白いです
    何て最強なチャミ

    多分、シンも一緒になって土下座かな

  9. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  10. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  11. かもめ | URL | -

    ★ちょこさんへ

    > こんにちは(* ^ー゜)ノ
    > お久しぶりです!!
    >
    お久しぶりです!
    またコメントもらえてうれしーです♪

    > 日本での活動も一区切りついた感じで 後は6集のアルバムが楽しみですね(^o^)v
    > SMTもa‐nationも行けなかった私は 家でひたすらライブDVDとアルバムを見まくり聞きまくりの毎日です!!
    >
    そうでしたか!
    きっと両方DVD出るし、楽しみにしましょう★

    > 今日のお話し いいですねユノが焦ってる様子が目に浮かびますヽ(´▽`)/
    > なんかほのぼのしてて癒されます
    >
    > 私自身は妄想が浮かばないので かもめちゃんがうらやましいです。また楽しいお話し待ってます(≧▼≦)

    ありがとうごじゃいます!
    楽しんでもらえたらうれしーっす!!

  12. かもめ | URL | -

    ★cyunn2 さんへ

    > ユノは悪くない。
    > 悪くないとは思うけど…やっちまったね。(* ̄m ̄)プッ
    >
    やっちまいました。

    > 土下座で済むかな?
    > シンも巻き込まれるね。(〒_〒)
    >
    そーですねー。
    かわいそー。(棒読み♪)

    > ユノにかわって謝ります。
    > チャンミン。人( ̄ω ̄;) すまん。ゆるちて。テヘ♪(←可愛くないぞ××)
    >
    cyunn2さんに免じて許してやって!
    テヘ♪

    >
    > 追伸:さっそくの妄想そしてこのタイトル。
    >    ∑(⌒◇⌒;)えっ?もしやエロ?
    >          ……と思ったけどほのぼの妄想でしたね♡
    >    ククク。私の頭の中の方がエロ。(〃 ̄ω ̄〃ゞ エヘヘ

    エロじゃなくてみあね♪

  13. かもめ | URL | -

    ★スギ作 さんへ

    > だいぶ前から密かに通っておりました
    >
    ありがとうごじゃいます♪
    コメントうれしー!

    > いま、電車なんですけど…
    >
    > どうしてくれるんですかー!!!!
    > ユノユノがあまりにも面白すぎて
    > ひとり吹いてしまいました(>.<)
    > いやー笑った笑った←電車で
    >
    それはミアネ!
    でも・・・あざっす★

    > いつも楽しい小説ありがとうございます
    > こらからも楽しみにしてますね~\(^o^)/

    よかったらまた感想聞かせてください♪

  14. かもめ | URL | -

    ★ヨン*さんへ

    笑ってもらってうれしい♪
    夏に涼しい部屋で温かいもの食べる・・・いいね!

    韓国のライブ事情がよくわかりません・・・
    日本とはぜんぜん違うみたいですね。
    日本は高いけど、マナーがいいからなぁ。

  15. かもめ | URL | -

    ★Jasmine さんへ

    > ユノがんばれー!!(笑)

    そうだがんばれー!!

    応援あざっす★

  16. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ

    ユノ、心当たりがあるなら始めに思い出そう・・・
    シンはそんなことしないかー!

    制裁決定ですかね。
    一緒に血が引いちゃいましたか?
    あざっす★

    差し替えも無理でしょうねぇ・・・
    M**さん一緒にスライディング土下座お願いします!


    情報やURLありがとうごじゃいます!
    特にMISSHAのCFやばかったっす♪

  17. かもめ | URL | -

    ★み*さんへ

    コメントありがとうごじゃいます♪

    小説にもお付き合いくださってうれしー!
    限定記事はパスワード制になります。
    ヒントはパスワード入力画面にありますので★

  18. かもめ | URL | -

    ★みこさんへ

    > 青くなった2人、想像したら面白いです
    > 何て最強なチャミ
    >
    > 多分、シンも一緒になって土下座かな

    シンも巻き込まれますね・・・
    チャミはいつでも最強です♪

  19. かもめ | URL | -

    ★はぜ*さんへ

    > マジで、恐ろしい...。
    > 読んでて、サスペンス並みにドキドキしました(笑)
    >
    ドキドキうれしい♪
    恐ろしい展開にしてみました!

    > チャミを怒らすと、どんだけ怖いんだって話ですよ。
    > チャミってすぐ怒りそうだし。
    > 決して心広くなさそうだし。(ひどい)
    > で、あの目で睨まれちゃうんですよ。
    >
    > あ~たまんない!!(結局それ)

    怒りそうですね~。
    ファンなら睨まれても可だけど♪
    ユノヒョンふぁいてぃーん。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/1084-c4dbb253
この記事へのトラックバック