FC2ブログ

もし、彼女枠でライブを見に行けたら ep.4

2012年06月28日 17:00

もし、チャンミンと出会えたら」の続編 第4話です。

お隣さんの正体は結局わからずじまいで・・・

で、やっとチャミとご対面!?

それでは、どうぞー♪




部屋を出てからエレベータに乗って地下まで降りる。

人気があまりない裏口へ急いだ。

「えっと・・・」

さっき電話でチャンミンに教えてもらった。


”裏口を出てすぐ横にある自販機の下にパスが置いてあるから”


「あ・・・あれだ!」

裏口を出ると右側に見えた自販機。

周りに人がいないかを確認して自販機の下に手を入れた。

「あ。」

あった。

手にあたった物をすぐに引っ張り出す。


”STAFF PASS”


「おぉ・・・」

なんかそれっぽい。

少しホコリを払ってからポケットに入れた。


”普通に「おつかれさまです」って入ってくればいいから”


そう言ってたけど・・・大丈夫かな。

ちょっと緊張する。

ドキドキしながら、またホテルに入ってエレベータを待った。


チン


数人が乗っているエレベーター。

あたしも乗り込んで最上階のボタンを押した。

途中数回止まりながらエレベーターは昇って、上に着く頃にはあたしだけになった。

ポケットに入れていたパスを出して首からかける。

エレベーター内の鏡を見て、最後に髪型をチェックした。

「・・・よし。」

心臓を鳴らしながらドアが開くのを待った。


チーン


「!」

エレベーターが開いてすぐ、男性スタッフが立っているのが見えた。


”「おつかれさまです」って普通に入ってくればいいから”


チャンミンの言葉をもう一度思い出す。

普通に、ふつうに・・・


『おつかれさまです。』


軽く会釈をしながら小さい声で言った。

スタッフ 『おつかれさまです。』

「・・・・・。」

そのまま彼の前を通り過ぎる。

よかった・・・なんとかなった。

そう胸をなでおろしながら奥の部屋に向かおうとした。


スタッフ 『あの!』


「!!」

後ろから呼び止められて一瞬固まる。

え?

何?

恐る恐る振り返ると、スタッフがあたしの方に歩いてきた。

スタッフ 『ここの階はメンバーとかで、スタッフの部屋は下ですけど・・・』

『え?』

スタッフ 『間違ってません?』

「・・・・・。」

ど、どうしよう。

なんて言えばいいんだろう。

正直に言ったらダメなのかな。

いっそ”親戚なんです”とか言っちゃう?

黙り込むあたしを不思議そうな目で見るスタッフ。

スタッフ 『(こんな人いたっけ・・・)』

何か言わなきゃ。

なにか・・・

『あ、あの・・・』


『すいません!』


2人 『!!!』

後ろから聞こえてきた声に2人で驚く。

振り返ると、チャンミンがこっちに向かって歩いてきた。

「!」

あ・・・

CM 『おつかれさまです。』

ニコッと笑いながらあたしに向かってそう言うチャンミン。

「え?」

混乱した目で見上げるあたしにチャンミンが小声で言った。

CM 「とりあえず奥に行って。」

「・・・・・。」

あ。そうか。

演技?

『お疲れ様です。』

そう言って会釈をする。

そのままチャンミンの横を通り過ぎて奥の通路に向かった。

歩きながら背中で彼らの会話を聞く。


CM 『すいません。下の売店に行きたいんですけど・・・』

スタッフ 『売店っすか?ここファンも泊まってるからやめた方がいいですよ。』

CM 『やっぱり?』

スタッフ 『俺買ってきますよ。何欲しいんですか?』

CM 『じゃあ・・・』


ほっ・・・

よかった。

なんとかなった。

廊下の隅で胸をなでおろしていたら、誰かに背中を叩かれた。

「!」

反射的に後ろを振り向く。

すると・・・ユノさんがいた。

YH 「久しぶり。」

「お、お久しぶりです。」

びっくりした・・・

YH 「チャンミンの部屋こっち。」

「え?」

YH 「このフロアはダンサーさんとかも出入りしてるから、早く!」

そう言うと、あたしの腕を掴んで走り出した。

もう一つ角を曲がると、ドアが半開きになってる部屋があった。

YH 「ここ。すぐチャンミンも来るから中で待ってて。」

「はい。ありがとうございます。」

YH 「じゃあ、おやすみ。」

「おやすみなさい・・・」

そう言って、部屋に入ってドアを閉めた。

「あ。」

ユノさんに”お疲れ様でした”の一言も言わないでドア閉めちゃった。

しまった!

