FC2ブログ

もし、チャンミンが誕生日を祝ってくれたら ep.1

2012年07月20日 17:00

ちょうと1週間前、このブログが2歳の誕生日を迎えまして。

なので、こじつけで誕生日ものを作成しました!

もし、東方神起のマネージャーになれたら」の続編になります。

まだヌナのおなかにチャミ太がいた頃のお話になります。

男の子だって分かる前あたりっす。(ややこしい)

加えて今回は、最初から読んでいない人はちょっと分からない内容でして・・・

みあね♪(さすがに読んでこいとは言えない)

それでは、どうぞー!




プルルル・・・プルルル・・・



「ん・・・」

電話の音で目が覚める。

「あれ?」

起き上がるとソファーの上。

あたし・・・いつのまに寝ちゃったんだろう。


「・・・ちゃみな?」

誰もいないリビング。

「ミナー?」

さっきまで2人ともいたのに。

どこかに出かけたのかな。

ふと横を見ると、いつも置いてある場所から車のキーがなくなっていた。

「?」

出かけたのかな?

こんな時間に?



プルルル!



「あ。」

さっきから鳴っていたはず電話の音が、急に大きな音になって頭に入ってきた。

「・・・・・。」

なんだろう。

この感覚。



プルルル・・・プルルル・・・



嫌だ。

出たくない。

電話に出たくない。



プルルル・・・プルルル・・・



「ぃや・・・」

早く切れて。

誰もいないリビングに鳴り響く機械音。

耳をふさいでその場にしゃがみこむ。

「やだ・・・」



プルルル・・・プルルル・・・プルルル・・・








「いやぁっ!!!」








ガバッ!!






飛び起きると、目の前は真っ暗。

「え?」

・・・どこ?

手探りで横へ手を伸ばす。

シーツの感触。

ここ・・・ベッドだ。

じゃあ、今のは夢?

少し震えかかった手で、枕もとのスタンドライトを点けた。

「ぁ・・・」

すぐ横にいつものチャンミンの寝顔。

・・・よかった。

本当に夢だった。

「・・・ぅっ。」

急に襲ってきた吐き気に口をふさぐ。

すぐに布団から出て、洗面所に走っていった。


ジャーーー・・・


「はぁっ・・・はぁっ・・・」

久しぶりの吐き気。

もうつわりは治まったと思ったのに。

そう思いながら、タオルで顔を拭いて鏡を見る。

・・・青い顔。

「はぁ・・・」

久しぶりに見た、あの夢。

そっか・・・

もうすぐ、あたしの誕生日だ。



CM 「ぬな?」



「!!」

後ろから聞こえた声にビクッと驚く。

振り返ると、廊下でチャンミンがこっちを見ていた。

「ごめん。起こしちゃった?」

CM 「大丈夫ですか?」

洗面所に入ってくると、心配そうな顔であたしの背中をさする。

CM 「ひどい顔色ですよ。」

「ううん。だいじょう・・・ぅっ。」

言ってるそばからまた吐き気が襲ってきた。

CM 「ヌナ!?」

「だ・・・だいじょぶ・・・」

CM 「どこがですか!」

もう一度顔を洗ってタオルで拭く。

CM 「つわり、まだひどいんですか?」

「ううん。ほんとに・・・もうだいじょうぶだから。」

そう言うけど、相変わらず心配そうな顔であたしを見下ろす。

「起こしちゃってごめんね。ベッドに戻ろう。」

CM 「はい・・・」

2人で寝室に戻って、もう一度ベッドに入る。

CM 「電気消しますよ?」

「うん。」


カチッ


真っ暗になった寝室。

夢の中で聞いた電話の音がまだ頭の隅に残ってる。

「・・・・・。」

なんとなく不安になって、そっと隣に手を伸ばした。

指先に当たったチャンミンの手。

ゆっくり握ると、すぐに向こうも握り返してくれた。

・・・あったかい。

これなら眠れる。

これなら・・・あの夢の続きも見ない。

そう思ってゆっくり目を閉じた。


続く>>
今週末は土日も更新予定です♪




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「ラブラブバースデーじゃないの?」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
コメント&拍手&ランキングボタンぽち♪が毎日のかもめのおかずでごじゃいます!
いつもありがとうございます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. ヒョナ | URL | 8TVzo7t6

    ぶろともありがとうございます☆

    久しぶりです。

    きたよ、ラブラブバースデーじゃないすか⁉
    にゃほほーん♡

    でもかなりひどいこというと、
    みな生まれてから、おおっぴろにラブラブできないですよね〜w

    どんなのになるのかしら?

  3. cyunn2 | URL | VufRMMGQ

    どんな展開?

    なんか怖い感じの始まりですが…
    ここからどうやってラブラブになっていくのかな?
    えっ?ならないの?( ̄◇ ̄;)エッ

    全部読んでるけどヌナシリーズはもはや記憶が定かではない…かも。
    読み返した方がいい?
    思い出すかな?
    (←自問自答です┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・)

  4. RENA☆ | URL | 2IQano7E

    うぅん??

    バースディにメチャ、テンション挙げてました。

    しかし、、エッツ~!

    なんで??何が~ッテ、???がいっぱいです。

    これはじっ~と、かもめさんを待つしかないですね。

    土曜、日曜、日づけが変わったら即、飛んできます。

    ヌナをいっぱい泣かせても、最後はチャンミンの胸の中で、やすらぎをお願いします。

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. かもめ | URL | -

    ★コメントくださった皆さんへ

    いつもこんな妄想小説にお付き合いくださってありがとうごじゃいます。
    コメントをよんで妄想菌を繁殖させております!
    個々にお返事する前に最終話まで書いちゃったので、そちらにてお返事させてもらいます★

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/1032-e4077339
この記事へのトラックバック