FC2ブログ

もし、チャンミンが誕生日を祝ってくれたら ep.2

2012年07月21日 17:00

もし、東方神起のマネージャーになれたら」の続編 第2話です。

ひっさしぶりにぶりかえしたヌナの過去。

覚えてらっしゃいますでしょうか・・・

それでは、どうぞ。




仕事の後、今日は行きつけのブランドショップに寄ってから帰宅した。

CM 「当日まではここに置いておくか。」

綺麗にラッピングされたプレゼントを車のトランクに入れる。

そのままドアを閉めて鍵をかけた。


もうすぐヌナの誕生日だ。

ミナと2人でプレゼントは用意したけど、その他に僕からのプレゼントも手配した。

当日渡すまでは、見つからないように車の中に隠しておこう。

そう思いながら駐車場から上の部屋へ向かった。


ガチャガチャ・・・


CM 「ただいま。」

ドアを開けて声をかけると、リビングからひょこっとヌナが顔を出した。

「おかえり。ご飯は?」

CM 「済ませてきました。」

「そう。」

ミナはとっくに寝ている時間。

一応子供部屋をのぞくと、安らかな顔ですぅすぅ眠っていた。

「何か飲む?」

CM 「はい。」

「ビール?」

CM 「今は・・・水でいいです。」

「そう?わかった。」

少しすると、ヌナがグラスを持ってリビングに来た。

それを受け取って一気に飲み干す。

「・・・あのさ。」

CM 「はい?」

立ったまま僕に話しかけるヌナを見上げる。

「明後日、ちょっと出かけてくるから。」

あさって?

・・・って、誕生日の前の日か。

CM 「出かけるって、どこにですか?」

そう聞くと、少し間を空けてから僕を見て答えた。

「お墓参り・・・行って来る。」

CM 「え?」

墓参り?

CM 「日本に帰るんですか?」

なんで急に?

「いや、そうじゃなくて。」

CM 「こっちでですか?」

「うん。」

CM 「こっちでって、誰の・・・」

あ。

・・・そうだ。

ヌナの誕生日の前の日。

CM 「前の・・・彼氏のですか?」

そう聞き返すと、何も言わずにゆっくりうなずいた。

そっか・・・

お墓はこっちにあるんだもんな。

CM 「体調は大丈夫なんですか?」

最近、夜に起きて吐くこともあったし。

「大丈夫だよ。つわりはほとんど治まったし。」

CM 「何で行くんですか?」

電車なら階段が心配だし、運転も今は危ないんじゃ・・・

「そんなに遠くないし、タクシーで行く。」

CM 「あぁ・・・」

タクシーか。

CM 「ミナは?誰に預けるんですか?」

僕の実家は日中は無理だし。

「一緒に連れて行くよ。」

CM 「で、でも・・・何も妊娠中に行かなくても。来年行けばいいじゃないですか。」

「来年だと逆に手が離せないし。今年のうちの方がいいよ。」

CM 「・・・・・。」

「安定期にも入ってるし、大丈夫だから。」

そう・・・だけど。

CM 「・・・どうして?」

「え?」

CM 「どうして今さら行くんですか?」

ヌナはもう僕と結婚してるのに。

どうして今さら行く必要があるんだ。

CM 「まだ・・・気持ちが残ってるんですか?」

「そんなわけないでしょ。」

CM 「ならなんで行くんですか!?」

少し大きくなった僕の声に、ヌナがビクッと反応した。

CM 「ぁ・・・すいません。」

少しおびえたような顔に思わず謝る。

「ちゃみな・・・」

CM 「・・・・・。」

「別に・・・」

CM 「いいですよ。」

ヌナの言葉をさえぎるように言った。

CM 「そうですよね。せっかく近くにいるんだし、いいじゃないですか。」

顔を見ずに話す。

でも、声に怒気が出てるのが自分でも分かる。

CM 「体に障らないように、無理だけはしないでください。」

「・・・うん。」

CM 「じゃあ、僕はシャワー浴びてきます。」

そう言って、早足でバスルームに向かった。

脱いだ服を洗濯機に放り込む。

中に入って、熱いシャワーを頭からかぶった。


ザーーー・・・


CM 「・・・・・。」


”お墓参り・・・行って来る”


そう言った時のヌナの顔を思い出す。

・・・なんだよ。

せっかくプレゼントまで用意したのに。

もう、好きにすればいい。

そう思いながら、熱いお湯で顔を洗った。


続く>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「すねちゃみ♪」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
コメント&拍手&ランキングボタンぽち♪が毎日のかもめのおかずでごじゃいます!
いつもありがとうございます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. さゆ | URL | -

    初コメです!

    はじめまして~!なんとなく検索してたら出てきた妄想小説…どっぷりハマってしまいましたwずっとコメントしよーと思ってたんですけど、ついに今日しちゃいました♡
    もう素晴らしすぎますー!エロいのも大好物ですww特にヌナシリーズが大好き♡チャミペンなんでたまらんです(笑)これからも楽しみにしてます‼

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. かもめ | URL | -

    ★コメントくださった皆さんへ

    いつも、こんな妄想小説にお付き合いくださってありがとうごじゃいます。
    コメントをよんで妄想菌を繁殖させております!
    個々にお返事する前に最終話まで書いちゃったので、そちらにてお返事させてもらいます★

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/1033-e0e81428
この記事へのトラックバック