そう思っていたら、すぐにノックの音が聞こえた。

ドアを開けるとビニール袋を持ったチャンミンが入ってきた。

CM 「おまたせ。」

「う、ううん・・・」

CM 「髪型変えたんだね。一瞬誰だかわかんなかった。」

「あ。」

そうだった。

CM 「似合ってるよ。かわいい。」

そう言ってにこっと笑うチャンミン。

「・・・・・。」

チャンミンだ。

ちゃんみん・・・

CM 「どうしたの?」

返事もせずに見上げるあたしを不思議がる。

「あの・・・」

CM 「ん?」

「握手してください。」

CM 「は?」

気の抜けたような声でチャンミンが言った。

CM 「・・・何言ってるの?」

変なことを言ってるのはわかってる。

「だって・・・チャンミンすごい人だもん。」

単独ライブを見て改めて感じた。

チャンミンってすごい。

「今日のライブ、すごかったよ。」

CM 「え?」

「心から感動したの。だから握手してください!」

CM 「・・・・・。」

あっけにとられたような顔で見下ろすチャンミン。

でも、苦笑いで右手を出してくれた。

それを両手で握る。

「ありがと・・・うぁっ!」

そのまま腕を引っ張られてバランスを崩した。

手に持っていた袋が音を立てて下に落ちる。

前のめりになった体を彼が抱きとめた。

「・・・・・。」

久しぶりのチャンミンの胸。

広くてたくましい胸。

CM 「会いたかった。」

頭の上から降ってくる優しい声。

CM 「遠いところ来てくれてありがとう。」

「・・・うん。」

あたしも会いたかった。

CM 「でも・・・握手だけでいいの?」

「え?」

その言葉に思わず上を向くと、もう目の前に彼の唇があった。

「んっ・・・」

突然のキスに目を瞑るのを忘れて固まる。

「ん・・・」

でも、すぐに襲ってくる溶けるような感覚。

やっぱり・・・握手だけじゃだめかも。

そう思いながら、そっと彼の背に手を回した。


続く>>




こんな駄文、読んでもらってありがとうございます!
「握手したいよね。」とか思ってもらえたら、ランキングボタンをぽちっとお願いします♪


皆さんからのリアクションがブログ更新のエネルギーです。
コメント&拍手&ランキングボタンぽち♪が毎日のかもめのおかずでごじゃいます!
いつもありがとうございます♪
当たり前ですが、この話はフィクションな上、実在の人物とはまったく関係のない、管理人の妄想の塊です。
スポンサーサイト





コメント

  1. RENA☆ | URL | 2IQano7E

    ふぅ~~。

    スタッフパスをつけた瞬間から、もうドキドキドキドキ。

     見つかりませんように、声を掛けられませんように、

    エスカレーターで無事最上階到着したものの

    最後のスタッフの 『間違ってません?』って、心臓止まりそう。

    でもチャンミンの助け船、最高です!!!

    今日は絶対に、夜更かしですね。

    熱~~い夜 待っています。


  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. かもめ | URL | -

    ★RENA☆さんへ

    > スタッフパスをつけた瞬間から、もうドキドキドキドキ。
    >
    >  見つかりませんように、声を掛けられませんように、
    >
    > エスカレーターで無事最上階到着したものの
    >
    > 最後のスタッフの 『間違ってません?』って、心臓止まりそう。
    >
    > でもチャンミンの助け船、最高です!!!
    >
    一緒にドキドキしてもらえてうれしあ♪
    それが正しいです!
    ありがとうごじゃいます★

    > 今日は絶対に、夜更かしですね。
    >
    > 熱~~い夜 待っています。

    こゆーいのですか?
    次の日もあるのに・・・うひひ。

  4. かもめ | URL | -

    ★M**さんへ

    ハル、無事に見張りクリアできるだろうか・・・
    と思ったらスタッフにストップ!
    でもなんとかなりました♪

    彼氏に握手要求とか!
    どこかの試写会のやつにはマジで見習って欲しいぜ。

    広くてたくましいプレミアムシートにはいったいいくら払えばいいのか・・・
    タダなんていいな!


    敬礼ユノ見てきました★
    男性ファン増えてきたのかなー?

  5. みき助 | URL | pQpZY72.

    スリルのあとの幸せ

    更新ありがとうございます。

    アクシデントの件、やっぱり私も大好きな人のパートナーには敬意をもって接したい派です。キリッ!!
    最上階のドキドキの後の幸せにほんわかしてます。

    こんなほんわかな気持ちで、明日2人に会えると思うと…すさまじい妄想が膨らみ、地に足ついてません。

    もし明日ファンミで、2人と握手できる!!なんてことになったら(←だから、ならないから)かもめさんのぶんもしかと手を握ってきますから。
    どんなありんこ神起な席でも、会えるだけで幸せ(*^^*)精神で、行ってきます\(^o^)/

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. かもめ | URL | -

    ★みき助さんへ

    > 更新ありがとうございます。
    >
    こちらこそ、コメントありがとうごじゃいます♪

    > アクシデントの件、やっぱり私も大好きな人のパートナーには敬意をもって接したい派です。キリッ!!
    > 最上階のドキドキの後の幸せにほんわかしてます。
    >
    > こんなほんわかな気持ちで、明日2人に会えると思うと…すさまじい妄想が膨らみ、地に足ついてません。
    >
    > もし明日ファンミで、2人と握手できる!!なんてことになったら(←だから、ならないから)かもめさんのぶんもしかと手を握ってきますから。
    > どんなありんこ神起な席でも、会えるだけで幸せ(*^^*)精神で、行ってきます\(^o^)/

    ファンミいいなぁ♪
    もし握手券が神から振ってきたら、もう手にかじりついちゃってください。
    強制退場覚悟で!!(こら)

  8. かもめ | URL | -

    ★ka**さんへ

    土日はお隣の部屋を中継予定です♪
    バーユノふぁいてぃーん★

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamomegane286.blog101.fc2.com/tb.php/1012-45f3c9b2
この記事へのトラックバック